山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

利根川の渡しを使ってポタリング

昨日通勤でスぺシャを半年ぶりに使ったので、今度はザスカーでポタリングしました。場所は利根川の渡し船、群馬県千代田町の赤岩の渡しです。
デポ地は千代田町のなかさと公園です。ここから外国人の家族が多い公園内を通って、利根川の堤防に出ます。


堤防上の舗装路を走ります。海から160kmとあります。


赤岩の渡しのある公園に到着しました。


ちょうど渡し船”新千代田丸"が埼玉県側から戻って来ました。


乗客は5名です。群馬県道になりますので、もちろん無料です。道ですので、自転車もOKです。


5分程度の船旅で埼玉県側に着きました。また乗客を乗せて岸を離れて行きました。休みなしです。


800mほど走り、ポピーのお花畑へ。自由にお取りくださいとのこと。


妻沼のグライダー場の横を走ります。ウインチが3基あり、引っ切り無しにグライダーが離陸していきます。


着陸まじかなグライダーが見えます。


利根川自転車道を走りますが、折角MTBで走るので、よこのダートを走ります。


ゴルフ場が見えてきました。


自転車道から外れて、国宝の聖天山本殿に寄ってみます。


この神社の周辺は昔風のお店が並んでいます。


刀水橋のたもとに埼玉県に入った標識がありました。立派な標識でライトアップの設備もあります。


刀水橋脇の歩道/自転車用の橋を渡ります。


再び群馬県側の利根川堤防上の道を走ります。途中で国土交通省の施設に何やら変なアンテナのようなものがありました。


なんとかデポ地のなかさと公園に到着しました。
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/05/24(火) 21:38:20|
  2. ポタリング
  3. | コメント:0

秋の長瀞ポタリング

今週の予定はよこっぴき4本ツーリングの予定であったが、先週のナックのツーリングで尻もちをついたダメージで背骨の調子がイマイチのため、大事を取って延期としました。
というわけで、今日は軽く長瀞の紅葉を見るついでにポタリングしました。
スタートはここ、運動公園です。


野球場のスコアボードの裏を走り、小さな踏切を渡ると西福寺の墓地があります。そこにこの馬頭尊があります。なかなか味があります。


下田野通りを走り、国道140号親鼻橋交差点を曲がって、親鼻橋を渡ります。歩道には紅廉石片岩というシールが貼ってあります。ここから荒川を見ますと・・・


紅廉石片岩が見えます。スポットホールも見えます。近くで見たいが、今日はよしておきます。


車を避けて、親鼻橋を渡ってすぐに右手の旧道に入ります。すると上長瀞駅手前の鉄橋下に出ます。ここからならSLを下から見られます。今度挑戦してみようかな。


旧道はにぎやかな上長瀞駅前の食べ物屋通りを迂回して南桜通りに出ます。ここからが紅葉スポットです。ライトアップとぼんぼりが設置してあります。紅葉は終盤に入っていました。


埼玉自然博物館の前を通り、そろそろ岩だたみの南端に来たところで、南桜通りから小路を下って行きます。
この道も黄色の紅葉がきれいです。自転車はこの辺において河原に向かいます。


徒歩で小滝の瀬と言われる急流ポイントの河原に出ます。ここではカヌーが練習していました。船下りでも見せ場なので、期待して待っていましたが、しばらく待ったが来なかったので諦めました。ちょっと残念。


再び南桜通りに戻って長瀞駅方面に進みます。狭い道に車の往来が激しいため、途中から岩だたみに一番近いいろは通りに入ります。この通りを進むとお土産屋街に出ます。いやあ、今日は観光客が多いです。


お土産屋通りは人でごった返しているので、裏道を通って宝登山神社に向かいます。
踏切を渡り長瀞駅前の広場に出ます。写真はちょっとレトロな長瀞駅です。
駅前の長瀞観光協会でサイクリングコースのMAPをもらおうと、担当の方に尋ねたところ無いということでした。それならWeb上のMAPを印刷してくればよかった。残念です。親父はコースのほとんどが頭に入っているので支障はありませんが、初めての方は要注意です。


国道を渡り大鳥居を通り参道を上って行きます。500mほど走り、神社に到着です。駐輪場がないので東屋横に停めて参拝です。今はさほど参拝者は多くおりませんが、正月は混むんでしょう。宝の山の神社ですから。


神社からはマイナーな裏道を走ります。畑と民家が混在する道を走り、旧道に出ます。しばらく国道140号を走り、目についた路地に入りました。秩父鉄道に沿って小路を進み小さな踏切を渡ります。秩父鉄道にたくさんある警報機のない踏切です。間れていない方は要注意です。
ここの踏切は初めて渡りました。民家の脇を抜けて、しばらく写真のダートを走り北桜通りに出ます。


北桜通りをしばらく走り、バイクショップ向かいの路地に入ると小さな橋が見えます。歩行者/自転車専用の金石水管橋です。


橋の上からは蓬莱島と荒川の景観が楽しめる、絶好のビューポイントです。


荒川対岸に出て、車が多い県道を通らずに裏道を走ります。こちらが旧道のようです。少しのダートを走り神社の境内を抜けて長瀞の遊歩道に出ます。この道はもともと車道でしたが長瀞トンネルができたため、遊歩道と整備されました。休憩舎の先に井戸地区の旧道があります。こちらはかなりの悪路になりますので徒歩でもお勧めしません。


遊歩道は絶壁を横切っていて、遊歩道からは天然記念物の岩だたみ全体を見ることができます。真下には長瀞ライン下りの和船が下っているのが見えます。
遊歩道を通り過ぎてからは県道を走ります。Monkeyさんの基地の前を通り公園に戻ります。


実際ポタリングとして走ったコースの感じは、まだまだ見直す余地はありそうです。観光協会のコースは安全を考えているようで大通りが多いように感じます。
走行距離 11.6km  走行時間 2時間

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/11/30(日) 21:54:50|
  2. ポタリング
  3. | コメント:0

秩父 贄川宿とミューズパークポタリング

奥秩父を走った帰り、偶然贄川宿の秋の縁側展が開催されていたので車を止めて、旧宿場町周辺をポタリングをしました。縁側展を見るのは今年で3年連続になります。いつも事前にチェックしている訳でもないのですが、奥秩父の紅葉と重なるのでうまくあったのでしょう。


縁側展の臨時駐車場に駐車して自転車を出す。そのまま縁側展に行くのではつまらないので、前に江戸秩父巡礼道探索で見つけた小さな峠まで行って見る。県道から峠に向かう、以前とは逆のコースで峠に向かいます。
峠に到着すると、前回見過ごした庚申塔の石碑を見つけました。再発見は楽しいものです。


民家の裏手の道。ここは江戸巡礼古道です。今はどれだけの人がこの道を歩いているのでしょうか。


贄川宿のメインストリートに出ました。閉展までもう少し、観光客はまばらです。昼間は多かったんでしょう。


民家の縁側に絵画を展示しています。そこには作者が居り、説明をしてもらいます。


小規模でしたが、ビデオ撮影がされていました。


縁側の前に足踏み式脱穀機”埼玉県深谷町、新島製作所製ライト式「牛若號」”が置いてありました。実用新案とあります。昔の機会にはよく特許のことを書いてあります。こちらの方が気になりました。


宿場の辻にはお地蔵さまが祭られています。宿場町の歴史を感じることができます。この先小学校の校庭へ上り、車に戻って終了です。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/11/08(土) 23:40:10|
  2. ポタリング
  3. | コメント:0

草津温泉 早朝朝風呂走り

草津温泉の早朝と言ったら朝風呂ツーリング。今回はソロです。気温は8度、少し寒い。
6時に駐車場をスタート、朝日が眩しい。


国道三叉路に馬頭観世音がある。ここを下って観光ポイント湯畑へ向かう。


お土産屋が現れる。ここは老舗の饅頭屋。まだこの通りには人影はありません。


草津温泉の湯畑に来ました。土曜の象徴なので、あまり人はおりません。日曜だとかなりの観光客がいます。


この観光客の数なら、目的の公共の湯に入れそうだ。この温泉は洗い場を含めて3名までしか入れないほど狭いんです。外から見ると旅館の壁の一部に見えるほどの奥行です。


予想した通り、先客はおりませんでした。中はこんな感じです。


今回はソロだったので、足を延ばして白根神社に行って見る。朝からの階段上りは辛い。境内に入ると素晴らしい社殿が見える。この後のツーリングが無事に済むよう祈願する。


帰りに細道を通ると、温泉街が一望できるポイントであった。


このお土産通りを抜けて再び湯畑に戻る。こういう路地が温泉地ぽくってイイですね。あと3,4時間もたてば観光客で賑わうのでしょう。坂を上って駐車場に戻って行きます。
これからツーリングの本番です。時間は7:15 集合場所に向かう。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/10/11(土) 18:03:14|
  2. ポタリング
  3. | コメント:2

群馬 四万温泉ポタリング

奥上州ツーリングを前に四万温泉をポタリングしました。四万温泉は10年ぶりか。その間、湯の泉の閉鎖、NHK朝ドラの舞台になったり、前の雰囲気を残しているのを期待して車を走らせた。
9時に四万川ダム管理棟向かい駐車場に到着。位置的には四万温泉で最高標高地点、ここから自転車で気ままに回ります。
この辺りの紅葉はもう少し、ダムを渡り始めると湖畔に紅葉がきれいな場所がありました。


猪と思われる路面を掘り返した跡がある閉鎖された林道を上って行きます。


10分ほど走ると河原から噴き出る噴水(中央)を見つけました。


高さ20cm、暖かく温泉です。10年前見つけた温泉、まだ健在で安心しました。
ダートからロードに戻り、足元をチェック。四万は山ビルの生息地としてとくに有名。幸い山ビルは付いていなかった。


ダム湖を周回してから温泉街へ下って行く。この高低差を帰りに上ることを考えると憂鬱。自転車は明日のツーリングを考えて年金車。上りは押しだ。


四万温泉発祥の地、御夢想の湯と重要文化財の薬師堂。御夢想の湯は公共の湯として解放されています。温泉に入らせてもらいました。先客が三名、湯船は二人入るといっぱいになるほどコンパクトでした。
写真左が御夢想の湯、右端が薬師堂です。


下って行き新湯地区に入ります。この辺りが温泉街の中心地です。


昔ながらのスロット・射的・土産屋などが並ぶ落合通りに入ります。廃業が目立ちます。残念です。


日本最古の湯宿の積善館本館です。この宿の形、どこかで見たことはないですか。千と千尋の神隠しのモデルになったそうです。


四万川に沿って下ってきました。ここから公共の湯河原の湯が見えます。


メインの通りにある塩之湯飲泉所、ゆっくり飲むように書いてあります。


飲泉所です。清潔です。飲んでみました、特に味・刺激は無いようです。


山口地区に入りました。ここには公共の湯上之湯があります。ここにも入ってみました。


誰も入っていませんでしたので、中を写させてもらいました。湯船は二つ、手前は熱くて入れませんでした。源泉の温度は62度だそうです。後ろの湯船の温度はちょうどよかったです。


山口地区の端から四万川に下りること路がありましたので、河原に下りてみました。緑がきれいです。


さらに下って温泉口まで来ました。ここは四万館です。文豪がよく泊まられた宿として有名です。


これからダムの駐車場まで帰ります。小腹が減ったので足湯がある感じの良い休憩所のおきなやに入りました。


あげまんを頂きました。ほとんど皮がなく、アツアツのこしあんの饅頭でした。美味しかったです。


帰りは基本上り、何とかダムの上まで上ってきました。のんびりポタリングが終了しました。


走行距離:18km  累積標高差;±399m

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/10/10(金) 09:44:42|
  2. ポタリング
  3. | コメント:0

秋の自転車通勤-2

台風崩れの温帯低気圧が去り、今日は秋晴れと天気予報が予想。それならば、自転車で行くしかないでしょうと、普段使われないスぺシャで片道15Kmの通勤路を走る。
コスモス街道は今、コスモスが花盛り。遠くに見える赤城山と一緒に撮影。


小山川に到着。先週は対岸の河川敷の舗装路を走ったので、今日は土手道を走る。このままずっと終点の間瀬湖まで行きたくなる。


土手道の途中、古墳が見えてきました。時間に余裕があればうっそうと茂る古墳の森の中を走りたかったが、スタートが遅く、今日はカット。


勤務地の児玉工業団地に近づいてきた。この辺りは水田地帯で稲刈りが始まっている。稲穂の香りはイイですね。


帰りの画像はこの一枚。撮り鉄さんに教えてもらった夕日スポットで撮影した一枚。期待していた夕日は雲があってイマイチでしたが、その雲がいいですね。帰りはヘッドライトを点けて帰りました。行きも帰りも向かい風で疲れました。


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/26(金) 22:09:40|
  2. ポタリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長瀞 秋の七草寺巡り

去年時期が遅く、ほとんどの寺の花が散ってしまっていたので、今年は早めに行くことにした。自転車は一年近く走っていなかった初代i-Drive。1時間かけて土埃を取り、注油して復活!
道光寺にデポしてスタート。この寺は尾花(すすき)です。


白鳥橋を渡り秩父鉄道に沿って畦道を走る。この道が唯一のダートです。だからMTBでもなくてもいいのだが・・・


2番目は間瀬峠に向かう県道を上って途中にある葛の寺、遍照寺です。駐車場から下って行くと名物の葛のトンネルに入る。期待していたが時期が遅かった花はすべて枯れていた。


帰りは参道を下って麓に戻って萩の寺洞昌院へ。萩は見頃で、お寺の裏山の一万株の萩も素晴らしかった。


多宝寺は桔梗の寺だが、行って見ると桔梗の花畑はほとんど刈られてしまっていた。ここも時期が遅かったようだ。境内に僅かに残る桔梗をバックに写真を撮る。


落合橋を渡ってしだれ桜で有名な法善寺に到着。ここは藤袴のお寺だが、撮影ポイントには丁度よい藤袴はなく、別に映える花を撮影する。


水管橋を渡る。橋の上から荒川を眺めると、ラフティングのゴムボートが5槽下っていた。長瀞はアウトドアのメッカになりつつあるようだ。


桜並木を走っているとSLの汽笛が聞こえる。畑道を通って秩父鉄道の小さな踏切に出ると、そこにSLが見えてきた。ラッキーだ!


宝登山のロープーウエイ駅近くの不動寺に到着。ここの撫子は時期が過ぎてほとんどない。わずかに残った2輪をバックに撮影。


最後に残ったのは女郎花のお寺、真性寺である。ここの女郎花は見頃で見ごたえがある。親父は7寺の中で一番好きである。そこで記念撮影をする。あとはデポ地まで戻る。ちょっと長いな。来年はもう少し早くこよう。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/20(土) 19:29:18|
  2. ポタリング
  3. | コメント:0

久々の自転車通勤

自転車で走るには丁度よい気候、何か月ぶりかで自転車通勤をする。走行距離は15kmゆっくり走る。ここはお気に入りの小山川のサイクリングロードです。


工業団地前の田圃。稲刈りが始まっています。


帰りの田圃。ここから見える西上州の山々の景色がお気に入りです。夕焼けがきれいでした。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/19(金) 23:02:38|
  2. ポタリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自転車で巡る秩父札所巡り総開帳歳 第四日目

秩父札所12年に一度の総開帳の年。今日は残された33番から34番に向かう江戸巡礼古道札立峠越えをする。道の駅龍勢会館にデポして、峠道の麓の集落へ向かう。


集落を外れて山道の巡礼道へ入る。古い石碑が巡礼道の雰囲気を出す。
今回は34番のあとで長いロード走りがあるため、SS車からフルサス車に乗り換える。


巡礼道の山道は踏み跡がなく、ほとんど歩かれていないのが分かる。秩父の札所巡りは車での巡礼が多いからね。
この札立峠の道が秩父札所巡りの中で一番きつい。加えて虫がまとわりつくのもたまらない。もう少しで峠に到着する手前に、茶屋跡が藪の中に見える。


札立峠に到着。虫避けネットを上げて記念撮影、今回は役に立ちました。山中で黒いネットを被っていると、熊に間違われないか不安でしたが、夏の山歩きには必須アイテムです。


峠から下って34番に向かう道。途中から沢道になって、濡れた岩道になって走るのも厳しくなってくる。歩きも厳しくて、前を歩いていた巡礼の方は2回ほど転んだそうです。


ついに34番札所水潜寺参道に到着しました。ここに自転車を止めて左手の階段を上り観音堂にお参りし、無事結願を済ませました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/08/14(木) 23:54:57|
  2. ポタリング
  3. | コメント:0

東海道旧宿場町をポタリング

ツーリング後に桜エビで有名な由比をポタリングする。自転車のある風景の撮影ポイントを探しに由比漁港に向かう。
漁船をバックに撮影。こんなもんかな。


由比漁港と言えばかき揚げ丼。まだ開店している時間であるが、賑わいがない。写真のように浜のかき揚げやの張り紙を見ると、お盆の時期は閉店でした。しかも通常、土日しか開店しないのでは食べられる可能性は少ない。(泣


街中の路地を好んで走っていると、進むにつれて両側の壁がどんどん迫り、ついにハンドル長から3cmほどの余裕しかなかった。通られて良かった。ホッ!

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/08/11(月) 21:31:47|
  2. ポタリング
  3. | コメント:0

FC2Ad

まとめ