山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

晩夏のちゅうじ山ツーリング

残暑を引きずり30度を超える里山を避け、今回はちゅうじ山のロングDHを計画しました。
親父が住む北埼玉/群馬辺りは昨晩雨が降ったようで、道路は濡れており、車で現地に向かう中、正面に見えるはずのちゅうじ山も見えません。


今日のツーリング当初四名の予定でしたが、諸事情によりクラさんとの二人で走ることになりました。
クラ号で上の駐車場まで、標高差約1000mをピックアップします。山頂上部はこのように晴れており、路面はウエットながら走行には支障はありません。


今年は水量が多いせいか、窪地には池ができていました。


体慣らしの笹道を快調に走ります。風が秋の様で、とっても気持ちがイイです。


体慣らしも終え、これから本格的な登山道に入ります。ちょっとガスってきました。標高の高いちゅうじ山ではよく霧が発生します。
慣れた道ですので、道に迷うことはありません。


平成の大崩の跡が今でも残っています。周辺は草木も映えてきました。しかし、ここを渡るときは、上から落石がないかいつも緊張します。


たまには親父の走行写真でも。今回はフルサスにしました。だらだら下りのロングコースでは、フルリジットはテールホップの場面はなく、苦痛でしかありません。


笹道を下って行きます。途中で笹で路面が見えない部分が数か所あり、トラップに気を使い走って行きます。この時もリスクマージンのあるフルサスがベストです。


最後のWTになると草が刈られて走り易くなります。一気に下って終了です。
下界に下りると暑さを感じますが、自宅に戻って来た時の暑さに比べれば、快適そのものです。
走行距離:11.3km  累積標高:+186m -1088m  所用時間:3時間43分
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/23(日) 12:40:57|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

夕方の年金山を上る 怠けていたブログの更新

20日前の走りの更新です。

夕方というか15:00過ぎ、気温が下がって来たので自宅を出て年金山に登ります。
いつもの駐車場にデポして北尾根に入ります。


このコースだと、さすがにこの時間になると一般のハイカーさんは下りません。地面はしっとりと濡れた状態です。


16時過ぎに山頂に到着。4,5人のハイカーさんが居りました。山名の通りリタイヤされたばかりの方々です。30分ほど皆さんと歓談しました。蕨山でテールホップして下っているMTBerを見たそうです。もしかして私?  話しているうちに暗くなってきたので下り始めます。
この時間でも地元の方が上られてきますので、ゆっくり下ります。ショートコースのためテールホップの練習をしながら、歩きと同じくらいの速度で下ります。


ここを走る目的は階段の迂回路の超タイトコーナーをチャレンジすることです。今回は4勝2敗でした。
チャレンジのエリアを過ぎたら、途中でショートカットして神社コースを選択しました。こちらは走り易いです。


このコースはデポした駐車場にも近く、苦手なロード走りが少なくてイイです。 通り道の田圃の稲の香りが、走った疲れを癒してくれます。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/23(日) 09:10:20|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

自転車で行く坂東三十三観音霊場巡り 神奈川西部四カ寺編

今回は私の住んでいる埼玉県深谷市から距離のある神奈川県西部、小田原・平塚・厚木・座間の四カ寺を車と自転車を使い巡りました。
早朝4時に自宅を車で出て、国道246号新相模大橋袂の相模三川公園スポーツ広場の駐車場にデポします。昨夜降った雨で土の駐車場には水たまりができています。


県道51号を町田方面に北上します。直に座間まであと2Kmの標識があります。車の通行量が多く、自転車通行可の歩道を走るが、車出入りの凹みが多く、快適な走りができません。


旧道らしき道とと交わるところに大きな木がありました。もしや旧道を証明する物がないかと期待していると、ありました。弁財天が祀られていました。


座間市に入り、JR相模線を高架橋で渡ると八番札所の星谷寺まではあと少し、県道を右折すると観音坂と呼ばれる急な坂になります。曲がりくねった坂が歴史を感じさせます。


観音坂を上った先に八番札所の星谷寺の入口に出ます。この寺には山門がなく、新しそうなブロンズの仁王像が迎えてくれます。


静かな境内です。規模的にはほかの札所よりは小ぶりですが、七不思議の言い伝えがあり、その一つ本堂の中には「根下がりの紅葉」という老木があります。


お参りを済ませ再び県道を国道246号に向かって南進します。沿道に庚申塔を中心にお地蔵さまが祀られております。よく管理されており、見ていてうれしいですね。


国道246号から新相模大橋を渡り相模川を渡ります。次は6番長谷寺飯山観音です。


橋を渡り、側道に入ると落書きが目立ちます。


飯山温泉に向かう県道60号に並行して走る丘陵の道を走ります。ここは周囲に畑があり気持ちの良い道であります。


県道60号から飯山温泉に入る橋です。


坂を上り、突き当りに仁王門があります。ここに自転車を置いて、石段を上り本堂に進みます。


急な階段を上ると石灯籠が連なり、その奥に長谷寺の本堂が現れます。


本堂横、白山に上る山道には四国八十八か所霊場の石仏が祀られています。この時期は山ビルが生息するようで、注意喚起の看板があります。山ビルで有名な、丹沢の流れを組んでいるのでしょうか。


来た道と別のルートを走って国道246号に戻ります。


相模川の河川敷、新相模大橋下の駐車場に戻って来ました。次は平塚へ車移動です。


予定では小田急線の鶴巻温泉駅付近の駐車場にデポの予定でしたが、探してもいい場所がなく距離は短くなってしまいますが、広い駐車所のあるおおね公園にデポしました。


県道612号を南下していきます。丘陵地を前にして田んぼが広がっています。稲のにおいがします。暑さを忘れさせてくれます。


県道62号に突き当り、ここで曲がる方向を間違えて、東海大方面に曲がってしまいました。交差点前にあった光明寺の看板の矢印が、交差点を右折(東海大方面)に見えたので曲がってしまった。後で気が付いたのですが、その看板は県道62号を走っている人のために表示していたのです。 写真の金目川に沿って走って行きます。


1kmほど走って間違えたことを知り、Uターンします。途中で腹が減ったので味噌一というラーメン屋さんで食事を取ります。


食事を済ませ、交差点まで戻りました。この交差点を直進して金目川沿いの遊歩道を走ります。この川には木橋が2本架かっていました。


木橋のすぐそばに七番札所の光明寺がありました。山門には聖観音の大きな提灯が飾られています。境内には水琴窟があり、涼しげな音色を聞かせてくれました。納経を済ませ、来た道を戻り、デポ地に向かいます。車で次の札所の小田原に向かいます。


次の勝福寺には鴨宮駅周辺にデポして自転車で周る予定でしたが、車で移動中の国道1号がお盆渋滞で時間が掛り、納経の締切りの17:00に近くなってしまいました。駅周辺の駐車場も見つからないため、泣く泣く寺の駐車場に止めることになりました。残念です。時間があればサイクリング場の駐車場が使えそうです。閉門は16:30です。


五番札所の勝福寺観音堂です。納経を済ませる時間になると、お寺の関係者が賽銭の集金等の終わりの準備をしていました。
五番は自転車で周れず残念でしたが、これで十九番まで巡ることができました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/12(水) 11:19:59|
  2. 坂東三十三観音霊場巡り
  3. | コメント:0

秩父連チャンツーリング 第二日目 表裏おまいり道DHダブル 裏編

観光道路の中腹にある休憩舎で昼食を取り、再び1本目と同じ路肩にピックアップ。
今度は周遊道をぐるっと走り、裏おまいり道を入ります。ここは公共機関が廃止となり、客足が遠のいたお土産屋跡です。


周遊道を走ります。いつもは落ち葉の堆積が多く走りにくいのですが、この時期は落ち葉の量が少なく、快適に走ることができます。


裏おまいり道に入ります。青色の網はシカの食害防止ネットです。 1.5Tの快適道を一気に下ります。フルリジットの親父車とフランス車ではスピードレンジが違うので、間隔をあけて走ります。


途中の広場の斜面に祀られている石碑です。


ここは別コースに下る分岐です。別コースの方が快適なのですが、フランスさんはメインコースを走ってないので、今回はメインのモースを下ります。 クマ除けの金属管が取られていました。熊の仕業?


杉林を出ると草木が茂って分かり難くなっています。 ここから再び杉林に入ります。


おまいり道も最終盤に入り、谷道となります。分岐でこのコースを選びたくないのがこの谷道のガレ場です。濡れているのでスピードを出して突っ切れないのです。ひたすら我慢です。


集落に出ました。ここから車道に出て駐車場まで戻ります。車道走りは暑く、辛かったです。ローディーの皆様ご苦労様です。
これで連チャンを終了します。


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/09(日) 09:02:41|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

秩父連チャンツーリング 第二日目 表裏おまいり道DHダブル 表編

8:30 いつもの路肩にピックアップして、山道を上って行きます。


ツーリングの無事を祈願しに神社にお参りに行きます。


待ちに待った表のおまいり道を下ります。ハードルが高いコースですが、それが楽しいコースです。


おまいり道を下り始めて間もなくいつもの所で小休止です。旧宿坊跡のようですが、古い表札は個人名でした。
フランスさんに光が差して天に上るような雰囲気なので撮影しました。


岩が多いため快適ではありませんが、ラインを読む練習になります。どこでもテールホップの練習ができるので、楽しいです。あまりやり過ぎると、中盤までで体力が終わってしまいますのでほどほどに。


大きな杉の木が歴史あるおまいり道の雰囲気を出しています。


中盤部に入ると下からハイカーさんが登ってくるようになりました。皆さん電車とバスを乗り継いでくるようです。九十九部なのでしばらく待ちます。「ごゆっくり上ってください」一声かけるのがマナーです。


このコースで一番危険な、岩で10cm程度しか道幅がないトラバースの手前にまた難所が出現。傾斜した岩面は走らなければならないのです。今回は気づくのが遅かったので「いけー」って行ってしまったが、直後やばかったなと思いました。
この写真は滝前の厳しいところです。鋭角で急傾斜で、しかも岩と木の根の障害有りの難関コーナー、親父はこれまで転倒時のリスクを考え降車してましたが、今回はチャレンジしてみました。無事クリアしました。写真はいつもチェレンジしているフランスさんです。さすがです。 そんなフランスさんですが、親父がいけそうなところを躊躇したり、二人の得意不得意が微妙に違っているようです。


滝に到着です。涼しいですね。一気にクールダウンです。滝の上部が神秘的で素晴らしいです。


この橋が去年の大雪で壊れて架け代えた橋です。当時は谷全てが雪で覆われており、雪渓の上を迂回して渡りました。


おまいり道を終了して川を渡ります。写真は橋から見る渓谷です。紅葉の時はきれいです。ここから車道を下ってゴールに到着です。1本目終了です。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/02(日) 23:12:39|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

秩父連チャンツーリング 第一日目 前夜祭

ツーリングが終了して、二日目に備えるため山間部の前夜祭開催地に向かいます。
途中で反省会用食材を購入、冷静に考えると買い過ぎのようです。お腹が減っているとダメですねえ。
日帰り温泉で汗を流してすっきりします。


天気予報通り、雨が降ってきました。一気にクールダウン、高原のように涼風が吹いてきます。そんな中で反省会を開催しました。
快適な一夜を過ごしました。


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/01(土) 23:22:23|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

秩父連チャンツーリング 第一日目 よこっぴきトリプル

フランスさんとの秩父連チャンツーリングの第一日目はよこっぴきの3コースを走ります。この時期暑いかなと思いましたが、今夜の買い出しを考えてここにしました。恐れた通りに暑かったです。
1コース目は2番コース。上の駐車場までピックアップします。3コース全てこの駐車場までピックアップします。


山道に入ると道が所々直っているのが分かりました。走り易くなっていました。


2コース目との分岐、尾根を越えます。


公共施設の中を通り、2番の山道に入ります。こちらの道も走り易いです。


途中でフランスさんがヒグラシを捕まえました。さすが野生児!!


下に下るほど倒木が多くなります。一つはモーターバイク止めの役目もあるようです。ガレガレの沢道に入り、大変ですが走り甲斐がありました。


集落の道に入りました。渓流沿いの道は涼しいです。これで1本目終了です。



2本目は途中までは1本目と同じシングルトラックを走り、別の尾根を超します。この下りが最高! よく動画を撮っているグループがいます。この部分はあっという間に終わり、2本目のメインの部分に入ります。その前に一休み。


途中まではいいコーナーの連続に快調に走ります。難関の沢道に入ると、この時期、道の表面は雨水で流され、石だらけの道になってなっていて、今日はその石が濡れていて最悪コンディションです。 難度の高い部分はリスク回避で降車してパス。


ギャラリードロップオフは岩が濡れていて、今回は大事を取って迂回します。ただの迂回ではつまらないので、難コースにチャレンジです。急こう配のクランクで、テールホップを駆使しないとクリアできそうもないコース。結局親父は急こう配過ぎてフロントがロックできずに敗退。(写真) フランスさんは学習して、1コーナーをショートカットして見事クリア! さすがうまい!


沢から離れて少し息がつけるコースになります。ほっとすると暑さが身に沁みます。


藪道を下って集落に出ます。舗装路走りは照り返しがあり、暑いです。 ゴールに近い古刹に到着しました。 
これで2本目終了です。


スーパーで昼食を取り、3本目に入ります。
ここは高速コースで一気に下ります。この超高速コース(親父はゆっくりですが・・・)の中盤に水の浸食でえぐられた溝が縦に走っていました。高速で下るとかわせるか心配です。


シングルトラックが終了して集落に入ります。絶景ポイントで記念撮影をします。今日はシンボルの山が霞んで見えます。そろそろ雷雨が来るかもしれません。


集落内を走ります。今回は滅多に走らないお地蔵様の旧道を走ります。草が生えて下が見えませんが、障害物はないと踏んで下って行きます。


国道まで下ってきました。記念にこのエリアのゆるキャラの前で撮影です。 これで連チャンツーリングの第一目のツーリングは終了です。 これから前夜祭場所へ向かいます。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/01(土) 21:21:05|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

FC2Ad

まとめ