山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

黒牛連チャンクラフトビアフェスタツアー 第二日目おねかた編

蕎麦を食べ終わって午後の部に入ります。蕎麦屋から水田の畦道を走り、スタートラインの駐車場を目指します。


駐車場付近まで戻ると、おねかたに向かいます。山坂さんはこれで終了と思い、力が抜けていました。道端にノアザミが咲いていました。紫色がきれいですね。


山頂に向かっています。今ツーリングで3回目の上りです。さすがに疲れがたまり、足取りが重いです。


地震の爪痕、地割れ部分に崩れ防止にブルーシートで覆われています。


これから見晴らしの良いSTに入ります。ガスって遠くの山々を見ることができず、残念です。


笹薮を上り、DHスタート地点に到着。先頭の越後屋さんが下り始めます。続いてメンバーがあとに続きます。親父が一番最後です。


中間地点で遅れた親父達を待ってくれました。このDHコースは結構細かな段差があって、親父車ではかなり堪えます。さすがにSUS付車には着いて行けません。(涙


DHが終わり、畑道を走って駐車場に戻ります。一面畑のこの風景が親父は好きです。


駐車場に戻ってきて、二日間に渡った黒牛ツーリングが終了です。
走行距離29.1km   累積標高±962m
天候に恵まれ、雄大な景色を見られ、ビアマルシェも十分楽しんだし、満足でした。先導してくれた越後屋さん、ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/06/18(日) 23:01:58|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

黒牛連チャンクラフトビアフェスタツアー 第二日目なんださか編

昨晩のビアマルシェの余韻を残して、第二日目の朝が来ました。熟睡できすこぶる絶好調です。天気はそうでもないようで、曇り空です。八方連山も雲がかかっていて残念です。
スタート地点の駐車場に全車移動します。今日はフル自走です。


昨年山坂さんがデジカメを落とした山道コースを走ります。この辺でデジカメを落としたんだ。


木々をぬって走るトレイルは、いつもと違ってこれも楽しいです。


下って大きな神社で今日のツーリングの無事を祈って競技場へ向かいます。おっと入口にこんな道祖神があります。石自体は古いのですが、掘られたのは新しい感じです。


これから水源地へ向かいます。この道の風景が親父は好きです。


遊水地に着きました。観光客は一人もいませんでした。この時期は水生植物の花が少ないからでしょうか。


二輪、花を見つけました。


ふと遠くに目をやればこの風景、素晴らしいですね。


これからメインとなる、なんださかへ向かいます。ゆっくりと上ります。この辺りの紅葉がきれいなんです。押しで遅れた親父を待ってくれました。


このなんださかの旧道は観音様が点在して祀られているのが有名です。よく整備されています。


WTを登って行きます。昔、この辺りで猿の集団にあったっけ。最高地点までもう少し。


着きました、見晴台。曇ってはいるものの、眼下に見える田園風景はいつ見ても癒されます。


早速DHの開始です。原っぱから、これから右の林に入って行きます。入口はすっかり藪になっていました。一旦入れば楽しいトレイルが続きます。


一度下って、別の山を上って、一気に下ります。ここはDHスタート地点。このトレイルは最後尾を走ります。うっかりしていると置いて行かれます。


集落まで下り、旧街道のソルトロードを走ります。旧道の名残が堪りません。


一里塚ではないのですが、大木の下に30cm程度の観音様、親父のお気に入りで、毎回撮影させてもらってます。


そろそろお腹がすきました。昼食予定の蕎麦屋はもう少しです。


蕎麦屋に着きましたが、予約客でいっぱいで断念。蕎麦屋を探して街中に向かいます。そこで見つけたのがこの蕎麦屋さん、ここに入ります。


親父は右のキノコ蕎麦、左は越後屋さんの山菜蕎麦。美味しかったです。満足!


写真の都合で昼食後は次のおねかた3本目編に移ります。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/06/18(日) 10:57:54|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

黒牛連チャンクラフトビアフェスタツアー 第一日目クラフトビアフェスタ編

16:30のシャトルバスにのって会場へ。山坂親父はバス停のコンビニで缶ビールをフライング飲酒。親父は去年の失敗を教訓に我慢我慢。


さすがにまだ明るいです。5杯分のビール券を購入していざ会場入りです。まずはテーブル探しです。これが結構大変です。


なんとかテーブル・椅子を見つけて、まずは一杯。選んだのはHakuba Brewery Pubインディア ペールエールです。これが結構利くんです。


ではカンパーイ!!


こんな時間でも日が差しているところでは暑いです。それにしても外国人が多いです。


こいのぼりっぽい竜が子供に受けています。


そろそろ日が暮れてきました。


ハーイ次です。


千葉のMTB仲間のS根夫妻が合流です。カンパーイ!!


ネパール料理がありました。現地の子供のおやつもありました。これ美味しかったです。


暗くなってきました。ファイヤーダンスと骸骨tp西アフリカ楽器とのコラボです。


終了まであと30分というところで、富山から会長が合流しました。テントの陰で見難いですが、記念撮影です。短かったのですが1年ぶりの歓談です。あ~時間がありませんでした。メンバーは讃岐うどんを食べています。9:00ここで最終バスが出る時間となり、会場を後にしました。 楽しかった一日でした。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/06/17(土) 22:42:04|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

黒牛連チャンクラフトビールフェスタツアー 第一日目おねかたLONG DH編

昼食後は日帰り温泉までのロングコースを走ります。
尾根のスタートラインまでは午前中のコースと同じです。石碑群を右に見て集落に入ります。左下には地震の復興住宅が見えます。


退屈なロード走り、暑さをしのいで旧道へ入ります。この旧道に気が付かなかったのは、入口は道路復旧工事で作業用プレハブがあったためと越後屋さんが解説してくれました。さすが、お見通しです。


かつての水場は地震の影響でほとんど水が出なくなりました。周りの状況も手つかずで、見過ごしてしまいそうです。


山坂さんとで別ルートのゲレンデ跡を上って行きます。ここは日向ですが、藪になっておりません。暑いです。午前の部のルートを走ればよかった。(泣


山小屋跡が見えてきました。押しに徹していた親父も、絶景ポイントが近づいてがぜん元気が出ました。


絶景をバックに記念撮影です。


どうですか。


STに入ります。周りに花が咲いています。まだこの園が開園していたころの名残でしょうか。


一部藪になったXCコースを抜けると走り易い道となります。イノッチにっこり。


快調に走っているので画像なし。上り返しの九十九を登った先の見晴台に到着。ここからの景色も素晴らしく、疲れを癒してくれます。


上り疲れで放った自転車が、偶然きれいに揃ってました。


一旦下り、沢沿いを登って行きます。


沢を何回か渡ります。


ゴールが近くなってきました。電車の音が聞こえます。


ゴールが近くなりました。イノッチが遅いと思ったら、パンクしたそうです。ゴール前でよかったです。なんとか押してゴールです。
走行距離9.3km   累積標高+527m -533m


ゴールの日帰り温泉で汗を流します。ここの露天の景色は抜群で。まるで額縁の中の日本アルプスを見ているようです。
あまりの景色に長居をし過ぎました。車中泊地に移動して、メインのクラフトビールフェスタに行く準備をします。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/06/17(土) 10:08:41|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

黒牛連チャンクラフトビールフェスタツアー 第一日目おねかたDH編

去年参加して好評であったクラフトビールフェスタツアーを、このエリアに精通している越後屋さんに今年も企画してもらいました。
梅雨時の開催で心配された天気も、好天に恵まれツーリング後のビールを楽しみに走ります。
今回のメンバーは5名。遠地にも拘わらず、前泊の山坂さん以外は当日遅刻なしで陽々公園に集まりました。写真はそこでの景色です。2000m級の山々には雪渓が見られました。


2本目のゴールの日帰り温泉に車を置き、スタートします。時間に余裕があるのでもんびり集合時間から1時間後の10:25にスタート。
1本目はおねかた自走です。スタート直後、一番精神的にキツイロード上り。陽が差していると暑いです。


これからダート区間、集落の入口でしょうか馬頭観音様が迎えてくれます。ツーリングの無事を祈ります。


軽いDHから山登りに入ります。


ここが一番斜度のあるところ、先にはもとリフト降車場がありました。もちろん親父は二本目に備え、押しに徹します。(笑


上部になると地震の爪痕が残ります。地割れがすごいです。


DHスタート地点に到着。まずは景色を見なくては。この景色、来た甲斐がありました。


目を凝らすと、無数のパラグライダーが飛んでいます。今日は気持ちいいんだろうな。


DHの開始です。途中、森林の中に埋もれそうなお地蔵様にご挨拶をします。どうぞ転ばないように見守ってください!!


いやー快適すぎて、いつものように画像なしです。途中でメンバーを待ちます。思ったよりちょっと荒れているかな。気を引き締めて走らなければ。


スタート地点に一番近い集落の上部に出ました。ここからロード走りをちょっと。ゴールは直ぐそこです。
走行距離6.7km  累積標高±328m


11:40山坂さんのお腹空いたコールで駐車場で昼食を取ります。木陰で昼食を取る様子はまるでピクニック!!

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/06/17(土) 01:02:32|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

春季ちゅうじ山Wヘッダーツーリング 午後の部

午後の部はヤセ尾根+ガレ道コースです。午前中は賑わった駐車場も、我々が来た時は空きスペースが目立つようになっていました。つつじの撮影スポット脇から峠に向かいます。


尾根に取り付きました。トレイルはつつじ天国でした。


峠に到着しました。そこからは標識のないマイナー道です。まずは笹の尾根道です。ここは絵になるところですが、モーターサイクルが入るこの道は見た目より浮石が多くて走りにくいです。


一旦谷に下りて若干の上り返しです。これからフラットな快速WTが始まります。


完全なWT、今回は藪化していなかったので安心して走れました。気持ちよかった~。あっという間に広場に到着です。


次に激坂ピークに登ります。短いですがきついです。


ヤセ尾根下りに入ります。途中で懸念していたフランス車のリアディスクのローターがこんなになっちゃいました。これで2回目です。懲りませんねー! ここからフランス車はリアブレーキなしです。フロントが健在なので、いつも通りに走れます。


ヤセ尾根を走ります。ハイカーさんは皆無なマイナー道、休みなしで走ります。ヤセ尾根が30cm幅くらいか、一段と狭くなったようです。


一気に走るから楽しい尾根道。だけど息苦しい。(笑  ヤセ尾根道が終わったところです。


この先は迷路道です。本来の道は倒木で通れない部分があるので、モーターバイクが走った跡をトレースします。これが楽しいです。一回間違えてしまいました。


ついにガレ道のスタートラインに着きました。親父、少し憂鬱です。


最初に越後屋さんがカットんでいきました。次はだれも行かないのでFR車の親父が生きます。絶対最後尾のはずだったんですが・・・・
まるでトレインなように走っています。


この後、どんどん抜かれていきます。あと1/5程度になった所でみんなが待っててくれました。


4kmのガレ道を下り終え、集落に出ます。ここからゴールの路肩までもう少しです。集落のメインストリートを下って行きます。ずっと市街地まで一直線に下っているような道で、感激してます。やっとゴールです。
走行距離12.2km  累積標高+205m -1079m

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/06/10(土) 23:18:27|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

春季ちゅうじ山Wヘッダーツーリング 午前の部

梅雨入りをしましたが、好天の予報の週末。今回はmtrの△本さんらメンバーを迎えて、ちゅうじ山Wヘッダーを行いました。
高速道の渋滞から送れるmtrメンバーと、爆走隊メンバーが分かれて1本目をスタートします。
親父がmtrメンバーを持っている間に爆走隊本隊4名は、2本目のゴールにドライバーピックアップ用車を置き、1本目のスタート地点へ向かいます。
約90分遅れで親父グループが1本目のスタート地点にピックアップし始めます。この先携帯の電波が届きにくく、リアルタイムに受けられなくなりました。この情報のタイムラグが悲劇を生みました。
【別動隊】
親父グループは遅れていましたので、スタート地点は、本体より2.2kmほどショートカットした峠からスタートしました。10:40スタート。


広場までのトラバース、初めてのメンバーにはかなり堪えます。この辺りでトラバースの1/3の到達です。


平成の大崩を渡るmtrメンバーです。


広場の定点観測地点で記念撮影です。ここで11:11です。携帯の圏外で連絡が取れず、本隊はもう行ったものと思っています。実は・・・
ここで本体の状況を見ますと


【山岳爆走隊本体】
山岳爆走隊本体は八丁味噌にピックアップしてスタートします。10:40頃スタートしたはずです。
ここは笹原を快調に下っています。


トラバースを走るハッシーさんです。


12:19 約一時間遅れで広場に到着です。


【別動隊】
てっきり本隊は先に行っていると思っています。十字路を曲がりハイカーさんはほとんどいない、マイナーSTに入ります。しばらく数か所の沢渡りトラバースです。


ほとんど路面が見えない笹道になります。ドロップオフに気を付けて!


笹道を下ってゴールの神社へ向かいます。時間的にはこの笹道を下っている時に、本隊は広場で定点撮影していました。
神社で初めて電話がつながりました。話をしてビックリ、別動隊の方が早く下っていて、本体はこちらを待っていたようでした。


【山岳爆走隊本体】
つつじがきれいですね。写真で初めて気づきました。


元々は粘土質の転倒エリアでしたが、現在は倒木エリアになってしまいました。この辺りは以前越後屋さんがクマ2頭と遭遇した地点です。


13:24駐車場にて合流です。あ~親父がやっと昼食を取ることができる。
走行距離11.5km   累積標高+134m -1135m


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/06/10(土) 13:02:28|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

春のよいとこ温泉連チャンツアー2日目 よいとこ池巡り(後半)

池巡りの続きです。
昼食を取ってから、メインの池巡りに入ります。見晴台からすぐ下の平米の池に向かってDHです。バックに温泉街が見えます。


平米の池に到着です。つつじとのコラボが素晴らしいです。さざ波がなければもっとよかったのですが、それでも魅力が出ています。


次は神秘の池に向かいます。途中、このコースに珍しく谷を越えます。コケが生えている倒木を乗り越えます。


神秘の池に着くと沢を越えたときにあったハイカーさんがいました。栃木から来られたとのこと。いつものように雑談しながら、最後にみんなで記念撮影をしました。
ハイカーさん、地元の方、周囲の方々とコミュニケーションを取るのが山岳爆走隊のスタイルです。


小池に向かう小路がまた雰囲気がイイんです。


小池です。新緑の時はイマイチですね。秋の紅葉時は水面を覆う色とりどりの模様が素晴らしいですが、新緑時はイマイチでした。


穴天国の手前の斜度と鋭角の2コーナーが腕試し、フランスさんがテールホップでクリアしていきます。さすがです!


穴天国はつつじが満開で、まるで撮影会になっていました。


ダート林道を2.3km一気に下ります。スタート直後からフランスさんに離され、あっという間に視界から消えました。FRの年金車では勝ち目がありません。
集落に入る前で前回気になるSTがあり、今回時間があったので寄り道の探索を行いました。200mほどは走り易いSTでしたが、途中から谷道の直滑降で断念しました。(画像)そして戻りました。(泣


集落への道は、前回からの新コースの裏道を走ります。途中でアオダイショウを引きそうになりました。蛇を踏みそうになったことより、フランスさんのアクションの方が驚きました。(笑


これからも前回からの新コースです。沢沿いを走ります。このポイントが一番沢に近く狭いところです。


沢道から尾根道に上ります。


尾根道は斜面が伐採されて、解放感バッチリで視覚的にいいでしょう。


道祖神が置かれています。ここは古道よいとこ道です。


ハイキング道は巡視路と同じですが、実は古道の掘割が残っているのでそちらを下ります。


ゴールの露天風呂温泉へのSTは整備され、乗車率/快適度100%です。集落内を走り、またSTに入りゴールの温泉に到着しました。昨日の疲れが残っていましたが、満足いくコースでした。
走行距離20.8km  累積標高+1024m -1421m


ツーリングが終了し時間を確認すると、まだ牧水食堂が開いている時間です。
このエリアに来たからには食堂のおばちゃんに合わなければ、帰り支度はあとにして車を飛ばして峠に向かいます。
牧水食堂に到着です。人気のない峠におしゃれな建物です。


昨日、今日と北風が寒く、暖炉に火をつけているそうです。これもおしゃれですが、トイレがそんじょそこらの施設のトイレよりはるかに素晴らしいです。


おばちゃんは元気でした。閉店ぎりぎりで、いつもの裏メニューで大盛り。他にサービスしてもらって、いつもすいません。


閉店時間を過ぎているので、長居は無用。いつものように記念撮影をして別れました。次回ピリントして渡します。
よいとこ連チャンの最後をおばちゃんに会えてよかったです。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/06/04(日) 23:03:13|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

春のよいとこ温泉連チャンツアー2日目 よいとこ朝風呂/池巡り(前半)

5:30起床。と言ってもそれより前に目が覚めました。寒い、気温5℃!!
冷えた体を温めに恒例の朝風呂ツーリングに行きます。5:30 まずは温泉街へ下ります。


前回、掃除直後のお湯入時で暑すぎて入れなかった黒畑の湯をリベンジしようとしたが、早くも清掃で入れず。違う温泉をまわるが混雑、清掃中で、5件目の累々の湯でやっと入れました。
冷え切った体によいとこの温度は熱すぎます。じっと我慢で短めで出ました。


お土産街を抜けて駐車場に戻ります。7時過ぎに戻って来ました。これからメインのツーリングに入るため、ゴールの温泉に車を移動します。走行距離5.6km 累積標高±190m


8:56メインの池巡りツーリングをスタートします。
スタートから前半部は昨日の廃林道のコースと同じです。 今にもネットが崩れそうです。ほんとにひどい状態です。


ここは担がないと上れないところです。かつては温泉宿に通じる道だったんですがね。


名瀑を眺められるポイント、ここまでがWTです。


穏やかなSTの上りです。階段もあるのでここを下るのはあまり勧められません。


馬頭尊だと思っていたら、珍しい毘沙門天の石碑です。


沢で休憩です。今日は水量が多いです。先ほどすれ違った2人組はこの沢を上って野泉に入ってきたそうです。我々が前回チャレンジしたところです。


温泉分岐から上部へ登ります。これからはピストンになります。やっぱここまで来たら高山の雰囲気を味わなければ。登って行くとつつじがまだ咲いていました。


このトレイル、低山では味わえません。はみ出さないよう気を使います。


雪渓をバックに登るフランさん。帽子姿が師匠の友峰さんみたい。(笑


平原になる直前、絶景を鑑賞して引き返します。一部雪渓を下ることになります。雪質がガチガチなので見た目より走りずらいです。


この景色を撮りかったのです。まさにDH!!
ただ木製階段も数か所ありますので、そこは乗車しないように心がけます。


温泉分岐まで下り温泉方面に向かいます。沢が増水しています。この後担いでは渡れませんので、四点支持で無事渡り終えました。対岸で昼食を取っていたハイカーさん達にこの様子が受けました。この後池巡りで再会しました。


笹原を抜けていきます。今日は休憩なしでパスです。


よく見かける高山植物ですが、・・・・忘れました。トレイルは忘れないのですが、人と植物の名前は忘れてしまいます。(笑


見晴らしの良い所で昼食です。日が差しているので寒くはありません。周辺は北風が吹いて寒いのですが、ここは風が吹きつけないので助かります。

見所が多く、画像が多くなりましたので、ここまでを前半としてします。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/06/04(日) 11:06:26|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

春のよいとこ温泉連チャンツアー 1日目よいとこ北部周遊

古道の探索を終え、次に向かったのは今夜の車中泊地のよいとこ温泉。いつもの連チャン第一日目の定番コースです。
駐車場にデポしてスタートします。この地に来て空は晴天になってきました。


駐車場からすぐ、廃林道に向かいます。


林道は徐々に悪路となり、ついにこんな車が入れない状態になってきました。


しばらく上って行き、よいとこ分岐に着きました。


分岐から先は快適なDHです。ヤセ尾根を抜けるとWTとなり、今回はトレインを行いました。普段協調性のない走りのメンバーにしてはまあまあの出来でした。


サイクリングロードを走り抜け、遊歩道に入ります。


ゴール近くの池で記念撮影です。もう少ししたら蓮の花が咲ききれいなんです。


雑木林を通り、ゴールの駐車場に着きます。
走行距離8km   累積標高+279m -394m


公共の町営の湯で汗を流し、よいとこ温泉爆走隊御用達の食堂”みやた屋”でお疲れさん会を開いて、最後は親父車内でフランスさんと2次会です。・・・寒すぎて車外にはいられませんでした。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/06/03(土) 22:57:55|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

まとめ