山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

自転車で行く坂東三十三観音霊場巡り 千葉編(32番清水観音 33番那古寺)

坂東三十三観音霊場巡りもあと2カ寺となりました。雨が降って自転車を使うことはできませんが、16年度中に結願する計画なので、今日実行しました。
3時に自宅を出て8時に三十二番の清水観音に到着。雨は本降りになり、傘を差さないと外に出られません。
ここは駐車場からダムに向かうシングルトラックです。
2016-0319-0001

このシングルトラックを駐車場に出るところです。
2016-0319-0002

清水観音の観音堂から四天門を望みます。境内はそんなに大きくはありませんが、たくさんの建物があります。
2016-0319-0003

三十三番の館山に向かう途中、音宿の月の砂漠公園に寄ってみました。
2016-0319-0004

砂浜にラクダの像があります。
2016-0319-0005

三十三番結願寺の那古寺です。ここには多宝塔があります。
2016-0319-0006

観音堂です。土砂降りで雨で暗くなっています。
2016-0319-0006

結願証明書を作ってもらいました。 これで終了です。
2016-0319-0006
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/03/19(土) 22:49:05|
  2. 坂東三十三観音霊場巡り
  3. | コメント:0

自転車で行く坂東三十三観音霊場巡り 千葉編(31番笠森観音)

今日最後の観音様は長南町の笠森観音です。ここの観音堂は日本で唯一の建築様式「61本の柱で支えられた四方懸造」です。
鶴舞公園の駐車場にデポして笠森漢音に向かいます。
和光大学の研修所がある最短距離の道を走って行きます。車は全く通りません。こんな手掘りのトンネルがありました。


トンネルを抜けると切通の道になります。シダ植物が生え、山奥に来た感じがします。


寂しい通りから県道に入り、トンネルを抜けると笠森観音の駐車場があります。ここに自転車を置いて女坂を上って行きます。


女坂です。参道は古いですが、観光客用にコンクリート舗装と手すりがあります。


直に笠森寺の仁王門に到着します。その先に観音堂が見えます。


大岩の上に立てられた観音堂は迫力があります。


外の急な階段を上って最上階に上ります。納経所はこの観音堂にあります。


観音堂の裏に遊歩道がありました。歩いて探索です。掘割の感じの良い古道です。途中の水天宮まで歩いて行き、戻りました。


観音様のお参りを済ませ、往きと別ルートで戻ります。


鶴舞不動尊です。庇が非常に大きいです。


ゴールの鶴舞公園です。これで今日の予定はすべて終わりです。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/02/28(日) 20:57:02|
  2. 坂東三十三観音霊場巡り
  3. | コメント:0

自転車で行く坂東三十三観音霊場巡り 千葉編(30番高蔵寺)

車で国道16号を南進して木更津に向かいます。
かずさアカデミアパーク内の鎌足さくら公園にデポします。


デポ地の公園から5分で高蔵寺に到着です。
大きな本堂です。本堂からはご本尊様を拝むことはできませんが、地下からご本尊様の足元から拝むことができます。きれいでした。


納経を済ませてから、旧参道を探しに駐車場を探索します。急斜面で見つかりません。車道を進んで売店の駐車場の奥でシングルトラックを見つけました。雰囲気はイイのですが、参道とは違うようです。残念!!


車道に出てデポ地に向かって走ると、高蔵寺の建つ丘に向かって荒れた道がありました。そこを走って行くと参道らしき大きな石段がありました。その先は高蔵寺に向かう車道です。参道は車道で寸断しています。


車道を横断したその先に土に埋もれそうになっている石段を見つけました。だれも上った形跡がありません。その先には駐車場のガードレールが見えます。旧参道は廃道になっていました。悲しいですね。


この石段の脇に坂東三十番の石碑が建っています。


旧参道が見つかったので、車道を下ってかずさアカデミアパークに出ます。そこからデポ地までは歩道を走ってゴールしました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/02/28(日) 12:23:31|
  2. 坂東三十三観音霊場巡り
  3. | コメント:0

自転車で行く坂東三十三観音霊場巡り 千葉編(29番千葉寺)

坂東三十三観音霊場結願まであと五カ寺となりました。今回は千葉県の三寺を巡ります。
ここまで来ると日帰りはかなりきつくなるので、輪行は避けて寺の旧参道とその周辺を自転車で周ることにしました。
今日の始めの寺は千葉市の千葉寺(せんようじ)です。自宅を5時に出て千葉寺に着いたのが8時、納経まで時間があるので周辺を走ります。 ここは千葉寺の駐車場です。本堂の裏が駐車場になっています。非常に分かり難いです。


まず最寄り駅の京成電鉄その名も千葉寺駅です。高架の駅です。


大通りに出ました。旧車道だったと思われる歩道です。2車線はあるような道路の幅です。どこを走ったらよいか迷います。広すぎます。


直ぐ近くの青葉の森公園に来ました。千葉市を代表する公園でしょうか、広くいくつかのテーマに沿って作られています。ここは彫刻の広場です。


同じく青葉の森公園内の梅林です。七分咲きといったところでしょうか。写真を撮る人もおりました。


そろそろ納経開始の時間になりますので、本来の旧参道を探しながらお寺に向かいます。この周辺は造成したところが多く、袋小路になっている場所が何か所かありました。


丘を越えると小さな路地を見つけました。ここから千葉寺の仁王門に向かって一直線でつながっています。車が通れない幅なので、参拝客は徒歩に限られます。


竹林の先に仁王門が見え、門の奥に本堂が見えます。この周辺のお宅は凄く立派です。


道を隔てて仁王門が建っています。


境内に入ります。千葉寺のシンボル、幹回りが8mもある大銀杏の奥に見えるのが本堂です。お参りを済ませて次に向かいます。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/02/28(日) 01:51:32|
  2. 坂東三十三観音霊場巡り
  3. | コメント:0

自転車で行く坂東三十三観音霊場巡り 千葉/茨城編(銚子その2)

観音駅に戻りました。変わった形の駅舎です。それより道路に建っている駅の看板は、'TAIYAKI'が2/3を占めています。


小さな駅舎ですが、看板の通りたい焼きを売っていました。腹がへっていたので黒豆たい焼きを購入、食べました。形は一般のたい焼きより小さめですが、厚さは1.5倍あります。アンが美味しかったです。 バックは駅構内の看板です。この看板も藤工務所の方が大きいです。 銚子電鉄の営業努力がうかがえます。


これが終点の外川駅までの切符です。懐かしい厚手の切符です。


もう、新しい輪行袋で自転車を包む方法に慣れてきました。2両編成の電車が来ました。


電車に揺られて外川へ。ガラスがセピヤ色になっています。 女の子の車掌が検札に来ました。ワンマンじゃないんです。今度は銚子商高の生徒がメロンパンとアイスを売りに来ました。それが地元の方々から支持され、売れています。


終点の外川駅に到着です。またこの駅舎がレトロです。


駅舎内はこんな感じです。


駅から浜に向かいます。坂を下ると海と言うシチュエーションがイイですね。路地の先に海が見えます。


外川漁港に到着です。漁船がたくさん係留されています。銚子漁港では漁船をあまり見られなかったので、新鮮でした。


そこから犬吠埼に向かいます。県道をそれて、海岸線沿いを走って行きます。


犬吠埼灯台に着きました。灯台をぐるっと周ってデポ地のしおさい公園に到着です。11:30です。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/12/23(水) 15:44:03|
  2. 坂東三十三観音霊場巡り
  3. | コメント:0

自転車で行く坂東三十三観音霊場巡り 千葉/茨城編(銚子その1)

早朝3:00に自宅を車で出てデポ地の犬吠埼へ。予定は犬吠埼の公園にデポし、ここから自転車で銚子の27番円福寺まで走り、その後はユニークな銚子電鉄で帰って来る計画です。
8:00前に屛風ヶ浦の刑部岬に到着。海を眺めると日の出後の太陽の光が海に照らされ、荘厳の感じで感激しました。


犬吠埼を下り、君ヶ浜しおさい公園の駐車場にデポします。ちょっと寒いです。8:10海岸線に沿って県道を走ります。砂浜から磯浜に代わって行きます。


いくつかの海辺の町を抜けて銚子漁港に着きました。魚のにおいがします。道路に魚のにおいが付いているようです。初めに漁船が見えるかと思いきや、海上保安庁の巡視船が係留されていました。機関砲が威容です。北朝鮮のスパイ船を打っていた映像を思い出しました。


9:07 納経受付時間開始に合わせて銚子観音の本堂に到着しました。 なかなか派手な看板です。


仁王門・本堂・五重塔、観音駅があるように規模が大きく、しかもきれいです。本堂で納経を済ませます。円福寺はちょっと離れています。


帰りの銚子電鉄の電車は10:27でまだ1時間以上もあるので、銚子駅まで走ってみようと思います。線路に沿って走ります。


すると銚子電鉄の車両基地がありました。すごく古い(これでも走る?)車両がありました。黄色の車両はイルミネーションが取り付けてありました。


隣の仲ノ町駅です。 パールショップの中に駅があるようで、入りにくい駅って初めてです。(笑


チョット走ると銚子駅に到着しました。駅前で記念撮影。あと30分、銚子駅から乗ってもいいのですが、やっぱ雰囲気のある観音駅で乗りたいので戻ります。


違う道を走っていたらヤマサ醤油の工場がありました。確かに銚子と言えば醤油でしたね。ここの工場売店でしょうゆソフトクリームを食べました。これはコクがあってうまかったです。

・・・観音駅からはその2で始めます。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/12/23(水) 15:05:48|
  2. 坂東三十三観音霊場巡り
  3. | コメント:0

自転車で行く坂東三十三観音霊場巡り 栃木/茨城編(その2)

予定通り20番を巡り、真岡鐡道で再び下館駅に戻って来ました。ここでJR水戸線に乗り換え、笠間駅まで輪行します。水戸方面に行く乗客はほとんどいません。平日の昼間ですからね。


車内はガラガラです。車窓からは筑波山であろう独立峰が見えます。里山の紅葉が次々と目に入ってきます。いい時期です。
単線の悲しさです。反対方向の電車が遅れて途中駅で電車待ちになりました。23番の納経時間に昼休みがあったら厳しくなってきました。(汗
笠間駅11:40着。23番に向かいます。


両替でコンビニに入ったのが失敗で、レジがとまどり時間のロス。23番の駐輪場に置いて階段を速足で登って行きました。結局3分、納経時間に間に合いませんでした。(泣
仕方なく昼休みの1時間ゆっくり過ごすことに。境内をまわると紅葉スポットが見つかりました。それがこの写真です。


一旦石段を降り、市営駐車場のベンチで昼食を取ります。温かくて気持ちがイイです。昼食後は近くの城址公園に上ってみました。ここの紅葉がきれいでした。


笠間はよく耳にしますが、何だったっけ?と思いだしたら笠間稲荷だ! では笠間稲荷神社に行って見ようと市内をまわりました。神社近くの商店街に来ました。


参道の仲見世には御馴染の陶器のお狐様や神棚が売られておりました。山門をくぐり本殿へ。さすが日本三大稲荷と言われるだけあって大きいですね。参拝者は平日ということもあって、まばらでした。


そろそろ納経時間になりますので、再び23番に向かいます。この急な石段を上ります。


23番正福寺は本堂以外は再建されていないようで、ちょっと寂しいです。本堂自体も他寺に比べて小さいです。本堂に入って御朱印を頂くことに。そこでこれまでに経験したことのない対応して頂きました。対応して頂いたのは尼さんでした。ご本尊横の机に対面して御朱印を頂きます。目線が同じ位置なので面接しているようで恥ずかしかったです。最後に十句観音経を唱えて頂いてから納経帳を受け取りました。 いやあ驚きました。本当にご利益がありそうです。感謝です。



これから自走で24番を経由してデポ地の下館に向かいます。昼休みの1時間の遅れが出たので、ちょっと焦ります。
国道50号とその旧道を走ります。風が若干向かい風で進みが遅いです。


笠間を出るところに巨大な鳥居がありました。これは笠間市が作ったんでしょうか。神社名ではなくて笠間とあります。


筑西市の24番楽法寺別名雨引観音の近くまで来ました。車道ではない徒歩コースに入ります。


徒歩コースは参道だったんです。ただ、参道は人が通った跡がないくらい、荒れています。自転車を押して上って行きます。


24番は山の中腹にあり、景色がいいお寺です。山門、多宝塔、本堂、社務所に休憩所と規模が大きいです。特に多宝塔は素晴らしいです。


社務所から望む日が傾いた筑波山ろくの景色を望みます。晩秋の景色に浸っている時間がありません。早速石段を下って自転車を走らせます。


帰りのコース、分かりやすさを考え、一旦国道50号に出て下館に向かう予定でしたが、距離が長くなるので県道をつないで下館に向かうことにしました。


横からの陽を受けて筑波山が美しいです。次回はそちらになります。ペダルを漕ぐスピードが上がります。


夕焼けがきれいです。もうすぐ日が暮れます。やばい!あと5Kmはある。


丁度17時にデポ地の公園駐車場に着きました。実際はもっと暗いです。疲れましたが、3寺まわれたので満足です。 今日の自走距離は50Kmです。 デポ地からの移動距離は200kmを越えます。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/12/04(金) 23:54:49|
  2. 坂東三十三観音霊場巡り
  3. | コメント:0

自転車で行く坂東三十三観音霊場巡り 栃木/茨城編(その1)

先週の札所巡りは無計画で行ったので、効率が悪く2寺しか回れなかったのを反省して、一週間前からスケジュールを組みました。
当日早朝に出発し、デポ地の下館の下岡崎近隣公園には7:00に到着です。やっと日が上ってきました。


下館駅から真岡鐡道で輪行して益子駅まで行きます。始発駅の下館駅にワンマンカーの一両編成の電車が入ってきました。きれいな電車です。時間的にはラッシュなんですが、余裕があります。


益子駅に到着です。駅には大きなツボが飾られていました。さすが陶器の街です。


20番西明寺に向かって走り始めます。里山の風景です。小川の感じがイイです。


芳賀青年の家の分岐を過ぎて坂を上って行きます。・・・自転車を押してですが
道路わきのカエデの紅葉が素晴らしいです。


駐車場に自転車を止めて、納経所のある社務所の前を通り、参道の階段を上って行きます。


古木の中を上って行くと、次第に西明寺の全体が見えてきました。左が三重塔、右が楼門です。その先に閻魔堂と本堂、その規模に驚きです。


本堂でお参りをしてから本堂を一周すると、裏は落ち葉で黄色の絨毯になって、古刹の雰囲気が出ていました。


朱印を頂き下りは別コースで山を下ることにしたのですが、その道が大失敗、MTBでないと下れない荒れ道。
この自転車には悪いが根性で下り、その先は藪漕ぎ、最後は写真の畦道に出ました。いやー参りました。


田圃の広がる道を走り、益子の街中に入りました。商店街をゆっくり走っていると、金物屋の店先にこんな竹細工が売っていました。お土産ではなく、まだ需要があるのだと実感しました。


益子と言えば陶器、やはり陶器店がありました。


益子駅に着きました。新しいきれいな駅舎です。まだ電車まで時間があるので、駅前のベンチで中間食を食べます。日向はちょうどよい陽気です。


益子駅の改札の前にはこのような益子焼の壺が展示してあります。


10:08電車が来ました。これから下館駅に戻り、茨城県の笠間市にある23番正福寺に向かいます。・・・その2に続きます。
  1. 2015/12/04(金) 22:02:26|
  2. 坂東三十三観音霊場巡り
  3. | コメント:0

自転車で行く坂東三十三観音霊場巡り 茨城二カ寺編

しばらくぶりの坂東札所巡りです。今日は常陸の国、茨城県の21番と22番を巡ります。
自宅からデポ地の那珂市まで約200km、遠いです。
デポ地は静峰ふるさと公園第二駐車場です。ここからスタートします。


JR水郡線の駅まで自転車で走ります。田圃地帯を走ります。麦を植えているのか、芽が出ています。


JR水郡線の無人駅の静駅に到着です。これから21番日輪寺に向かうために輪行します。輪行袋に入れます。今回は手を抜いて袋を被せるだけです。


少し遅れて電車が来ました。ワンマンカーです。初めての体験です。整理券を撮るのを忘れてしまいました。この列車は次の常陸大宮駅どまりでした。


常陸大宮駅から先は約45分程度待ち時間があるので、一駅ぐらい自転車で走ってみようと思い、駅で精算して隣の駅を目指して走り始めました。
結局道に迷い、時間が無くなり、予定を変更して22番佐竹寺まで自走で行くことにしました。国道118号を走り瓜連まで戻ります。


県道61号に入り22番を目指します。大きな久慈川を渡ります。この川は自然が良く残っています。


22番に到着です。お寺は県道沿いにあります。この山門はペンキ塗り立で、色鮮やかです。


ちょっと納経所で時間が掛りましたが、無事朱印を頂きました。納経所を出て本堂を見ると素晴らしいんです。紅葉と池の先に茅葺の屋根の本堂です。


22番を出て再び県道を戻ります。途中で気になる光景があります。田圃の人区画ごとに小さな小屋が建っているんです。ポンプ小屋でしょうか。このエリアには、こんな光景がたくさん見られます。


再び駐車場に戻って来ました。21番日輪寺に行けるかどうか、ナビで確認すると到着時刻が15:58、納経時間の16:00までギリギリです。後日福島県境付近の21番まで行くのは辛いので、ここは自動車でチャレンジします。


坂東札所33番で一番の難所と言われる21番札所。林道に近い斜度の県道を上り、標高820mの日輪寺駐車場へ。時間は15:40で間に合いました。
お洞に入ると、出張してきている御坊様が朱印をしてくれました。


周囲を見回すと、駐車場の下に参道がありました。一見良さそうなシングルトラックです。


県道を下って行くと夕日がとてもきれいでした。来年ずるしないで登山口から登ろうと思います。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/11/28(土) 21:56:56|
  2. 坂東三十三観音霊場巡り
  3. | コメント:0

自転車で行く坂東三十三観音霊場巡り 神奈川西部四カ寺編

今回は私の住んでいる埼玉県深谷市から距離のある神奈川県西部、小田原・平塚・厚木・座間の四カ寺を車と自転車を使い巡りました。
早朝4時に自宅を車で出て、国道246号新相模大橋袂の相模三川公園スポーツ広場の駐車場にデポします。昨夜降った雨で土の駐車場には水たまりができています。


県道51号を町田方面に北上します。直に座間まであと2Kmの標識があります。車の通行量が多く、自転車通行可の歩道を走るが、車出入りの凹みが多く、快適な走りができません。


旧道らしき道とと交わるところに大きな木がありました。もしや旧道を証明する物がないかと期待していると、ありました。弁財天が祀られていました。


座間市に入り、JR相模線を高架橋で渡ると八番札所の星谷寺まではあと少し、県道を右折すると観音坂と呼ばれる急な坂になります。曲がりくねった坂が歴史を感じさせます。


観音坂を上った先に八番札所の星谷寺の入口に出ます。この寺には山門がなく、新しそうなブロンズの仁王像が迎えてくれます。


静かな境内です。規模的にはほかの札所よりは小ぶりですが、七不思議の言い伝えがあり、その一つ本堂の中には「根下がりの紅葉」という老木があります。


お参りを済ませ再び県道を国道246号に向かって南進します。沿道に庚申塔を中心にお地蔵さまが祀られております。よく管理されており、見ていてうれしいですね。


国道246号から新相模大橋を渡り相模川を渡ります。次は6番長谷寺飯山観音です。


橋を渡り、側道に入ると落書きが目立ちます。


飯山温泉に向かう県道60号に並行して走る丘陵の道を走ります。ここは周囲に畑があり気持ちの良い道であります。


県道60号から飯山温泉に入る橋です。


坂を上り、突き当りに仁王門があります。ここに自転車を置いて、石段を上り本堂に進みます。


急な階段を上ると石灯籠が連なり、その奥に長谷寺の本堂が現れます。


本堂横、白山に上る山道には四国八十八か所霊場の石仏が祀られています。この時期は山ビルが生息するようで、注意喚起の看板があります。山ビルで有名な、丹沢の流れを組んでいるのでしょうか。


来た道と別のルートを走って国道246号に戻ります。


相模川の河川敷、新相模大橋下の駐車場に戻って来ました。次は平塚へ車移動です。


予定では小田急線の鶴巻温泉駅付近の駐車場にデポの予定でしたが、探してもいい場所がなく距離は短くなってしまいますが、広い駐車所のあるおおね公園にデポしました。


県道612号を南下していきます。丘陵地を前にして田んぼが広がっています。稲のにおいがします。暑さを忘れさせてくれます。


県道62号に突き当り、ここで曲がる方向を間違えて、東海大方面に曲がってしまいました。交差点前にあった光明寺の看板の矢印が、交差点を右折(東海大方面)に見えたので曲がってしまった。後で気が付いたのですが、その看板は県道62号を走っている人のために表示していたのです。 写真の金目川に沿って走って行きます。


1kmほど走って間違えたことを知り、Uターンします。途中で腹が減ったので味噌一というラーメン屋さんで食事を取ります。


食事を済ませ、交差点まで戻りました。この交差点を直進して金目川沿いの遊歩道を走ります。この川には木橋が2本架かっていました。


木橋のすぐそばに七番札所の光明寺がありました。山門には聖観音の大きな提灯が飾られています。境内には水琴窟があり、涼しげな音色を聞かせてくれました。納経を済ませ、来た道を戻り、デポ地に向かいます。車で次の札所の小田原に向かいます。


次の勝福寺には鴨宮駅周辺にデポして自転車で周る予定でしたが、車で移動中の国道1号がお盆渋滞で時間が掛り、納経の締切りの17:00に近くなってしまいました。駅周辺の駐車場も見つからないため、泣く泣く寺の駐車場に止めることになりました。残念です。時間があればサイクリング場の駐車場が使えそうです。閉門は16:30です。


五番札所の勝福寺観音堂です。納経を済ませる時間になると、お寺の関係者が賽銭の集金等の終わりの準備をしていました。
五番は自転車で周れず残念でしたが、これで十九番まで巡ることができました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/12(水) 11:19:59|
  2. 坂東三十三観音霊場巡り
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

まとめ