山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

自転車のある風景 八ヶ岳の樹海にて

国道の峠から遊歩道に入り、湿地帯の木道を通ると一面苔むした岩が広がる。青木ヶ原の樹海とは違い、苔が生き生きしています。 2016年5月 撮影

スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/05/30(月) 22:24:53|
  2. 自転車のある風景 MTB親父版
  3. | コメント:0

八ヶ岳連チャン 第二日目 露天風呂への道 下り編

温泉のベンチで昼食を取り、これから麓に下ります。その前にまだ時間があるので、途中の分岐をチェックすることに。情報では悪路で自転車には向かないと言われています。
ここから歩きです。


峰を超すため、しばらく上ります。


しばらく快適フラットになったので使える道かと思いましたが、下り始めるとこんな感じの悪路になっていました。第一日目と同じ感じだ。ここで引き返します。


林道に戻ってDHです。


一気に下って行きます。FR車の親父はのんびり下ります。浮石の振動で手がしびれます。(笑 ここは担ぎがないのでフルサスの方がいいね。


ピックアップ地まで下ってきました。これからは無管理道なのでどうなっているか楽しみです。


倒木や藪にはなっていませんが、拳台の石が多く走りにくいです。 小屋あとがなくなっていました。


ガレ道を抜けると高速DHになります。一気に下り集落へ。


昨日走った集落を抜けていきます。 ゴールまでは同じコースです。


ゴールの湖に到着しました。


時間があるので湖を一周、湖畔の周遊路を走ります。


しばらく神社巡りをして湖の反対側に着きました。


ゴールの駐車場に到着し、この二日間のツーリングを終了します。 走行距離 22.5km 累積標高:+1003m  -1426m

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/05/29(日) 23:24:15|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

八ヶ岳連チャン 第二日目 露天風呂への道 上り編

二日目は2008年以来の露天風呂ツーリングです。こんなに時間が開いてしまったのは、当時TVでこの露天が紹介され、入浴客が押し寄せ、せっかく来ても露天に入られない可能性があったからです。
5時起床して、コンビニで朝食とツーリング時に取る昼食を購入してピックアップします。 ピックアップ地は温泉の駐車場です。7時前に来ても10台程度駐車していました。一般車はここまで、この先に4WD車用駐車場があります。


7:27林道を約2時間上って行きます。 メンバー、SSの私に付き合って上りは押してくれてます。


10分ほどで天狗岳展望駐車場に到着です。初めて行った15年前は名前通り天狗岳が見えましたが、今は樹木が成長して全く見えません。 車高の低い4WD車はここまでです。


押して30分、ゲートのある4WD車駐車場に到着しました。車5台とバイクが1台駐車してありました。ここから登山者/宿泊客は歩きとなります。あと1時間30分です。


標高2000m付近のWTを歩きます。周りの雰囲気や景色が素晴らしいです。下りはあっという間に下ってしまうので、上りは歩いてゆっくり楽しみます。


富士見台まで来ると、上から温泉の荷物運搬車が下ってきました。キャタピラ車を独特の方向転換で下って行きます。
地名となっています富士山ですが、こちらも木々が成長して見えそうにありません。


峰を周り込む地点で麓の集落が見えます。


温泉のある渓谷側に入りました。谷道になるので斜面がきつく、道には数か所橋が架かっています。以前は木製でこの橋大丈夫かと思いましたが、今の橋はしっかりしていて、安心して渡れます。


小さな沢を何か所か渡ります。水がきれいです。


9:20温泉に到着です。自転車はここまで。
管理人さんに入湯料600円払って露天風呂に向かいます。 管理人さんにノーアルコールビールないかと聞くとあるという。四人分湧き水で冷やしていてくれるようだ。 気になる露天の込み具合を聞きましたら、今はだれも入っていないはずだとのこと。


温泉の所にある看板です。日本最高所です。・・・通年営業で。


温泉から先は本格の登山道です。約5分で登山道から分岐します。


川の斜面に入ります。露天が見えてきました。あれ、先客がいました。登山者が5,6人おり、入っているのは2人でした。どうも入っている人は女性の様です。 しばらく待ちます。山から下ってくる登山者が入るから、管理人さんは把握できないです。


念願の露天に入り記念写真を先に入っていた女性に撮ってもらいました。 その他多数の写真がありますが、公開できないので関係者のみ展開しました。(笑


しばらく、素晴らしい景色を堪能して露天を後にします。振り返るとやっぱいいですね、この景色。


まだ時間があるので、まだ探索していない登山道露天分岐の先を登ってみます。峠までは時間的に無理なので、20分と割り切って登りました。樹林帯が開ける前にタイムアップ、ここが最高地点です。引き返して温泉で昼食を取ります。


11:00温泉に到着。ここのベンチで昼食を取ります。ここにはハイカーさんが2組おりました。
管理人さんが冷やしていてくれたノーアルコールビールでカンパーイ!! ちょうどいい気候、天気で美味しかったです。
・・・・後半に続く。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/05/29(日) 09:47:50|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

八ヶ岳連チャン 第一日目 白駒林道温泉への道編

コース途中の駐車場にあらかじめ駐車しておいたイノッチ号に載せ、5km先の空き地にピックアップです。
退屈なロードの上りはパスします。


駐車場の関係から、ピックアップ場所から林道の入口まで下って行きます。


林道の入口に到着です。ここからダートの下りです。


路面は午前の林道より走り易いです。しかし、高速ダートではサス付車にはかないません。イノッチに差を広げられます。景色は高原の雰囲気でとても気持ちがイイです。


尾根のSTが交わる場所です。いつか探索して見たいSTです。


道のわきには滝がありました。


法面に吹き付けられたコンクリートが威圧します。


温泉へのST入口です。前回は乗車率が低かった記憶があり、あまり乗る気ではなかった。


いざSTに入ってみると、厳しいけれど乗れないことはない。ギリギリ乗れるのが一番楽しい。これは面白かった。以前よりスキルが上がったと実感してうれしかった。


温泉に近くなりました。脇を流れる堀は鉄分を含んでいるのでしょうか、赤褐色に染まっています。


温泉に着きました。今回は別の温泉に入ります。


高原野菜を作っている畑道を通り集落へ。曲がりくねった道が旧道を予感させてくれます。


集落からゴールまでのSTは、我々しか通らないような道です。


湖に到着です。これで走りは終了です。


ヤッホーの湯で疲れを癒し、ここの食堂でカンパーイ!! お勧めのソースカツ丼を食べました。


ヤッホーの湯から八ヶ岳の夕日がきれいです。


ナナーズストアで食材を購入し、ハッシーさんが合流して前夜祭の始まりです。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/05/28(土) 23:03:49|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

八ヶ岳連チャン 第一日目 峠から自然園への道編

ゴールの湖にドライバーピックアップの車を置き、途中の自然園駐車場に1台、スタート地点の峠にピックアップしました。
ここから自然歩道に入ってきます。


池の傍から森林地帯に進んでいきます。道は木道になります。結構走ることができます。


一度森林地帯を抜けると笹原になります。ここは快適に走れます。長く続いてくれと祈りましたが、そんなに甘くなかったです。


大きな岩が連なる道になります。親父はここで左足首の捻挫をやりました。自転車に乗っていないのに、どっとお疲れです。


やっと林道に出ました。ここから池巡りに行きます。木橋が続くようなので自転車を置いてきます。


やっぱり木橋の連続でした。 ・・・正解!!


池に到着です。思ったより水が少なく、干潟が大きく広がっています。 獣の足跡がいっぱいありました。ここで昼食を取ります。


再び林道に戻ります。ここから林道を走ります。親父車は高速ダートは苦手で、最後尾を走ります。


途中に別ルートに登るコースを見つけました。


このストレートの先の山々のショット、林道走りでも八ヶ岳に来た甲斐がありました。走りはWTでそこそこですが、景色が素晴らしい。


ストレートの林道で風穴の標識を見つけました。 MTBを置いて、矢印の方向へ林の中を歩いていきます。


林に入ると、その先は標識がなく道もほとんどわかりません。わずかな踏跡を頼りに進んでいくと、ぽっかり岩穴がありました。そこには立派な風穴の説明板がありました。


中は思ったより冷えてなく、広さは3畳ぐらいでしょうか。中にはヒカリゴケのような蛍光色の苔が生えていました。よく見ると光るのではなく、外の光を反射しているようです。反射の効率は反射板相当で、驚きに値します。


林道を進みます。水切りのゴムは邪魔ですが、高速で下って行きます。勿論親父は、他のメンバーに大きく置いていかれています。
林道の終盤で、先行したメンバーが待ってくれていました。


最後の下りです。路面コンディションはイイです。一気に車道に出て駐車場に到着です。
  1. 2016/05/28(土) 22:51:11|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

山岳爆走隊Googleコミュニティー2016-0526 本沢温泉ツーリング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2016/05/26(木) 22:34:49|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

山岳爆走隊Googleコミュニティー2016-0526 本沢温泉前日ツーリング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2016/05/26(木) 22:12:28|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

利根川の渡しを使ってポタリング

昨日通勤でスぺシャを半年ぶりに使ったので、今度はザスカーでポタリングしました。場所は利根川の渡し船、群馬県千代田町の赤岩の渡しです。
デポ地は千代田町のなかさと公園です。ここから外国人の家族が多い公園内を通って、利根川の堤防に出ます。


堤防上の舗装路を走ります。海から160kmとあります。


赤岩の渡しのある公園に到着しました。


ちょうど渡し船”新千代田丸"が埼玉県側から戻って来ました。


乗客は5名です。群馬県道になりますので、もちろん無料です。道ですので、自転車もOKです。


5分程度の船旅で埼玉県側に着きました。また乗客を乗せて岸を離れて行きました。休みなしです。


800mほど走り、ポピーのお花畑へ。自由にお取りくださいとのこと。


妻沼のグライダー場の横を走ります。ウインチが3基あり、引っ切り無しにグライダーが離陸していきます。


着陸まじかなグライダーが見えます。


利根川自転車道を走りますが、折角MTBで走るので、よこのダートを走ります。


ゴルフ場が見えてきました。


自転車道から外れて、国宝の聖天山本殿に寄ってみます。


この神社の周辺は昔風のお店が並んでいます。


刀水橋のたもとに埼玉県に入った標識がありました。立派な標識でライトアップの設備もあります。


刀水橋脇の歩道/自転車用の橋を渡ります。


再び群馬県側の利根川堤防上の道を走ります。途中で国土交通省の施設に何やら変なアンテナのようなものがありました。


なんとかデポ地のなかさと公園に到着しました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/05/24(火) 21:38:20|
  2. ポタリング
  3. | コメント:0

久々の自転車通勤

何か月ぶりだろう今年になって初めて? 自転車通勤です。片道15kmです。
往路、小山川の遊歩道を走ります。川を通して吹く風はとても気持ちが良いです。


時間は過ぎて復路です。工業団地を出てすぐの畑道です。金色に実った麦の風景が気に入ってます。もう少し時間が遅ければ夕陽とのコラボが見られたのに、残念です。


小山川の対岸の土手道を走ります。


土手道から県道を渡ると、馬頭観音様の石仏や風化してわからない石碑があります。


岡部のトウモロコシ畑の道に入ります。これは未来かな。冬はブロッコリーを作ってます。日本一の生産高です。


自宅近くに入りました。夕日がきれいな場所を見つけました。桜の時期はとてもきれいだっただろうな。


畑道を通って自宅に帰ります。


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/05/23(月) 22:40:45|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

わさび山Wヘッダーツーリング マイナーコース編

下の駐車場の木陰で昼食を取り、2コース目に入ります。同じ広場の駐車場にピックアップします。
一本目のピックアップで雑談していたアマチュア無線の人が、設営を終え交信してます。


わさび山の山頂から下ります。ここも狭い上にガレていて走りにくいんです。ホタルさん難なくクリアです。


1本目と同じ激坂に入りました。1本目で攻略コースを見つけチャレンジしました。インチキと言われようが乗れなかった2コーナーをパスしました。(迂回です) もう1コーナーは無理だ~。


フランスさんが下ってきました。 改めて写真を見ると、どこを走ってるんだって感じです。


イノッチも頑張っています・・・・お疲れモードのようです。 分岐手前です。


標識が全くないマイナー道です。記憶が頼りですが、久々なのでちょっと心配です。厳しい道が続きます。


途中で林道ができ、STが消滅、ロストの危機、何とか見つけられて進んでいきます。ポイントの小ピークに到着しました。どっとお疲れ!!


林道に出ました。


ここは法面大崩壊して防災対策したところです。まだ土砂が落ちてきます。何とか車一台通行できそうです。 


再びSTに入ります。ここが一番難所の伐採地です。岩盤上の狭いスイッチバックと浮石で結構難しいです。でもチャレンジし甲斐があります。


後半になるとモーターバイクの轍が凄いです。轍でないコースを走ります。


街に出ます。かつての本道を走っていると、猿が民家の庭先の畑の作物を食べています。我らを見て逃げましたが、最後まで残っていたのがこのボス猿です。


ロード走りをして駐車場に戻ります。 ロストしそうになり、ちょっと焦った2本目でした。

28日/29日は雄大な八ヶ岳を走ってきます。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/05/22(日) 22:14:40|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

まとめ