山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

探索リベンジツーリング

今日はフランスさんとピックアップを使った探索に行きました。
まずスタートは展望台に登ります。富士山がはっきり見えて感動です!


ハイ!フランスさんと記念撮影です。


茶屋の展望台にて眺めを堪能します。これからおまいり道を下ります。


お不動さんから東おまいり道を経て車道に出ます。親父のお気に入りの空き家の民家の前で。 少し下って旧道に入ります。


旧道に入ります。途中、先週走ったひょっとこ分岐を別の集落へ向かいます。なかなかいい道です。


メインと思われる分岐を外れます。直ぐに倒木があり、はずれコース? と思いきやバームが付いたいいコースでした。 ただ、コースの中央に狸の糞だまりがあり、お気楽には走れないのが残念だ。


車道に出てきました。ここはどこだろう? 早速地図で確認します。


ロードを下っておまいり道分岐へ下ります。 旧家の雰囲気が出ています。


分岐から別のおまいり道を進み、ピックアップ時に気になった峠道を登ります。最初は階段上りです。


杉林の中を急登、道は整備されています。一気に尾根に達すると尾根道と合流します。ここが先々週見つからなかった尾根道でsると確認しました。峠に着き、尾根道を進もうとすると目の前に急登が現れたため断念しました。・・・尾根道は走りにくいと判断しました。
反対側に下り集落に出ました。先日整備したそうです。


国道に出てから再び別の峠に向かいます。途中獣除けの柵を通って登って行きます。


切通の峠に到着です。旧道の雰囲気をよく残しています。ここからの下り、珍しく竹林の中を下り、民家の脇に出ます。こ地らから入るのは分かりにくいです。


この集落の村社でしょうか、高台に立派なお社があります。
その脇を登って行くとまと峠に出ます。


ここにもお社があり、榛名神社でした。榛名山に向かって祀られているのか、北向きでした。木製の鳥居は傾いています。


この峠を下ると直ぐに民家が点在していますが、ほとんどが空き家のようです。
林道に出るとハイカーさんに会いました。花を見に来たそうです。こんなマイナーの道を歩くなんて、地元の方ではないでしょうか。
走行距離 12.2km 累積標高 +506m -921m


今度は場所を変えてピックアップします。今度は等高線に沿った快適そうなコースです。有名な峠から少し離れた広い路肩にピックアップしてトレイルを走り始めます。期待した以上に道はイイです。


快適ばかり続かないです。極狭トレイルに腕試しの急なスイッチバック、なかなか手ごわい。最後は沢を渡るともうすぐひょっとこ集落に出ます。


ひょっとこ集落の旧道を走って、最後は集落内を通る舗装路を下って終了です。まだシングルがありそうですが、時間が切れで終了です。
走行距離 3.0km 累積標高 +130m -283m

スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/03/29(日) 20:04:12|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

自転車のある風景 旧道峠道 奥武蔵切通の峠道にて

車の往来の激しい国道から小高い尾根に登って行くと、この峠があります。この峠を下ると山里があります。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/03/29(日) 07:03:27|
  2. 自転車のある風景 MTB親父版
  3. | コメント:0

昭和楼連チャンツアー第二弾 第二日目

昭和楼に宿泊し、第二日目になります。
ツーリングのエリアは時のかわに移ります。今日はゆっくり2本に設定しました。
1本目は久しぶりに峠の茶屋跡にピックアップして、そこからサツキ山に登ります。ここは7,8年前に行ったきりです。


サツキ山山頂です。私が記憶していた展望の利かない山頂とはうって変わり、切り開かれた明るい山頂でした。ここで記念撮影をします。二日目はおぎチャンが加わり、4名です。


サツキ山の下りを快調に下ります。ここもモーターサイクルが入った轍が見られます。


シングルトラックからGLに出て、どんぐり峠に向かいます。


どんぐり峠手前の山に登ります。ここから下ればどんぐり峠の脇に出ます。 山頂から下ろうとすると新ルートの標識を見つけました。尾根ルートとのこと。


今日は時間があるので、みんなで行くことに。


コースは下り基調の尾根道で、思ったより快適です。突然ジェットコースター坂が現れました。これでこのコースが一気に面白くなってきました。


新コースから従来の高速DHコースに合流するのは思ったよりスムーズにできました。この後はいつもの担ぎ上げで最後の山に登ります。


山頂からは一気に下って車道に出ます。ここから駐車場まではロード走りしてゴールです。
走行距離9.5km   累積標高+285m -947m


二本目は滑空場までピックアップ。暖かいのでここで昼食を取ります。


駐車場からロード上り。今日はいい天気で展望が利きます。珍しく窓が開いています。


林間コースを下って峠に到着。ここから超マイナーなトレイルに入って下ります。枝刈りはされていますが、人が入れる程度の幅しか刈り取られていないので、自転車では辛い所もあります。


林道を下って集落を抜けると、そこには新しいコースの目印がありました。今回は時間がないので見合わせました。


尾根道を下って行きます。快調に走るおぎチャンです。


ちょこっと新コースで快適ぶな山への道を走ります。快適すぎて画像はありません。シングルトラック最後の画像です。


街中を走ってゴールの駐車場に戻ります。
走行距離10.9km   累積標高+285m -950m








テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/03/22(日) 19:09:59|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

昭和楼連チャンツアー第二弾 第一日目

2015年昭和楼ツアー第二弾です。第一弾でゲットした優待券の誘いに乗って昭和楼に宿泊する、二日間にわたるツーリングです。
第一日目は展望台からの運動場を経由して、ねこ公園まで下ります。展望台で参加メンバーとの記念撮影。残念なことに曇っていて景色はイマイチです。


展望台直下の岩がゴロゴロしている厳しい道を下る越後屋さん。


この快適DHルートは初めての越後屋さん。珍しくパンクです。


再び五寸釘道を下り麓の街へ。今まで気が付かなかった稲荷神社にお参り。木の根が張った石の橋が渋くてイイ感じです。


昼食が置いてある駐車場に向かう県道わきに地蔵様が建っています。バックの梅林とマッチしています。


駐車場で昼食を取り、再び山登り。後半の最高地点から猫公園に下りるトレイルに、新しく作業道と思われるかなり厳しいスイッチバックの道ができていました。
こうなるとチャレンジしないと。2コーナーまではクリアできましたが、その後は残念でした。
写真は第一コーナーのテールホップです。


数々の分岐を進み最後、ゴール前の畦道を走るフランスさんです。ここの雰囲気は里らしくて好きな場所です。
走行距離14.5km 累積標高+470m -1084m


2本目はスタートは同じですが、下るエリアを変えます。展望台を裏から登ります。


お不動様に下って車道に出ます。ここの風景がイイです。


先週開拓したひょっとこ集落に下るテクニカルコースです。


こちらはフランスさん、快調に下ってます。これで第一日目は終了です。
走行距離3.5km  累積標高+94m -535m





テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/03/21(土) 08:18:52|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

お不動様 お参り道探索

雪の心配もなくなって来たので、いつもの山を越えて反対の尾根下りのコースを探索しました。
尾根を越えてハイカーさんで賑わう駅のそばの山道にデポし、山里まで舗装路を走って行く。
途中の集落に立派なクラの家がありましたので写真を撮りました。


車道の終点の山里に到着。沢の雰囲気が気に入ってます。


ここから山道の参道となります。踏み固められたいい道です。と思ったのもつかの間・・・・


中盤からは岩と浮石があって、なかなか手強そうな道です。下ると楽しそうです。


お不動様の車道に出ました。カラブキの屋根にトタンを葺いた空き家が山里の雰囲気を出しています。


廃業した茶屋跡を下から望みます。まるで清水の舞台?大袈裟か。


今日の最高峰の展望台から関東平野を望みます。ハイカーさんが20名ほどいました。


踏み固められた走り易いトレイルを下ります。コーナーや木の根を利用してテールホップの練習。どこでも出来るようにしないと! やり過ぎて疲れました。


分岐を3,4か所進み、この分岐で間違え下って行く。


尾根から沢道になって行く。無理な体勢からテールホップを敢行し、プチ転倒です。自転車を放り出し無事脱出。


民家が見えて分岐を間違ったことに気づく。標高差100mを引き返し、前述の分岐まで戻り、尾根道を走ります。
ここへきてこのエリアの特徴である木の根地獄が現れました。木の根の急坂をチャレンジするとハンドルが木に当たり転倒、自転車が上から落ちてきました。


尾根道のためアップダウンが続きます。この快適な道の先は小ピークの上りです。ちょっと気持ちが折れます。


尾根道から一気に下るポイントです。かなりの急坂です。以前だったら自転車を下りて下ったと思いますが、今は乗車して下れるんじゃないかと思えます。実際危なげなくクリアできました。体力は落ちてもまだまだスキルは上げられる。MTBって、そんな乗り物だと再認識した場所です。


予定した場所より手前で国道に出てしまいました。しばらくロード走りが続き、デポ地に到着です。
前半の上りのトレイルは下ると楽しそうです。
走行距離 18.4Km   累積標高 1077m

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/03/19(木) 22:40:57|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

寄り道とテレタマの二山を走る テレタマ編

二本目はテレタマエリアのおいしい中腹のみを走ります。
林道の路肩にデポして林道を上ります。単独のローディーが3,4台が下っていました。途中で目立たない巡視路の表示があり、入ってみます。巡視路独特の階段を上って行くと巨大な鉄塔が現れます。


この頃メインの尾根道にはマイナーな迂回路から入ります。この道が美しいので気に入ってます。


メインの尾根道に合流し、難所を数か所パスして一休み。


岩場を逆走します。なんちゃってテールホップ!!


急坂を下り峠に出ます。ここも何気に厳しいところです。気は抜いていないのですが、この日初めてのプチ転倒。
ソロだったので、その先の急坂を逆走してこのコースを終了しました。
走行距離:4.3km   累積標高差:316m

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/03/07(土) 16:31:01|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

寄り道とテレタマの二山を走る 柑橘山編

平日の忙しさと寒さでイベント企画の気力が減退。今回もソロでお気楽近場の山、二山を走ります。
1本目は寄り道の柑橘山を上ります。この山は先週走ったエリアと、もろ被りますが、今回のコースはほとんど違う道を通ります。
デポ地は物産館近くの駐車場。ここから集落の旧道を抜けて柑橘山に登ります。
山腹に点在する民家の脇の沢に、水神様を見つけました。大岩で隠れて今まで確認することができませんでした。


いつものように上りは自転車は押しに徹します。押しの間はハイキング気分で色々な景色や草花を眺めながら、楽しんでいます。
初めて通るお寺への道、沿道には梅の花が満開でした。僅かに香る梅の花と山里の風景に、ほっとした気分になります。


お寺に寄って、旧道を探します。境内裏から上部の集落に通じる旧道を見つけ、そこを登って行きます。柑橘畑の中のコンクリート舗装のシングルトラックです。登って行くと鳥の巣が落ちていました。手の中に収まるほどのかわいい巣です。


途中で集落のおばあちゃんにお会いして、しばらく地元の話を聞く。高齢化が進み、小学生は3名、中学生はいないそうです。


車道に出て集落内を通ると、確かにお年寄りばかりが目につきます。歴史上の大事件で、農民が決起した神社に到着。車道は大きく蛇行して上って行くため、昔の道標のある旧道を登ることに。倒木が多く、廃道寸前です。悪戦苦闘しながら旧道を進みます。


旧道をつないで、はっぱの峠に通じる林道に入ります。この先には記念植樹した落葉樹林があります。グリーンシーズンではヤブとなって不快な道も、今の時期は静かな里山道で、のんびり歩くことができます。


柑橘山直下北斜面の林道です。例年なら20cmほどの積雪がありますが、今年は全くありません。このままでいけば、早く1000m級の山に行けそうです。


柑橘山山頂です。ここからの下りが急で狭く、遊べます。コースとしては戻ってしまいますが、その価値はあります。


尾根の林道を下ります。行き止まりの林道なので、高速DHが楽しめます。今日はソロなので適度な速度でエコライディングに徹します。


このまま快適に下れると思いましたが、途中の竹藪で竹が集団で倒れており、万事休す! なんとか潜り抜けることができ、林道を走り終えました。この後、集落に戻り、先週と同じ難関スイッチバックにチャレンジして終わります。
走行距離:9.4km  累積標高:583m

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/03/07(土) 11:03:56|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

自転車のある風景 林道 影の先にある光の道

袋小路のほとんど走られない林道を上って行くと、檜の植林地の先には落葉樹林が広がっている。コントラストの差が落葉樹林が光の道に見えた。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/03/01(日) 22:02:35|
  2. 自転車のある風景 MTB親父版
  3. | コメント:0

FC2Ad

まとめ