山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

あきな紅葉Wヘッダーツーリング 巨岩登頂と爆裂噴口跡探索編

ピックアップ場所の駐車場で昼食を取り、ハイキング道を走り巨岩に向かいます。ここは前回見つけた小路です。現在落ち葉で道がほとんどわかりません。感じの良い道ですが、ハイカーさんがほとんど歩かれないため、放置状態となっています。残念です。


目指す巨岩です。高原の中にぽつんと突き出た小山のような岩です。ここに登ります。


今日はいい天気のため、記念写真の景色もばっちりです。高所恐怖症のイノッチも、今回は石仏の所まで来られました。


巨岩の南側の頂から見た、あきなの南面の紅葉です。複雑な山並みと一面の紅葉に感動しました。
この後が大変でした。足場のない南側の岩面をよじ登ってきたため、下りるのが怖かったです。


この先尾根を登って第二の山頂を目指します。ところが時間が押していたためと、次に新コースの爆裂噴口跡があったため、安全を取って登頂は次回に回しました。 実はこの読みが当たってました。


峠らしくない峠から噴石が残る谷に向かいます。今回、以前この辺りであったMTBerから得た情報で、いい道だということで今回初めてチャレンジしてみました。 写真は分岐前の紅葉が素晴らしいところです。ここまでは新コースに期待してました。


いざその道に入ると、下りは階段で最下部は大岩ゴロゴロの自転車としては最悪なコースでした。
冷静に情報入手のことを振り返ると、いい道とは周りの雰囲気がいいと解釈すれば、この周辺にはない大石が重なり合った場所で、見学コースとしては素晴らしいです。・・・自転車では最悪ですが・・・


ここは谷状の火口跡ですので、底から出るには登らなければなりません。精神的に堪える階段の上りが待っていました。


階段を登り終えて振り返ると、今回登頂をパスした山が見えます。今回登らなくてよかったと思いました。体力の限界が迫っていました。


これから快適な下りと思えば階段でした。(泣  やっと走れるようになるとバードウォッチング用の池が見えました。どんな鳥が見えるかと思いましたが、時期/時間のせいか一羽もいませんでした。 それにしても黒い水が不気味でした。


ぐるっと回って紅葉スポットに到着しました。去年も素晴らしかった広場は、今年も期待通りのパステルカラーの紅葉を見せてくれました。


日が暮れてきました。すると気温が急に下がってきました。これからはゴールの駐車場まで廃林道を下ります。一気に下ります。


無事転倒/怪我がなくゴールに到着しました。ここは有名な紅葉スポットでもあり、朝は観光客は少なかったですが、今はカメラ・スマホを持った観光客でごった返しております。我々はそそくさとこの場を離れ、ピックアップ場所に車で向かいます。そこで解散です。
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/10/31(土) 23:12:04|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

あきな紅葉Wヘッダーツーリング 神社編

一年振りのツーリングになるせいか、すっかり一本のつもりでいたが、ピックアップ途中でこのエリアのツーリングはWヘッダーでやっていたことに気づき、急遽2本のコースとしました。すっかり忘れていました。
あらためて1本目のゴールにも車を置き、ピックアップ終了、スタートです。スタート地点の紅葉は時期が過ぎているようですが、場所によってはまだ十分に楽しめます。まずは足慣らしと紅葉見物に周遊コースをまわります。


対岸を望む。これこそカナディアンロッキーの風景(カナダ行ったことはないけど・・・)


この辺りの紅葉が一番きれいです。


有名画家のアトリエを再現した建物を見学です。


周遊道を走り終え峠に向かいます。


峠の上部に石にほられた道標があります。旧道の面影が残っています。



一部は砂防工事で旧道の面影はなくなっていますが、所々にシングルトラックが残っています。


最後の方になると奇岩が見えてきました。紅葉に映えていい景色です。


今日のメンバーはこの神社の本殿に参拝したことがないというので、徒歩で本殿まで上がりました。参道/本殿とも参拝者で一杯でした。この本殿は立派です。画像は本殿の一部梁の部分の透かし彫りです。この精巧さには感心します。


広い境内を抜ける道はおおよそ700m長いです。ひたすら自転車を押して歩きます。
境内は下馬ですからMTBerの皆様は決して乗らないよう、心がけましょう。また鳥居・神殿等の施設には自転車を立てかけないよう配慮して頂ければ幸いです。


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/10/31(土) 12:16:30|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

ちゅうじ山紅葉Wヘッダーツーリング 西道編

二本目のスタート地点へのピックアップ途中の公園で昼食。さすがこのガスったコンディションで、しかも平日。ほとんど人はいませんでした。
平地はすっきりしているのに、二本目のスタート地点もガスってこんな状況です。バックのダテカンバの林が写せなくて残念です。


登山度は手入れされていなく、笹でどこが道なのか分かりません。


峠まで上がり尾根を下って行きます。ここも笹が茂ってこのコースに精通している者でしか走ることはできません。
尾根の北側の紅葉は終わっていましたが、南側は今がベストな時期です。


尾根を下った辺りで越後屋さんのFATバイクが初のパンクです。このコースの終盤のガレ道に備え、低圧にしたのが原因でリム打ちです。修理はイイのですが、携帯ポンプで空気を入れ直すのが一苦労、従来のタイヤの4倍の空気容量ですからね。


中盤のススキ道に入ります。まだガスってます。ここの紅葉は見頃です。


若干の浮石がある尾根道を下って行きます。ガレ道に入るまでは体力気力を温存する走りをします。
途中で先頭を行く親父の前で大鹿が横切って行きました。子牛台の大きさです。


ついにこのコースのメインイベント、4kmにわたるガレ道の最上部に出ました。このために親父は、いつものフルリジットからフルサスに代えてきました。


もちろん越後屋さんのFATバイクが先行して走ります。あっという間に姿が見えなくなりました。仕方なく望遠で撮影。


十年程前に比べガレ具合は収まってきたはずですが、フルサスでもつっかえつっかえ進んでいきます。
途中で越後屋さんのFATと交換して走りました。苦労して走っていたガレがうそのように難なく走れます。最高難度のガレ場も楽勝でリム打ちしそうな感覚に襲われ交代しました。この道はDHバイクより早く走れること間違いなしです。 恐るべしFATバイク!
そして画像は今まで楽をしてきた越後屋さんが、フルサスで苦労している画像です。


ガレ道の路面状態です。(いい状態の方) ここの特徴は斜度が緩いため、走り切るには漕ぎが必要になる点と、これでもかと続く4kmの長さです。途中で気持ちが折れそうになります。


ガレ道が終わり林道に出ます。見上げれば曇って太陽が月のような明るさに見えました。これで二本終了です。どっと疲れました。
以前は3本走ったこともありましたので、体力の衰えは隠せません。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/10/23(金) 11:43:18|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

ちゅうじ山紅葉Wヘッダーツーリング 南道編

平日休日の親父二人でちゅうじ山Wヘッダーツーリングをしました。紅葉の時期でシニアハイカーがいるかと心配しましたが、当日はガスって視界は20mほどで紅葉見物としては最悪で、ハイカーさんはほとんどいませんでした。


越後屋さんは例のFATバイクで参戦です。ちゅうじをまめ手は行けません。走り具合はどうでしょうか。


いつもの定点観測ポイントで記念撮影です。ガスってよく見えません。


落ち葉と紅葉のコントラストが素晴らしいです。


後半の笹道はいつものように前が見えません。ガスっている雫で靴の中はぐっしょりです。


粘土質の道に入ると先頭を走る越後屋さんがクマの親子と遭遇、その後もう一匹のくまさんとあったそうです。後ろにいてよかったです。 これで一本目終了です。




テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/10/23(金) 02:02:01|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

上州三株紅葉ツーリング

前日雨が降ってコンディションが心配されたが、倒木以外は走り易いコンディションです。今回はフランスさんとのツーリングです。
まずはオードブルコースとしてお化け山へ登ります。


山頂への周回コースとして、上りは緩やかなトラバース道で、道もはっきりしていて上り易い。紅葉はちょっと早い感じです。


山頂に到着です。祠が二基、渋い山頂です。


下りはほとんど歩かれていない藪っぽい参道を下り、林道に出ます。ここでオードブルコース終了です。


次は西三株山です。今回は林道を上って行きます。


1本目のオバケ山で一緒になったハイカーさんが三株山も登ってきました。この階段が辛いですが、今日は晴天で遠望が利きそうなので期待して頑張ります。


ハイカーさんのワンちゃんです。先にワンちゃんが着くと吠えるんです。


山頂に到着です。ハイカーさんが4人ほど休憩を取っていました。
山頂からは期待していた景色が広がります。秩父山塊の峰がはっきり分かります。


山頂でしばらくハイカーさんと見える山々の話をして、今日のハイライトのテクニカルのトレイルを下ります。
最難関の岩場の2段ドロップオフをクリアするフランスさんです。


快適テクニカルトレイルが終わり林道に出ます。ここから林道を走って2つの峠を過ぎます。途中で景色の良い場所があったので撮影しました。もう少し時期が過ぎれば紅葉がきれいでしょう。


山里に向かうシングルトラックを下って行きます。ここは紅葉が素晴らしいところですが、まだはやいようです。


山里の集落の知り合いのおばちゃんのうちに御呼ばれしました。タケノコ、きゃらぶきは素朴で美味しかったです。


山里と山里をつなぐ旧道の通称学校道は現在崩れかかった道になっています。歩くたびに道がくずれていきます。


隣の山里に入ります。ここは4件の集落です。


この集落の班長さんに会いました。ワンちゃんが自転車を嗅いでます。


旧道の山道を下ってゴールとなります。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/10/18(日) 23:24:49|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

上武大橋/坂東大橋周回ポタリング

天気が良いので、ソロで利根川の島村渡船場までポタリングしてきました。
自宅のある深谷はネギの街として有名ですが、実は陶管製造の生産地でもあります。この煙突は陶管を作っていた釜です。


小山川の土手道を走って行きます。昭和35年に架けられた矢島大橋を渡り、畑道を走って行くと


八基の渋沢栄一記念館に出ました。こちらは記念館裏側の渋沢栄一像です。


1934年に架けられた上武大橋の横に架けられた歩道橋を渡り、群馬県伊勢崎市に入ります。この上武大橋には戦時中アメリカ軍機による機銃掃射の跡が残っているそうです。
また車で走っていると分かりませんが、橋の中央に埼玉-群馬の県境表示があります。


群馬県側の利根川の土手道を走ります。島村渡船場に向かいます。


島村渡船場に到着、すると台風18号で船着き場が破壊されて、しばらく運航中止になってしまいました。残念です。
陸にあげられた渡し船、島村9号です。味がありました。


船頭の詰め所には運航中止と赤旗が掲げられています。


河原に下りてみると、川魚を捕るための船が5隻係留されていました。こういう船を見ると、さすが日本を代表する川であることが感じます。


土手の道を上流に走って坂東大橋をわたり、埼玉県本庄市に入ります。こちらの橋は新しく架け代えられてモダンな形になっています。ライトアップもされます。


利根川対岸の土手道は利根川自転車道になっています。この道を下流に下り、そして島村渡船の船着き場の河原に下って行きます。すると船着き場は無残にも破壊されていました。修理する気配もありません。ここは利根川の埼玉県側にありますが、伊勢崎市の飛び地となっているため、この船着き場の所有は伊勢崎市になります。
ちなみに島村渡船はこの飛び地をつなぐための市道扱いになっています。


この飛び地にはなんと、世界遺産の富岡製糸場に関連する田島弥平旧宅があります。ちょっと見学に行きます。まだ住まわれているようで、ワンちゃんが繋がれていました。パンフレットの正面の写真より、こちらの風景の方が旧家らしくていいかな。


この土地の名はサスペンスに出そうですね。実際に推理小説になっています。


17号深谷バイパス(深谷市には17号は3路線:17号・17号バイパス・上武国道がありますので注意です。)を渡ります。そろそろ自宅の近くになります。稲と夕日、秋の雰囲気にぴったしです。これでポタリング終了です。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/10/12(月) 23:45:51|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

よいとこ紅葉連チャン 二コース番外編

2本目のシングルトラックが終わり、温泉に入るため街中を走ります。空いている温泉に入ります。
地元の方が先客で入っておりました。挨拶をして温泉に入らせてもらいました。強酸性が体に沁みます。


爆走隊御用達の地本の食堂で夕食を取ります。このところの前夜祭は手抜きになっています。


まずはカンパーイ!!


飲酒運転禁止です。歩いて車中泊地へ向かいます。 思ったより遠いです。


駐車場に到着。ここで2次会、再びカンパーイ! 戸外は寒いです。 長い一日が終了です。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/10/10(土) 23:20:09|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

よいとこ紅葉連チャン 二コース目

明日は雨が降る予報なので、今日目いっぱい走ります。
通常は1本目のゴールの露天に入って終了ですが、今回は温泉に入らないで2本目に入ります。
スタートは1本目と同じ駐車場です。


廃林道を再び登ります。1本目は紅葉を見ながらまったりと登りましたが、今回は時間があまりないのでペースを刻んで登って行きます。
ここは去年カモシカが直登した法面です。このテッペンから我々を見下していました。


温泉分岐から尾根道に入ります。ここから1本目と異なります。尾根道からは登って来た林道の紅葉が見れました。パステルカラーが素晴らしい。


WTの遊歩道を走って行きます。広い割に振動がキツイ道ではありますが、コースを見切った走り(笑)で腕は上がりませんでした。このコースの最下部の吊り橋です。この川は常に濁ってます。


サイクリングロード、遊歩道を走って蓮池へ。ここの畔にあった感じの良い小屋は撤去されていました。残念です。この池を周回してロッジ群の舗装路に出ます。ここでダート部分は終了です。
この後は温泉/夕食/前夜祭です。

  1. 2015/10/10(土) 22:36:36|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

よいとこ紅葉連チャン

秋といったらこのコースでしょう。親父が知っているコースの中で、BESTツーリングコースです。今回は2日目が雨天予報のため、2コース走るハードな一日となりました。
車中泊予定の駐車場から廃林道化している道を走ります。この辺りはまだ色ずく手前でした。


砂防ダム先からは全く管理されておらず、荒れ放題でこんな感じです。


滝見ポイントからの紅葉がとても素晴らしいです。


レベル2でピックアップできないため、自走で登ります。紅葉が素晴らしいんで押しも苦になりません。


開けた場所に沢が見えました。ここで紅葉を見ながら小休止です。


沢を渡ります。水量はいつもと同じ、濡れずに石伝いに渡れます。この辺りの紅葉は見頃で、カエデの赤が鮮やかです。


湿原に到着です。一番最後に走ることは無いので、この景色は新鮮です。


展望台で昼食を取り、これからこのコースのハイライト、神秘の池巡りです。
まずは展望台下のシンメトリーな池に下って行きます。眼下には街並みが見えます。


シンメトリーな池です。湖面に紅葉が映りきれいですね。


池から登り分岐に到着。標識のテッペンに苔が生え、ドングリが1個落ちていました。


分岐から快適に下り、第二の池に到着です。紅葉はまだ始まったばかりでしたが、湖面に映る木々の景色の素晴らしさが楽しめました。今回初めて知りました。


小池に到着です。個人的には一番好きな池です。この池にはトラップがあって、フランスさんがいるその先は浮島になっていて、足を踏み入れると沈んでしまいます。


酸性の水が流れる沢があるアナ天国までは、急な荒れたSTを下って行きます。フルリジットの年金車では振動がきついです。
アナ天国には毎度のようにカメラマンがたくさんいます。 我らは付近の発色の良いモミジを鑑賞します。


原生林の林道から、畑が広がる高原集落の道になります。特産の花インゲン、大豆が実っています。


デポ地の温泉までの旧道に入ります。ここは切通になっていて旧道の面影が残っています。今まではこの先廃道寸前になっていて、倒木・浮石が多くて走りずらかったのですが・・・


旧道は倒木が片付けられていて、石も少なくて快適とは言はないまでも足つきなしに下れます。一気に走り集落上部に出て、集落内の道を下ってデポ地に到着です。 走行距離 18km  累積標高 +647m -1013m

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/10/10(土) 21:21:03|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

しろみね山トリプルツーリング(2本目おまいり道編)

しろみね山の二本目はおまいり道を下ります。
一本目と同じピックアップポイントからスタートです。


この道は前半石が浮いてFSには辛い道です。


やっと浮いた道が終了する。もう腕は上がっている。


あとは快適なシングルトラック。去年は途中で豪雨となってショートカットしたっけ。


シングルトラックが終わって集落に到着。ここで記念撮影をする。逆光でなければもっといい風景があるのだが・・・残念


集落の中にある旧道は藪となっていて走れず。仕方なくずっと車道を走ってゴールの駐車場に下ります。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/10/04(日) 22:50:19|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

まとめ