FC2ブログ

山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

四国八十八ヶ所霊場車遍路 2019-0320-21 往路と65番-71番 午後の部

70番本山寺からは車で回ります。 重要文化財の仁王門です。


美しい五重塔と本堂です。


仁王門を額縁に見立て境内の風景です。


今日最後の7寺目、71番弥谷寺です。山の中腹にある公園の上部に71番の駐車場があります。本堂は駐車場から徒歩で15分540段の石段段を上ります。


表参道の石段を少し上ると、廃業となったお茶屋の廃屋を横に見ながら谷道を上って行きます。


沢に沿って上って行きます。


300段のぼったところに観音様が見えてきます。この裏にバスが通る裏参道が合流します。


境内に入る前に煩悩の数の108階段があります。


木々に囲まれた境内を抜けて本堂に向かいます。


本堂に行くにはまだまだ階段を上ります。


岩壁の手前に本堂があります。


本堂前から麓の景色を望みます。


太子堂へ向かう途中で多宝塔に寄ります。岩に掘られた階段に苔が生えて風情があります。


太子堂はお堂の中にあります。同じ堂内に納経所もあります。靴を脱いでお堂に入ります。 これで今日のお参りは終了です。


琴弾公園に戻り、寛永通宝を望む展望台に上ります。展望台に上る車道は高知の山道を彷彿させるような狭い急坂道です。時間は17:30、展望台には10名程いました。展望台から瀬戸内海を望むと、目の前に砂で作られた寛永通宝が見えました。周囲345mあるそうです。


徐々に陽が傾き、海面を照らしていました。 暗くなる前に展望台を下りました。上りが急坂でしたが、一方通行の下りは切り返さないと回れないコーナーもあったり、なかなか厳しかったです。


車中泊は道の駅「たからだの里環の湯」です。 ここの温泉で汗を流し、夕食は近所の食堂で取ります。
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/03/30(土) 15:58:36|
  2. 西国三十三観音霊場巡り
  3. | コメント:0

西国三十三観音霊場巡り 2018-1007 第三十三華厳寺

3回に分けて遠征した西国33観音霊場巡りもこの33勉華厳寺で満願となります。合わせて、秩父34観音霊場、坂東33観音霊場で二本100観音霊場が満願となります。
有料駐車場から本堂までの700m、門前町が続きます。さすがに満願寺のことはあります。往きは左側の店を見ながら、帰りは右側の店を見ながら歩きます。この舗装路は一般車は入れませんが、自転車はOKでしょう。今回は満願なので歩きにしました。


お土産街を抜けて山門にたどり着きました。石柱には西国第33番満願霊場とあります。風格があります。


山門を通って奥に本堂があります。ここの石段が少ないのですが、700m歩いた足には堪えます。ご老人も多くいらっしゃり大変そうです。幟が印象的です。


ここが本堂です。この中で御朱印を頂きます。ここは過去世・現世・未来世の3つの御朱印をもらいます。


現世の御朱印です。


過去世の御朱印です。


未来世の御朱印です。


狸の像が両脇にある階段を上って満願堂に到着です。お参りを済ませて記念写真を撮りました。今回初めてです。 
これから埼玉に戻ります。帰りは中央道辰野PAで車中泊です。

<参拝データ>駐車場-徒歩-33番札所-徒歩-駐車場
33番華厳寺 駐車料金400円

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/10/18(木) 23:02:36|
  2. 西国三十三観音霊場巡り
  3. | コメント:2

西国三十三観音霊場巡り 2018-1007 第三十番宝厳寺

体調不良の昨晩を過ごした道の駅浅井三姉妹の郷です。この道の駅は街中にあり、隣はパチンコ、コンビニもすぐそばにあります。ここのトイレは非常にきれいです。 この日はマラソン大会があるようで、係員と参加者が集まってきました。


8:00に琵琶湖汽船長浜港の連絡船乗り場に到着です。今日は出航するか係員に聞きます。今日も欠航だったら、一日ぶらぶら過ごさなければならなかった。無事出航するとのこと。多くの人が詰めかけています。


竹生島の往復乗船券を購入して、ふ頭を散歩します。近くのホテルを見ると、屋根に猛禽類がとまっていました。


この弁天丸に乗ります。約30分の乗船となります。


9:00長浜港から出港して、竹生島へ向かいます。途中、釣り船に出会いました。


竹生島は遠いです。全く見えません。出航してから30分、やっと竹生島らしき島が見えました。先頭の席なので良く見えます。


竹生島に到着です。波止場からすぐに神社の境内になります。先を争って参拝者が入口に向かいます。


舟の中で御朱印をもらうのに2時間かかるとの話を聞いたので、この急な階段を急いで上ります。もう心臓がバクバクです。


とりあえず納経所で御朱印を頂きます。待ち時間は15分くらいでしょうか。これからゆっくりお参りをします。境内から波止場が見えます。丁度、今津港からの連絡船が着くところです。


本堂でお参りをします。


御朱印です。


写真の重要文化財の船廊下を渡り、国宝の都久夫須麻神社に向かいます。


龍神拝所から、岬に建てられた鳥居をくぐれば願いが叶うと言われるかわらけ投げ。これは有名ですね。


11:00に長浜港に出航です。


長浜港に戻り、折角だから持参した年金車で長浜をポタリングします。


秀吉が最初に城主になった長浜場です。コンクリートで再現された城です。


長浜城のある豊公園を散策します。海にも出られます。


連絡船の中で長浜の観光名所の案内があって、訪れたのが旧長浜駅。日本最古の駅舎だそうです。これから33番に向かいます。

<参拝データ>長浜港-連絡船-竹生島 30番札所-連絡船-長浜港
30番宝厳寺 拝観料400円 (乗船料 往復3070円)

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/10/16(火) 23:20:39|
  2. 西国三十三観音霊場巡り
  3. | コメント:0

西国三十三観音霊場巡り 2018-1006 第三十二観音正寺

観音正寺の裏参道の駐車場までは無料で上れ、ここから1Kmが有料道路となります。歩いても行けると料金所のおじさんが言っていましたが、歩きも同じ道を歩くということで、それなら車で行った方がいいのでそのまま走りました。道幅が狭く、対抗できないところが多いです。駐車場からこの道を600m歩きます。


帰りで紹介しますが、33の格言が掲示されています。それを読みながら歩いていくと、歩く距離は苦になりません。道端にはこのような石碑が立っています。


山萩が咲いていました。


山門はなく仁王像が出迎えてくれます。ここも入山料が必要となります。


一番奥に本堂があります。それより目についたのが、右側の山腹に積み重ねられた石です。


本堂で御朱印を頂きます。


境内から望める景色です。


帰路、再び格言の木札を眺めながら駐車場へ戻ります。

<参拝データ>駐車場-徒歩-32番札所-徒歩-駐車場
移動距離 2.0km  累積標高 ±103m  所用時間 1時間02分  32番観音正寺 入山料500円 (専用道600円)

時間がありましたので近江八幡の八幡掘を見に行きました。この八幡掘は時代劇のロケ地として知られ、水戸黄門、遠山の金さん、銭形平次、暴れん坊将軍 、必殺仕事人等々、時代劇ファンの親父としては堪りません。八丁堀公園の駐車場に駐車して歩きます。


全長4.7Kmの八丁堀の一部を歩きます。まずは掘り沿いの遊歩道を歩きます。掘り沿いには雰囲気のある店が立ち並びます。ここまで天気はもっています。


途中から土砂降りで民家の軒先で雨宿りです。


雨の中を和船が通って行きます。 ビニール合羽ではなく蓑を着ていれば風情があるのに残念です。


八幡掘りを離れて大通りに出ると、古い建物があります。


日帰り温泉として姉川温泉に入りました。入館料は785円と中途半端ですが、雰囲気・設備とてもコストパフォーマンスの高い日帰り温泉です。ここはお勧めです!!
  1. 2018/10/11(木) 23:22:14|
  2. 西国三十三観音霊場巡り
  3. | コメント:0

西国三十三観音霊場巡り 2018-1006 第三十一番長命寺

第三日目は車中泊地道の駅おばま 若狭からスタート。その前に車の中を片付けていると、地元のおじさんが声をかけてきて、このおばまの土地がらを話してくれました。 ここはトラックが少なく、静かに休むことができました。
予定では30番竹生島の宝厳寺ですが、台風の影響で連絡船が出航するか気になりますが、とりあえず6:00に道の駅を今津港を目指して出発します。


走っている間に雨が降ってきました。ちょっとまずいな! 途中に鯖街道の熊川宿の案内板があったので寄ってみることに、雨が本降りでじっくり見られなかったのが残念でした。 早朝だったので歩いている人は誰もいませんでした。


連絡船の営業時間は9:00なのでまだ時間があります。そこで近くの名所を検索したところ、マキノ高原の全長2.4kmのメタセコイヤの並木がヒットしました。実際に現地へ行って見ると、高評価だけのことはあり、素晴らしいです。1か月後の紅葉の時はさぞきれいだろうと思いました。ここも7:30朝早く、車はほとんど走っていないため、こんな写真が撮れます。


8:00過ぎまだ早いと思いましたが、琵琶湖汽船の今津港連絡船乗り場に行くと、係員が台風のため終日欠航ですとの案内、ガーン!! 今日は30番へ行けない。 そこで予定を変更して今日は琵琶湖東岸の31番と32番を行くことに。明日30番に行くとしたら長浜港からになるので、船賃が上がります。(涙
有料の琵琶湖大橋を渡って東岸へ、北上して31番へ向かいます。時おり本降りとなります。 ここもマイクロバスまで通行可の山道です。上り詰めたところが31番の駐車場です。800段ある参道のあと200段のところに駐車場があります。


駐車場からでも急な階段が残っています。ご老人には大変そうです。帰りの下りは気をつけないと危ないです。


雨が降っているため三重塔がガスって見えます。 


鐘楼から本堂を映します。雨がいい雰囲気を醸し出しています。・・・自分ではそう思う。


本堂で御朱印を頂きました。


折角800段ある階段を少しでも味わうように、駐車場より下まで階段を下って行きました。 なんと駐車場までの200段の階段はちゃんと整備されていますが、その先は荒れ放題で石段が歩きにくいです。しかし、石仏や祠、土塀などがあり、見所がいっぱいです。さすがに435段下ったところで戻るのが大変なので戻ります。


<参拝データ>駐車場-階段:徒歩-31番札所-階段:徒歩-駐車場
移動距離 1.3km  累積標高 ±123m  所用時間 0時間49分  31番長命寺 入山料無料 (駐車無料)
  1. 2018/10/09(火) 16:56:17|
  2. 西国三十三観音霊場巡り
  3. | コメント:0

西国三十三観音霊場巡り 2018-1005 第二十九松尾寺

阿蘇海沿岸をぐるっと周ったためこんな時間に昼食です。14:30道の駅海の京都 宮津に車で来ました。駐車場が道の駅としては珍しい立体駐車場です。


おさかなキッチン内の山一水産で限定山一定食を食べました。いろいろな魚料理が食べられて満足です。ただ期待していた煮物の食べるところが少なかったのが残念です。


遅い昼食を取り、次の29番札所へ向かいます。そこまでは京都縦貫自動車道で約1時間です。一般道から29番に通じる道は道が狭い山道で、マイクロバスまでが通行可です。・・・大型観光バスでの巡礼ツアーの場合はどうするのだろう。
車で29番のすぐ下の駐車場まで行けます。ただし駐車料金が必要です。お寺近くには民家もありますが、ほとんど空き家のようです。


駐車場から2分で、山門前に到着します。山門前の階段脇には水が落ちるようになっていました。山門から本堂に至る階段は。水が流れる音がずっと聞こえます。


急な階段を上り切ったところに本堂があります。


こんな急な階段です。手すりがないと下りるのが危ないです。


御朱印は階段を下り、山門脇の社務所にあります。


社務所から下って山門を斜めから見ます。


今日の予定の28/29番をまわりましたので、今晩御車中泊地の小浜市へ向かいます。まずは日帰り湯の濱の湯へ。防波堤から見た若狭湾の夕日です。


日帰り温泉の濱の湯は3階建ての立派な立ち寄り湯です。市営です。三階にあります。


<参拝データ>駐車場-徒歩-29番札所-駐車場
移動距離 0.9km  累積標高 ±56m  所用時間 0時間32分  松尾寺 入山料無料(駐車料金500円  )
  1. 2018/10/09(火) 14:19:22|
  2. 西国三十三観音霊場巡り
  3. | コメント:0

西国三十三観音霊場巡り 2018-1005 第二十八番成相寺

10月4日夕方に自宅を出て関越/信越/中部縦貫道を経由して一般道へ、新和田トンネルを通って信越道をショートカット、再び中央道に乗り内津峠PAで車中泊します。高速道は無理に走らず、いつもと同じ時間に睡眠をとることが長い車中泊には大事なんです。 内津峠PAはトラックのアイドリングがうるさかったです。


名神から 舞鶴若狭自動車道へ。福井県に入り三方五湖PAで休息。ここは福井県を代表する名所の三方五湖を望むことができます。 


このPAから京都縦貫道路から28番札所の天橋立に進みます。天橋立のGSで給油のかたわら駐車させて頂きます。道路を隔てて目の前が天橋立です。


天橋立の南西の門前のお土産街です。平日とまだ10:44と早いので観光客は少ないです。


廻旋橋を渡り右側の天橋立に入ります。50cc以下のバイクなら通ることFができます。


橋を渡ったところで神事の音が聞こえます。カメラを向けたときには神事が終わり獅子頭をまとった人が次に回るところでした。残念でした。


全長2.8kmの砂嘴である天橋立。浜にも出られます。


天橋立を歩き通すのは大変です。やっぱ自転車が最適です。遊歩道は若干砂まじりなので、MTBが一番いいです。北側の陸地に着いたところでリフト乗り場の隣の大谷寺に向かいます。


その裏手にリフトの上部終点の傘松公園に上る遊歩道があります。 ここは階段でした。500段はあるかと思います。幸いコンクリート階段なので、MTBを押し易かったです。しかし季節外れの夏日で暑かったです。


11:33あの有名な傘松公園からの股のぞきに挑戦です。なんとも不思議な風景です。


そこから1.1km先に28番札所があります。途中で昼食している幼稚園児達に激励されてロードを上って行きます。日陰がなくて暑い!熱中症になりそうです。(泣


道端に山萩が咲いていました。癒されるな〜。


途中、道路が1/3ほど崩れているところがありました。登山バスは休止中らしいです。 山門に到着しました。山門下で休憩していた地元の作業員の方と雑談をして、28番札所のことについていろいろ教えてくれました。


この五重塔は平成に再建された均整の取れた美しい建物です。池に映る五重塔がBESTと教えてもらいましたが、風が吹いてさざ波が立ってダメでした。


本堂に上るところで入山料を徴収する場所がありましたが、そこの坊さんが親父が自転車で登って来たのが分かると、大変だったから入山料はいらないよと、免除してくれました。本堂はここから歩いて5分程度です。


御朱印は本堂内で頂きます。


本堂から出てくると丁度京都府警の警官3名に会いました。パトロールですか?と聞きましたら、あそこに置いてあった自転車の方ですか、時節柄自転車旅行は怪しまれそうでしたが、特に職務質問は受けませんでした。(笑


お参りが済んで帰ります。ほんとはダートを下りたいのですが、そんな道がないので車が使う舗装路を下ります。途中にこんな風情のある水場がありました。


下って阿蘇海に出ます。しばらく海岸沿いを走ります。海に細い桟橋が掛っています。何に使うんでしょうか?


川がそそぐ河口には水鳥が休んでいました。望遠で撮りました。


阿蘇海をぐるっと周ります。これがかなり長いです。


天橋立駅近くでお祭りで神輿の担ぎが見られました。もう少してゴールの駐車場です。


<参拝データ>デポ地(GS)-自転車-天橋立-自転車-大谷寺-階段:自転車押し-傘松公園-自転車-28番札所-自転車-阿蘇海沿岸自転車道-車道-デポ地
移動距離 21.4km  累積標高 ±465m  所用時間 3時間11分  成相寺 入山料自転車免除 デポ地 ゼネラル天橋立SS駐車場
  1. 2018/10/09(火) 11:33:58|
  2. 西国三十三観音霊場巡り
  3. | コメント:0

西国三十三観音霊場巡り 2018-0416 第二十番善峯寺

3日目の一番最初は京都左京区の20番を巡ります。あらかじめチェックしていた明治池の下、竹藪の脇にデポします。Google Earthで確認したときはそんなに辺鄙なところではなかったはずだが・・・いざ現地に行って見ると車一台通れるコンクリート道で急坂。竹藪に囲まれたところでした。


20番に続く車道へ向かうコンクリート道です。写真ではわかりませんが、めちゃ急坂で愛車のスパイクでは途中で停車したら上れないでしょう。とんでもないところに来てしまった感じがします。


集落のメイン通りを20番に向かって上って行きます。雰囲気がイイですね。


2km上ったところでバスの駐車場に着きます。ここから本来の参道へ入ります。団体さんはここから上って行くのでしょうか。朝早いため誰もいません。


参道は九十九がしばらく続きます。新緑がきれいです。この九十九、おじいちゃん・おばあちゃんには辛いですよ。標高差50mです。


山門に到着です。ここで入山料を納め、境内に入ります。


観音堂が見えてきました。先客の巡礼者がおりました。不思議なことに別々に般若心経を唱えていました。


観音堂です。


20番西山善峯寺の御朱印です。


日本一の五葉松と言われる遊龍の松です。樹齢600年以上、全長37mです。たしかに立派です。


釈迦堂と枝垂桜です。


阿弥陀堂からの下りです。


多宝塔と経堂です。見所が多くてアップできません。


<参拝データ>デポ地-自転車-善峯寺-自転車-デポ地
移動距離 5.6km  累積標高 ±376m  所用時間 1時間44分  善峯寺 入山料500円 (駐車料金500円) デポ地 明治池下部

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/04/29(日) 22:11:37|
  2. 西国三十三観音霊場巡り
  3. | コメント:0

西国三十三観音霊場巡り 2018-0415 第二十一番穴太寺

15番から車移動で今日の車中泊地の道の駅ガレリアかめおかに向かいます。京都市街から亀岡市へ。郊外の風景になってきてほっとしています。道の駅とその周辺をチェックして、時間があるので明日の予定である21番を巡ります。ここから自転車で向かいます。


メイン道路から裏通りに入ります。旧家の裏の風景、良いですね。


畑の中の道を走って行きます。左奥に見える集落の中に21番があります。


集落内を走ると21番穴太寺に到着します。すっかり集落になじんでいて、好感が持てます。山門の奥に本堂が見えます。山門の横に自転車を置きます。


境内に入ると左手に立派な多宝塔があります。ただいま補修中です。


派手さはなく、落ち着いた雰囲気を持つ本堂です。


21番菩提山穴太寺の御朱印です。


境内の藤が咲いていました。今シーズン初めてみました。


お寺の塀に沿って集落内を走って行きますと、土塀の先にトタンで覆った茅葺の家の風景、良いですね。 集落を過ぎると来た道を帰ります。


<参拝データ>デポ地-自転車-穴太寺-自転車-デポ地
移動距離 5.8km  累積標高 ±90m  所用時間 0間51分  穴太寺 入山料無料 駐車なし (私営駐車場利用) デポ地 道の駅ガレリアかめおか

立ち寄り湯として使った湯の花温泉渓山閣です。さすが格式のある旅館で、お風呂の設備も立派です。


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/04/29(日) 15:09:10|
  2. 西国三十三観音霊場巡り
  3. | コメント:0

西国三十三観音霊場巡り 2018-0415 第十五番観音寺-十九番行願寺

14日昨晩から雨が本降りとなって、今日15日午前中までは降り続くというあいにくの天気。今日は予定では自転車でのお寺周りでしたが、雨なので歩きとなりました。徒歩の距離は8km、雨を予測して昨日回り道となる清水寺を巡ったので、少しは距離は短縮したと思います。しかし雨の中の歩きは気持ちが萎えます。
昨日デポした駐車場のお寺はまだ拝観時間になっていないので、次の17番に向かい、最後に拝観させてもらいます。
昨日自転車で走った通りを歩きます。この門をくぐって坂を下り、東大路通りに向かいます。8:15ごろ


東大路通りに出てアーケードの商店街を平安神宮方面に歩きます。人はほとんどいません。


アーケードが切れると雨が傘に当たる音がうるさく聞こえます。昨日の清水寺から戻ってきた時の人の多さがうそのように、人がほとんどおらず静かです。


17番に入る通りを間違え、行き過ぎてしまいました。近くの路地に入って17番に向かいました。その路地の雰囲気がイイので撮影しました。


この路地を過ぎると17番六波羅蜜寺に到着します。住宅街にあってこじんまりとしています。受付で拝観料を納めて本堂に入ります。


17番補陀洛山六波羅蜜寺の御朱印です。


雨で拝観料を収めたとき、雨の音で宝物館の入場券も兼用になっていたことを聞き洩らし、宝物館に入らず行ってしまいました。ここには有名な空也上人立像(口の中から6体の阿弥陀様が出てくる像)があったんです。非常に残念です。
それを知らずに出入口(ここには山門がない)で無事蛙を撮影して、17番を後にしました。(涙


鴨川を渡ります。四条大橋の一つ下流の橋です。


鴨川を渡ってすぐ、小さな高瀬川に架かる石橋から見た路地です。狭い路地に飲食店が続きます。


四条通りと河原町通りの交差点です。道幅が広いです。街中に入った感じがします。


ビルに囲まれた18番に到着しました。今日は行事があるそうで、参拝の方が異常に多いです。


まさに六角堂です。


18番柴雲山頂法寺 六角堂の御朱印です。


境内には華道の池坊の生け花が展示されていました。


19番に向かう途中、蛸薬通りの風景です。もしかして芸子さんの置屋ですかね。


スマホナビの方位がおかしくなって少し迷いましたが、19番行願寺に到着です。


ここも街中のお寺だけあって、境内は本堂のみです。


19番霊ゆう山行願寺 革堂の御朱印です。


お参りをを済ませ、デポ地に戻ります。帰路は電車を使います。本当はバスの方が効率がイイのですが、乗り方が分からないので安全パイの電車を使います。丸太町通を通り駅に向かいます。この先は三条大橋です。


はい、ここが三条大橋、鴨川です。


三条大橋を渡り、左に京阪電車神宮丸太町駅があります。地下駅ですね。


京阪電車は神宮丸太町駅では地下でしたが途中から地上に出ます。5つ目の東福寺駅で降ります。


駅に着いたのが丁度12時だったので、駅前の食堂”かぶき”で昼食を取ります。今日は時間的に余裕があるので、昼食時間を多めにとることができました。


駅前の通りを歩いて15番に向かいます。


東大路通と九条通が交差するところに15番の参道の標柱があります。 ここは昨日から何度通ったのだろうか。


15番行願寺の入口となります。下って行きます。


下り切った先に鳥居橋があります。沢を越えるために一旦下るんですね。上り返すとその先に本堂があります。


ここは入山料はありません。本堂でお参りを済ませます。境内は広いのですが、外観で予想してたより建物は多くはありません。


15番新那智山観音寺 今熊野観音寺の御朱印です。


駐車場からの門から出ます。まだ桜が咲いています。これで京都市中心部の札所をまわり終えました。車で回るには一番ハードルの高いエリアだったので、正直ほっとしました。


<参拝データ>デポ地-徒歩-六波羅蜜寺-徒歩-六角堂-徒歩-行願寺-徒歩-京阪電車(神宮丸太町駅-東福寺駅)-徒歩-観音寺-徒歩-デポ地
移動距離 13km  累積標高 ±254m  所用時間 4間32分  六波羅蜜寺/六角堂/行願寺/観音寺 入山料無料 駐車観音寺以外不可 観音寺料金無料

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/04/29(日) 07:03:37|
  2. 西国三十三観音霊場巡り
  3. | コメント:0
次のページ