山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

自転車のある風景 かつての修行場への道

人がほとんど訪れない谷間の一本道を上って行くと、路傍に石仏が数十碁祀られています。かつての修行場への道です。


スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/26(日) 23:54:46|
  2. 自転車のある風景 MTB親父版
  3. | コメント:0

てれたま山 お洞道おまいり道を探索

前回、尾根道からお洞に下る道を探索し、今回は正規のおまいり道から奥の院、その先の尾根道と合流するコースを探索しました。
このお不動様はデポした集落の端、別の旧道おまいり道の入口に祀られています。


一台分がやっと通れる林道を上って行きます。もう民家はありません。ここは獣対策用の畑があります。


1台しか通れない林道の終点には、20台は駐車できる駐車場がありました。そこからは参道の山道となります。雰囲気が出てます。


参道は草木が生い茂り、また沢沿いの道のため湿気も多く、不快指数は高いです所々に祀られている石仏が救いです。


石垣が高く積まれたところに出ました。ここが山門跡だそうです。ここから石仏/石塔が多くみられます。かつては修験場として栄えたとのこと。今は杉林に眠る宗教遺構のようです。


石仏の前を通って修行の中心のお洞に向かいます。岩盤にできた洞に石仏がたくさん祀られています。修行者はどういうようにして修行をしたのでしょうか。前回はここに自転車を置いて奥の院に行ったのですが、今回は自転車を押して行きます。


山道を押して10分で奥の院に到着です。その間、乗車して下れるかチェックしました。2か所は無理かな。
奥の院の洞の前の道祖神、前回はよく見なかったのですが、後日ネットで確認したら道祖神の下部の彫り物がなかなか見ものだそうで、今回はしっかり確認しました。写真は載せない方がよさそうです。


奥の院から上に上る道は今回初めて登る道です。どこに出るのか楽しみに上って行くと尾根道に出ました。てれたま山山頂から少し下った尾根道に出ました。合流点には壊れた標識がありました。何回も走っているのにわからなかったー。


山頂に到着です。この暑さではハイカーさんは一人もいません。あまり時間もないので北尾根を下ります。


北尾根道はそう荒れておらず、快調に走ることができました。今回はいつも巻く小ピークを上ってみました。しばらくぶりに見る石仏(写真)です。 ここから一気にDHを楽しみます。斜面が流れてキャンバーになった部分は小さな階段が作られていました。しっかり手が加えられていると思うと、倒木はそのままでした。モーターバイク対策でしょうか。
ぐるっと回ってデポ地に到着して終了です。目標通り、午前中で終了です。


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/26(日) 21:07:04|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

自転車で行く坂東三十三観音霊場巡り 栃木十七番/十九番編

今回は栃木県で残された2寺を巡ります。高温注意報が出るのを予想して、早めにスタートします。
埼玉から栃木まで横断方向の交通の便が悪いので、栃木市までは車移動とします。デポ地は栃木市総合運動公園です。
ここから十七番出流山満願寺に向かいます。
駐車場を出ると直ぐ現れるのが栃木駅の駅舎。旧栃木駅の駅舎で移築したようです。スーパーカーミュージアムになっています。


県道32号に出る前、稲の香りがしてきます。暑さを忘れさせてくれます。稲作の重要性を認識します。


県道32号を北上していきます。自転車兼用歩道が広くとられ、安心して走れます。ただ、日蔭が少なくて直射日光にはまいってしまいます。


鍋山町から県道202号に入ると景色が一変します。一帯が石灰岩の採石場で、県道両脇の山肌は削り取られ、運搬用トラックが行きかってます。


緩やかな上りの県道を上って行くと、ふわーっと涼しい風が吹いてきました。道の反対側の山の斜面を見ると、採掘用トンネルがあり、そこから冷気が吹いてきていました。少し立ち止まり熱気を冷ましました。ここを動きたくない気持ちです。


17番満願寺に到着です。このお寺も大きなお寺です。駐車場に自転車を置き、この本殿で般若心経を唱えます。この先1.7km山道を登って行くと奥の院があります。入山料を払って登って行きます。


かなり足場の悪い山道を登ります。谷道に入ると岩が湿気でぬれて非常に滑りやすい道です。


谷間の広い部分に休憩舎があり、そこから断崖を望むと舞台造りの奥の院が建っています。崖に作られた九十九を登って行くと奥の院に入ることができます。この中に鍾乳石で作られたご本尊が祀られています。


帰りのコースは旧道を中心に走ります。写真は出流川の土手に作られた道を走ります。


暑い県道を走って行きます。12:30頃東武鉄道"新栃木駅"に到着です。ここから輪行で東武宇都宮駅に向かいます。


電車の中は冷房が利いて天国のようです。クールダウンできました。東武宇都宮駅に着いたのが13:00をまわった頃。腹が減りました。駅前の餃子屋で宇都宮餃子を食べます。


県道70号通称大谷街道を走ります。街中を走るため信号が多くて閉口。炎天下の信号待ちは辛いです。


一本道を走ると大谷観音に到着します。暑い暑い!


門の前に駐輪して、日本最古の石仏と言われる大谷観音をお参りに行きます。岩盤にほられた石仏が立派でした。


近くの平和観音にもお参りします。ここは大谷石の採掘跡に造られた公園です。


時間が無くなってきました。一気に東武宇都宮駅まで戻り、輪行で新栃木駅に行きます。車中、疲れから眠ってしまいました。
総合運動公園の駐車場閉門までに間に合うよう、ダッシュで公園に向かいます。何とか間に合いました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/25(土) 06:54:06|
  2. 坂東三十三観音霊場巡り
  3. | コメント:0

7月wヘッダーツーリング なっく古木コース編

2本目はいつものなっく古木コースです。
空き地にピックアップして峠にひと山越えます。


なっく山に登り、下見をしないままジェット坂を下りです。このエリアでは一番傾斜のキツイ直滑降です。今日はグリップが利いてコントロールが容易でした。


林道に出る手前の石が浮いている道で親父転倒です。うまく転げて打撲等なし。バイクの轍に引っかかったようです。


続いて激細トラバースで転倒。再チャレンジでどうして転倒したのか分かりました。Wのドロップオフの間隔がホイールベースと合致していて、不安定になっていました。


奥の尾根道に入って行きます。


ためらい坂にチャレンジします。 親父が下った後にバイクが上ってきました。我々を見て、引き返して行きました。


二人なので快調に飛ばしていきました。ここは見晴台です。


快適道を走り竹藪へ。積もった竹の葉が滑りやすいです。


最後の上り、ここは藪っぽいです。ここは日向で暑いため、すぐに下り始めます。 水が出たDHコースを下りツーリングは終了です。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/14(火) 21:44:35|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

7月wヘッダーツーリング 五寸くぎ道編

フランスさんが埼玉に戻って来た最初のツーリングです。
今日は2本、一本目はフランスさんのスキルから五寸くぎ道を選びました。
駐車場にピックアップし、スタート。空を見れば快晴。今日も暑くなりそうです。つつじが生い茂って展望台に上るのも大変です。


展望台に到着です。この時期、低山は暑いので誰も登っていません。いつもはバックの山々が映るのですが、暑さで靄って展望が利きません。


展望台直下の岩場の急斜面を下ります。おとといの雨が半乾きで、グリップ感はバッチリで下れます。


楽しみの五寸くぎ道に入ります。濡れた倒木はデンジャラスでしたが、タイトターン攻略に満足でした。写真は谷道で一番難しいクランクです。


五寸くぎ道谷道を振り返ります。この斜面にチャレンジ心をくすぐるコーナーがあります。


五寸くぎ道の終点の峠に出ます。 I 字溝の壁面を走ります。タイヤが滑り落ちる恐怖に打ち勝って走ります。
この後、ちょっぴり探索して1本目を終了します。




テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/13(月) 23:16:32|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

FC2Ad

まとめ