山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

山岳爆走隊Googleコミュニティー2016-0627 16年草津連チャンツーリング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2016/06/27(月) 07:01:06|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

旧中津川林道と奥ちち林道を走る

しばらくぶりに一人、奥ちち林道の雄大な景色を見たくて、中津川に向かいました。走り自体はWTの林道走りで期待できないですが、景色はぴか一です。
デポ地はふれあいの森の駐車場です。尾根付近がガスっているのが気になります。  長丁場のダート走り。こんなにサドルを上げるのは珍しいな。


旧中津川林道(市道17号)に入ります。初めは舗装路、最後の民家になります。


第一トンネルです。手掘りの跡が迫力あります。今にも岩が落ちてきそうです。


王冠キャンプ場に到着です。新しい建屋ができていました。お客さんの声が聞こえます。


ダートになりました。谷間を通る林道、迫力があります。


赤岩トンネルです。こちらの方が短いです。


緑の回廊と呼ばれるエリアです。目の前が緑で一杯です。素晴らしい!!


目標の12:00から30分遅れで、中津川林道の最深部に到着です。ここから先は川から離れるので、ここで昼食を取ります。
ぽつんと雨が降ってきました。これより先に、沢に沿ってシングルトラックがあるようです。今回は林道走りなので諦めます。


このコーナーから山腹を通ります。高度がぐんと上がります。 まあ、ジムニーの多いこと。オフ会でもあるのかな。


ガードレールがないところもあり、デンジャラスな林道、いや市道です。


林道には珍しく立体交差になっています。ここがおくちち林道の起点です。 雨が止まず、このまま進もうか悩みます。


おくちち林道に入りました。ほとんど歩かれていないようです。1km程度走る予定です。


開けた部分から先の山々を見ると、黒い雲がかかり、ちょっとやばそうな雰囲気。引き返す決断をしました。


ちんたら下って行きます。


中津川林道に戻って来ました。ここから一気に下って行きます。 フルリジットではこの振動と距離に参りました。


ダートだけではつまらないので、ちょっと寄り道してシングルトラックに入ります。まずは吊り橋を渡って、川の対岸に出ます。


シングルトラックはちょっと厳しいところもありました。キャンバー気味の細道です。


森林館へ戻って来ました。ここまで下ると雨は止んでいました。遠くを眺めるとガスっています。高いところだけ雨が降っていたようです。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/06/19(日) 07:04:45|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

西上州山里集落巡り 兼 ツーリングコース探索 ソロ 後半

ダートに入ってみると、いい感じの道です。道の中央に高さ20cmのキノコが生えています。


今度は道端に木いちごがなっていました。5粒ほど食べました。2個が甘く、あとは未だすっぱかったです。


かなり上部に来ました。開けたところに鮮やかな緑の草が生えていました。


ダブルトラックからシングルトラックのある山の斜面に上ります。メチャメチャな急坂でロープ場となっています。まさにロープがないとこの斜面は登れません。


シングルトラックを上って行きます。尾根に出てきました。


大岩の下に到着です。ここから熊が生息しているので熊鈴は必須との警告がありました。勿論持っていますが、時間が厳しくなりました。ここで今回は引き返すことにします。上って一番きつかったロープ場はエイやって、下ります。歩いて下ったら大変のはずだが、自転車の方が全然楽です。ただし、急傾斜なので前転のリスクはあります。


アスファルト舗装の林道まで下ります。ここから林道の先に走ります。下れるシングルトラックがあるはずです。 目立たないところに入口がありました。草が生えていて分かりずらくなっています。林の中に入ると、いい道がありました。


掘割の道となり、とても走り易くなります。快調に下ります。


キャンバーエリアに入ってきました。傾斜がそんなにきつくないので乗車は可能です。


巨大な一枚岩の下部を走ります。ここもキャンバーになっています。


集落に近づいています。スイッチバックが続きます。楽しい道です。


集落に出る直前に集落のおじいさんに会いました。これから野良仕事に行くとのこと。 今はシカの被害が多いとのこと。


山里の集落に出ました。川の両岸に数件民家があります。ここまででシングルトラックが終了したので、小休止です。蒸し暑く、汗びっしょです。 川風に当たり、涼みます。


舗装路を下って行きます。集落の端に懐かしい半鐘がありました。


舗装路は渓谷の中を下って行きます。


旧街道まで下ってきました。デポ地までは静かな旧国道を走って行きます。ほとんど車は走らないので、管理はあまり行き届いていないようです。道端に旧街道の面影を残す馬頭尊の石碑が残っていました。 疲れました。 ゴールの道の駅に到着です。駐車場には、親父号しかありませんでした。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/06/17(金) 22:09:08|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

西上州山里集落巡り 兼 ツーリングコース探索 ソロ

しばらく遠征ツーリングが続きましたので、埼玉県北の住人としてはなじみの深い、西上州の山里を巡るコースを探索に出かけました。
デポ地は神流町の万葉の里です。平日とあって車も少ないです。ここはバイクツーリングが多く、バイクの休憩場所として多くのライダーに利用されています。


国道をちんたら上野村方面に走って行きます。道のわきの岩壁の洞には、親父好みの渋い岩窟観音堂があります。


トンネル内の騒音が嫌なので、トンネル脇の道は旧道だと思い通ってみると、集落でドン突きでした。集落の入口には不動明王の石碑がありました。下部には三猿が掘られていました。
仕方なく引き返します。


トンネルに入ります。右側の通路が広くなっていて、安心して走れました。 日航機事故以来この国道は整備され、トンネルが多くなりました。


やっぱ旧道は静かでイイですね。旧道から眺める叶山です。


今日は暑くばて気味です。まだ山里に向かって登ってはいませんが、昼食を取ります。目の前にポストがポツンと立ってます。高台で、寂しそうです。


昼食を取ってから旧道を戻り、地図に記してある川に沿って上って行く道を行きます。急なためコンクリート舗装になっています。


落石が多い道で、こんな道の先に集落があるとは思えません。 ちょっと不安になりました。いいコースがあってもピックアップできなければなあ~。


なんとこのコンクリート舗装の道は上部で、立派なアスファルト舗装の林道と合流していました。この道は旧道で、現在はほとんど使われていなかったんです。 林道を上って行くと切通となった峠のようなところに出ました。


道端に山椒の実がなっていました。今年初めて見ました。


林道の分岐がありました。小さな標識に目的の山が書いてあります。このダートを上って行きます。 この続きは第二部へ

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/06/17(金) 08:09:59|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

白馬クラフトビールフェスタ&連チャンツーリング 第二日目 後半

前半の見晴台から草原の道を直滑降です。秋は紅葉が素晴らしいところです。途中から杉林に入って行きます。


杉林は枝打ちしたばかりか、以前はなかった枝がずいぶん多く落ちています。2度ほどスポークに入り停車です。


隣の山に向かいます。見晴台に続いてまたもや先頭を上るホタルさん、シングルトラックに入る場所を見過ごし行き過ぎです。


シングルトラックに入って行きます。昨日の雨でウエット状態ですが、快適に下れます。下部はうねうね道で、これが楽しい。


集落のお堂に出てきました。ここから旧街道を走ります。


集落内、街道脇の大きな木の下に祀られた馬頭観音様です。このエリアで一番気に入っている石仏です。ここでデジカメを落とした山坂さんが再度探しに離脱です。


今日開催されているサイクルフェスタのゴール会場と偶然重なり、参加者と間違われ、危うく会場に誘導されそうになりました。(笑


デザートコースの小山に上ります。まだつつじが咲いています。ここの下りは短いですが、直線的で傾斜があって走り応えがあります。


街中に向かって水田地帯を走って行きます。


水田脇に立つ観音様です。


ラーメン屋のとっぁんです。


豚骨風醤油ラーメンです。美味しかったです。ライスは余分だった。いつも食べ過ぎて反省してます。


脇の水路がイイですね。


橋をわたって川の対岸を走ります。


山に登って行きます。お腹いっぱいの中、結構厳しいです。 下り始めれば楽しい道です。


林道に出ました。林業関係者のグループにお会いしました。秋には両岸の熊が交流するために里に下りて来るそうです。
里に下ってきました。あとは第一日目と同じコースを走り。二日にわたったツーリングの終了となります。
駐車場に戻ると山坂さんからデジカメ見つけたとのメモがありました。 
イベントを企画してくれた越後屋さん、ありがとうございました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/06/12(日) 23:17:55|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

白馬クラフトビールフェスタ&連チャンツーリング 第二日目 前半

昨晩の楽しいアルコールで、すっかり眠り込んでしまいました。起きた5:30の白馬連峰の写真です。この時は尾根が見えましたが、この30分後からはガスって見えなくなりました。


二日目も越後屋さんに先導してもらいました。 ダートの林道に入って行きます。無理をせず上りは押しに徹します。


途中で山坂さんがデジカメがなくなっているのに気づきました。上って来た道を下って行きます。結局見つかりませんでした。(泣


ダートからシングルに入って行きます。ここは初コースです。林の中をウネウネ走って行きます。けっこうこれが楽しい。


前半でこの道が絵になって好きです。


源流に向かい、畑道を走って行きます。バックに小屋が見えます。写真では小屋はちっちゃいですが、実際はいい感じの小屋です。


源流に着きました。水草に花が咲いていました。観光客も撮影に来ていました。


澄み切った水に白い花が映えます。残念ながら花の名前はわかりません。


歴史街道を走ります。またこの道がイイんです。ただ精神的にキツイ、頑張れば乗れる緩やかな傾斜です。頑張って立ち漕ぎします。


観音様が祀られています。実にしっかり管理されています。うれしいですね。


作業用ダブルトラックを上って行きます。あともう少しで見晴台です。


先頭を走っていたホタルさん、行き過ぎました。はい、戻ってきてください!


見晴台で記念撮影です。これから下ります。 次に続きます。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/06/12(日) 22:05:23|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

白馬クラフトビールフェスタ&連チャンツーリング 第一日目クラフトビールフェスタ

シャトルバスに乗りクラフトビールファスタ会場へ。


富山に戻った会長さんと房総ツーリングでお世話になったSZ木さんに会場であいました。


チケットとグラスを購入して、いざ一杯!


チロルの森ビールと記念グラスです。


会場でバレーボールをやったり、子供が自転車を走らせたり、アットホームなお祭りです。


盛況だったファイヤーパフォーマンスです。


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/06/11(土) 23:06:26|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

白馬クラフトビールフェスタ&連チャンツーリング 第一日目AM その2

2本目はピックアップです。親父車では2本自走は辛すぎます。といっても上りはずっと押しですが・・・・
ゲレンデを上って行きます。 ゲレンデとは思えない緩斜面です。


いつもラベンダーが咲いている場所にニッコウキスゲが咲いています。絶景ポイントです。


DHコースに向かっていきます。 モデルは前泊して気合十分のホタルさんです。


ビィーコースを走ります。浮石はありますが、こちらも快適なコースで、一気に下り終えます。よって画像なし。


シングルトラックを走り終え、田圃道を走って行きます。


集落に向かって走って行きます。この辺りは震災の影響はなさそうです。


もう少しでゴールの駐車場です。国道には明日のサイクルフェスタの看板があります。


ゴールの駐車場で昼食を取ります。木陰でのんびり、高原ぽくってイイですね。 次はロングのシィコースです。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/06/11(土) 20:10:41|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

白馬クラフトビールフェスタ&連チャンツーリング 第一日目PM

午後に入ります。すぃーという名のコースだそうです。前回一回走ってます。記憶では長いアップダウンで辛かった思いがあります。今回はどうでしょうか。
ちょっとピックアップしてから走り始めます。


XCコースを上ってきました。これからフラットに続いてDHに入ります。


落葉樹の原生林の中を走って行きます。木陰になって涼しく快適に走れます。


越後屋さんはどんどん、ちょっと浮き石気味のトレイルを下って行きます。山坂さんが続いて下って行きます。フロントディスクブレーキが豆腐屋けんちゃんになってうるさいです。 突然急なロープ場出現! いけー! 以前の記憶より急になっているような。
一旦鞍部になって上り返します。 さすがに疲れが出てきました。


展望台に出ました。疲れが吹っ飛ぶ素晴らしい景色です。遠くジャンプ台が見えます。


また一気に下って行きます。親父が記憶にない、ロープのある急坂出現です。先行する山坂さんが途中で転倒、藪に突っ込みました。親父は止まれず、横目で見ながらパス。あとからイノッチが歩いて下ってきました。歩いた方が危なそうだ。


今度は沢を上って行きます。飽きさせないバリエーションです。


ゴールのホテルが見えてきました。


ぐるっと回って駐車場に着きます。


お風呂セットをもって温泉に入ります。ここの温泉は絶景を眺めることができます。 この後車中泊地に向かいます。そのあとメインイベントである、クラフトビールフェスタに行きます。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/06/11(土) 19:03:45|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

白馬クラフトビールフェスタ&連チャンツーリング 第一日目AM その1

越後屋さんから白馬クラフトビールフェスタのお誘いがありましたので、爆走隊メンバーで遠征してきました。
2日間のメニューはこのエリアの地理に詳しい越後屋さんにお願いしました。爆走隊ツーリングとしては震災後初めてになります。
9時集合集合場所の駐車場は、白馬の玄関口としての顔として絶景を見させてくれます。


今回のツーリングは越後屋さん、イノッチ、ホタルさん、山坂さんと親父の5名です。 1本目は駐車場から自走で閉鎖のスキー場を上ります。


復興住宅の工事を横目で見て車道を上って行きます。ここの上りが一番きついです。この道も震災復旧工事を行っていました。
車道の最高地点から旧道に入ります。久しぶりに馬頭観音様に挨拶をします。 ほっとしますね。


丘の上の農場に通じるダートを上って行きます。今回引率してくれている越後屋さんです。小千谷から前泊してきています。
後ろは元ゲレンデです。


ダートは途中で地震で陥没しています。割れ目が雨水で浸食されないように、ブルーシートが置かれています。こんなにひどいとは思いませんでした。


農場の小屋までやってきました。ここは道が地割れで来るまで来れないため、現在閉鎖中です。 ここで小休止、対面に白馬連峰が見えます。


エーコースを下ります。お地蔵様にツーリングの無事を祈って下って行きます。


コースの状態は震災前と変わらず、快調に下ります。あまりに楽しい証拠として画像はありません。
フロントフォークの調子がイマイチのイノッチ車です。(手前)  こんな怖い自転車親父には乗れません。ある意味イノッチは凄い!


シングルトラックが終わると民家の脇に出たと記憶しているのだが、今は更地ばかり。震災は凄かったんだと改めて実感しました。
水田の脇を抜けてゴールの駐車場に向かいます。 二本目ピックアップ その2に続きます。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/06/11(土) 15:50:32|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

まとめ