山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

山岳爆走隊Googleコミュニティー  GW 0430-0502 友峰さんツアー

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2018/04/23(月) 22:40:09|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

ちゅうじWヘッダー0421 南面遍

もう10カ月ぶりになるちゅうじWヘッダーです。まだGW前なのにスタート付近で20℃あり、陽が差すように痛い。樹々はまだ芽吹いておらず冬の景色。このアンバランスは初めてです。 ピックアップ路は災害で通行止め、迂回路のメイン山頂道路から上ります。
走行距離 11.0km  累積標高 +178m -1093m
親父指標 体力:3  技術:3  快適:3  景色:4  総合満足度:4
AMは定番の南面のコースです。このコースの特徴のくま笹は短く、走り易いです。


いつもの峠にピックアップしてスタートです。上着一枚でいいくらいの気温にメンバービックリ。 今回初めて知った峠名地点から笹道に入ります。


快適な笹道を走ります。人っ子一人いない、静かな道です。


笹道から展望小屋までトラバースを走ります。その前、峠まで上ります。


トラバースを快調に走るイノッチ。谷側に落ちないでね。


おおっ、平成の大崩を仰ぎ見ます。今にも崩れそうで怖い。


トラバースの最後、展望小屋まであとちょっと。


いつもの所で記念撮影。定点撮影、これで何十枚になるのかな。 それにしても暑いです。


沢を渡ります。標高1200mまで下っても樹々に新芽は見られません。


標高900m辺りにアカヤシオが咲いていました。他の木々はまだ新芽も出ていないので、とにかく目立ちます。


まだまだ笹道が続きます。


粘土道を下ります。この辺りは熊が出没エリアでもあります。ここを下ってゴールに向かいます。 

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/04/22(日) 23:13:41|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

山岳爆走隊Googleコミュニティー  2018 4月21日(土)ちゅうじWヘッダー

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2018/04/18(水) 21:50:24|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

さいたま市お花見ツーリング

桜の時期は残念ながら過ぎてしまいましたが、この時期は桜以外もたくさんの花が咲いていますのでお花見ツーリングとしてもいいでしょう。ツーリング最後は反省会をしますので、行き帰りは輪行となります。今回のコースはフランスさんに選んでもらいました。
走行距離 50.3km  累積標高 ±408m
親父指標 体力:2  技術:1  快適:3  景色:4  総合満足度:4
親父は自宅から駅までは自走します。唐沢川の桜もすっかり散ってしまいました。


深谷駅に到着です。ここから宮原駅まで輪行です。集合は大宮駅ですが、込んでいるのと構内が広いので輪行袋を持って歩くのが辛いので、1駅手前の宮原駅で下車して自走します。


宮原駅に下りて大宮駅に向かいます。よく見るビルですが、自転車とは初めてです。


大宮東口の飲み屋街です。


大宮駅東口ルミネ前のマックでフランスさんと待ち合わせです。


合流して氷川神社参道一の鳥居前の氷川だんごをフランスさんにごちそうになります。


氷川神社一の鳥居前で記念撮影。隣のからは全くの他人です。


2Kmの参道を走って行きます。山の鳥居前ではバザールをやっていました。今日が最終日だそうです。ちょっと風があって大変そうです。


大宮公園の桜も散っていましたが屋台はまだありました。公園内の小動物園を見に行きます。35年ぶりぐらい立つかな。


動物園内のカピバラです。人に慣れていて、30cm以内で撮影しています。触っても嫌がりません。


この先漫画会館、盆栽村に向かいます。 ちょっと寄り道して漫画会館に入ってみます。2回はコミックが見られるエリアになっています。


公開している盆栽屋さんの盆栽を鑑賞します。何百万もするんだろうな。盆栽の価値の分からない二人には、高そうかしかわかりません。


東大宮のJRの操車場です。旧リレー号の車両ばかり止っています。


見沼代用水に沿って北上します。


八重桜の並木を走ります。 お花見ツーリングになってきました。


畑には芝桜も咲いていました。


見沼代用水沿いには梨畑が多くあり、白い梨の花が咲いていました。受粉の作業をしていました。菜の花とのコラボがイイですね。


行田に向かっていましたが、反省会の開催時刻1600が迫ってきたので、急遽JR吹上駅に向かいます。


20時、吹上駅前です。駅に向かいます。


輪行で帰ります。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/04/12(木) 22:38:16|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

山岳爆走隊Googleコミュニティー  2018 GWまでの予定

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2018/04/07(土) 12:04:47|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

山岳爆走隊Googleコミュニティー  2018 0408 2018お花見ツーリング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2018/04/07(土) 11:43:34|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

ときのかわトリプルツーリング 午後の部 ぶなら山編

最後のコース、3本目のコースです。前半は林道で最後の部分が快適なSTです。
走行距離 9.7km  累積標高 +115m -789m
親父指標 体力:3  技術:3  快適:3  景色:2  総合満足度:3
1本目と同じ山頂広場にピックアップし、林道を下ります。このコースも低速の親父車は最後尾でとろとろ走って行きます。


ダート林道を下って集落に入ると上り返しになります。 親父は歩きます。


閉鎖林道に入ります。一番苦しいダラダラ上り、ここは根性で上ります。


修行道場に到着します。道場の桜が見事です。


この先は快適なSTです。


ST最後はロング九十九道です。下り終えて広場へ向かいます。


広場で記念撮影をして終了です。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/04/05(木) 22:57:53|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

ときのかわトリプルツーリング 午後の部 どんぐり峠

このコースを走るため、今回のときのかわを企画しました。前半は急坂が2か所あるアップダウンの尾根道、中盤は高速WT、後半は削られたST、ここがどうなっているかが心配です。
走行距離 9.1km  累積標高 +210m -875m
親父指標 体力:3  技術:4  快適:2  景色:2  総合満足度:3
ここは前半の尾根道の最大の難所、急坂を下ったところです。


賑やかな峠にピックアップ。これから旧峠までオンロード走行です。


林道からSTに入り旧峠まで上ります。約150m位。


旧峠からアップダウンの尾根道へ。最初から急坂の難所です。斜度はJET坂と同じくらいですが、見通しと路面状態がいいので急斜面に気持ちが圧倒されなければ攻略可能です。


画像で見ると緩いように見えますが、実際はかなりの急斜面です。


第二の難所の急坂です。先を行くフランスさんが一番急なルートを選んで見事に転倒です。傍から見てもここは下りられないという所、流石チェレンジャーのフランスさん。


フランスさんの転倒を教訓に、成功率の高そうなルートを選び、親父難所をクリアします。落ち葉で結構滑りやすいです。


この難路を下るイノッチです。この画像の斜度がこの難路の状態をよく表しています。


中盤の高速WTに出ます。低速の親父車は最後尾を走ります。あっという間に姿が見えなくなりました。


最後のピークを担ぎながら上ります。


ピークの先は本当の落ち蛾地獄です。 落ち葉の下にドロップオフ、岩が転がっている最悪路です。


おぎちゃん、かまわず落ち葉地獄を走って行きます。最後に行っちゃいました。


後半部、親父達は落ち葉道を避けて走りました。


新たな倒木がありました。早速フランスさんのパフォーマンスです。


ST最後の部分にこんなI溝道になっていました。これでは走れません。(泣


あとはオンロードを走りゴールの駐車場へ向かいます。 これで2本目終了です。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/04/03(火) 21:26:54|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

ときのかわトリプルツーリング 午前の部

1日もう積雪もないことから、どんぐり峠のコースも快適に下れることから、ときのかわトリプルツーリングを企画しました。
このエリアは現在桜が満開、その他の花も咲いてまさに春!! 天気もいいし、ツーリング日和でした。
今回は3台が4人4台搭載可能なので、ピックアップ効率最高で楽勝トリプルでした。体はガタガタでしたが・・・・
走行距離 11.2km  累積標高 +291m -960m
親父指標 体力:3  技術:4  快適:3  景色:4  総合満足度:4
一本目はこのエリア最長のコースです。アップダウンが多いですが、難コースが所々にあり気が抜けない楽しいコースです。ここは後半部の古刹の桜です。


山頂広場の駐車場にピックアップして、望星へ向かいます。その先の滑空場裏の急斜面を下ります。


旧ハイキング道に入る前の林間コースです。ハイカーさんとすれ違います。スタート時間が遅れちゃったので!誰かさんがディスクブレーキのローターを交換するっていうから。


峠から人が入らないSTに入ります。ここがフランスさんがトラウマになったドロップオフ。何回転倒したんだろう。どんどん崩れて優しくなってきます。しかし歩いて降りるのか厳しいです。


おぎチャンはスマートに下りました。


林道休憩舎からまた旧道に入ります。ここの急斜面が一番きついかな。 フランスさんチェレンジ。


おぎちゃんがこちらに突っ込んでくる。


裏おまいり道に入ります。ここで一息快適道に変わります。


ピークに到着します。山頂にはカタクリの群生が見られます。


ピークを下り古刹に出ます。ここにはシャガが見られます。


古刹の一番最深部から徐々に下って行きます。次第に明るくなってきます。


古刹の一部の庭園に咲いている花です。春の息吹を感じさせます。


桜の丘から旧おまいり道を走ります。


旧おまいり道の終点近くで、ときのかわの街並みを望める場所を見つけました。


車を避けて川を渡り旧道に入ります。ゴールに向かいます。


旧道をゆっくり走って行きます。ゴールまでもう少し。 1本目終了です。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/04/01(日) 23:46:58|
  2. ツーリング
  3. | コメント:1

陣見山-出牛峠オンロードツーリング おまけ付き

31日は同職場のF島さんからお誘いがありましたオンロードツーリングに参加しました。一年ぶりに手入れしたZasukaの試走も兼ねて軽い気持ちで参加しましたが、日ごろ上りは漕がないをモットーとしている親父にとって厳しい道のりでした。幸い桜が至る所に咲いていて、めげる気持ちを励ましてくれました。
走行距離 40.8km  累積標高 ±780m  (集合前散策含む)
親父指標 体力:4  技術:2  快適:3  景色:4  総合満足度:3 後半へたばったのでランク下げました。
集合場所の児玉千本桜です。このエリアでは有名な桜の名所。集合時間前に遊歩道を散策します。早朝でほとんど人がおらず、ゆっくり見られました。ここの特徴は小山川の河川敷が平坦で、すぐ川べりに出られることです。
ただいま桜は満開です。来週4月8日が桜まつりのようですが、散っちゃっていそうです。


ローソン本庄高柳店に集合し、ツーリングのスタートです。今日のメンバーは5名です。 MTBで参加の親父とK原さん以外は榛名のヒルクライムに向けての練習も兼ねています。
今日のツーリングを主催してくれましたF島さんです。


FBで御馴染、LOG取りのN島さん。


MTBで参加、ハンデを若さで勝負のK原さん。


転勤後、お久しぶりのK林さん。


陣見山へのヒルクライム。いつもだったら歩くのに頑張って走ります。フロントのシフターが空振りしています。幸いミドルにあるので、インナーに落としたら二度とミドルにならない恐れがあるので諦めます。先頭の2名について行けません。


とはいってもガンガン走るわけではないので、その点は気持ちが楽です。 横を本格走りのローディーが走り抜けていきます。往復しているようで、何回も見ます。 林道の両脇の桜が咲いて実にきれいです。


陣見林道に入ってから親父の膝の銚子が悪くなってきたので、しばらく歩きます。苔不動の先で待っててくれました。ここで休憩です。ここから皆野/長瀞の街が一望できます。


休憩後は蕎麦屋まで一気に下ります。 新参者の親父は蕎麦屋の場所は知らないのですが、容赦なく先に進んでいきます。 後にいるはずのK林さんを待っている間、山吹を見つけました。


数キロ一人心細く一人旅、道端の蕎麦屋を見つけました。メンバーがいて一安心。その後k林さんが到着。ボトルを落として遅れたようです。 ここで大盛り天ぷらそばを食べました。


そばを食べ終え、県道を下り集合場所へ向かって走ります。途中でK林さんが自宅前で離脱。


4名で高速走行となり、ギヤ比の関係で親父は遅れます。そのうちに膝が不調となり挽回出来なく300mほど差が付いてゴールです。お疲れ様でした。ここで解散です。企画してくれましたF島さんに感謝です!
ゴールの千本桜には多くの人が来ていました。ブルーシートを敷いての花見、良いですね。 


折角こちらに来たのだから、ソロでテレタマ厳選周回路を走ってみます。
走行距離 6.0km  累積標高 ±312m 
親父指標 体力:3  技術:4  快適:3  景色:2  総合満足度:4
いつもの公園の駐車場にデポします。ここの桜も見事です。いつもは気にしていなかったのですが、桜の季節になると主張しますね。


林道を上って行きます。もう膝の調子が悪いので、負荷を掛けない様に歩きます。 


切られた山桜の根元の枝に僅かに花が咲いていました。ガンバレ。


尾根道に入り、お待ちかねのチェレンジエリアに入ります。


いくつかの難所を転倒なく下り終え、峠に到着です。 ここからオンロードでデポ地に緑ました。満足です。 しかし疲れすぎで、デポ地でしばらく仮眠を取ってから帰りました。

明日はときのかわDHです。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/03/31(土) 04:10:12|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

よこっぴきトリプルツーリング 午後の部 トラブル遍

午後の部の始めは名所で昼食を取ります。やっぱ二人二台の効率は悪く、2コースで午後の部に入ってしまいました。
走行距離 6.2km  累積標高 +20m -585m
親父指標 体力:2  技術:3  快適:4  景色:2  総合満足度:4
まずは昼食場所へ。駐車場です。兜山をバックに撮影しました。


田圃の畦道を通って、昼食場所である休憩舎に向かっていきます。


昼食を終え、再び同じ駐車場へピックアップします。ここからしばらくロード走りです。


植林地帯の作業道に入ります。快調に下ろうとした時、親父のMTB歴で初めてのアクシデント、走っていて目眩がしてコースアウトして停車。その後しばらく歩けない状態でトレイル上でしばし休む。転倒とかなかったのに不明です。頭を振ったら目眩が直り、再び走り始めます。


何もなかったように快調に下ります。やっぱこのコースは快適だわ。


杉林から出ると集落の橋に出ます。この明るさが眩しい。


車道を走り駐車場を目指します。道路わきには花が咲いています。 ゴールはもうすぐ、これで今日はお終いです。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/03/29(木) 22:17:11|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

山岳爆走隊Googleコミュニティー  2018 0401 ときのかわツーリング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2018/03/29(木) 06:09:47|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

よこっぴきトリプルツーリング 午前の部

25日今週は雪が降り、ピックアップ路が心配だったのでよこっぴきツーリングは中止にしようとしましたが、イノッチが参加するというので、トリプルツーリングを開催しました。当初は4コースを走る予定でしたが、2人のため3コースが限度と考えました。
午前は2コース、1本目はコースNO.2です。よこっぴきのコースの中で、親父的には一番好きなコースです。
走行距離 7.9km  累積標高 +113m -699m
親父指標 体力:3  技術:3  快適:4  景色:2  総合満足度:5
ここはコースNO.4と別れる尾根で休憩地です。


頂上の駐車場からロード下りをしてSTへ入ります。まだ積雪があります。


狭い道を走って行きます。後ろからついてくるイノッチを気にしながら走ります。ここはイノッチ走れないだろうと思った極細キャンバー道、おっ走っている。見直しました。


施設跡を走ります。跡形もなくなっています。


お待ちかね快適なSTに入ります。期待して入った道ですが、若干落ち枝が多く決して走り易いコンディションではなかったです。途中で地元のMTBerに会いました。初めてです。お話を聞くと、毎週この辺りを走っているそうで、今日は下から枝を取りながら上っているそうです。 確かにその後は枝がなく、快適そのものでした。地元のMTBerさん、ありがとうございました。


快適DHの最後はガレガレでしたが、それが楽しい。やっぱいいわあ。 途中から林道になって集落に入ります。梅と桜が同時に咲いています。


ゴールの駐車場でMTBを積んでいると、地元のおばあちゃんが通っているので挨拶と声がけをしました。色々話し始めてちょっとやばいかなと思って切り上げようとすると、親父とイノッチに飴をくれました。ごちそうさまでした。 まず1コース終了です。


二本目はコースNO.4です。以前はこのコースが、よこっぴきエリアのメインのコースでした。今は後半の荒れがひどくなり、評価が下がりました。
走行距離 6.5km  累積標高 +41m -673m
親父指標 体力:3  技術:4  快適:3  景色:2  総合満足度:4
いきなりこんな看板がありました。12月に見たとなると冬眠はしていないんだな。


四駆ランドから尾根越えです。ここは快調に飛ばしています。


反対面をトラバースしていきます。親父、倒木に気を取られて手前の岩で滑って顔着です。幸い怪我はなしですが口に土が入ってしまった。


まだこんな大きな倒木があります。


ついに谷道に入りました。雨水でトレイルが洗われ、岩盤の上に石ころが転がっている非常に走りにくい路面状況です。親父の年金車では特にキツイ!!


いつものギャラリードロップオフに突入です。今日のギャラリーはイノッチ一人なので、イマイチ気合が入らないな。 コンデションはドライでTopが滑りやすい。もう滑り始めている。果たして80cmのドロップオフを下れるか!!


おーっとっと。着地失敗、バランスを崩した親父です。


トレイルの終点の神社です。境内からは麓の街並みが見えます。もう春の香りが漂ってきます。


梅が咲く裏道を通りゴールに向かいます。


神社に到着。ゴールはもうすぐです。 腹へったー!!


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/03/27(火) 20:49:49|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

てれたま山 旧道をたずねて

先週走ったてれたま山で、7,8年前に走った旧道の入口がきれいになっていたのを見つけました。この旧道は廃道寸前で倒木が多く、その後走ることはなかった。そこで24日、ツーリングに使えるかソロで再探索しました。
走行距離 6.8km  累積標高 ±582m
親父指標 体力:3  技術:3  快適:2  景色:3  総合満足度:3
記憶を頼りに神社に着くと探索開始です。神社本殿の脇の小さな祠から登り始めます。以前より道は整備されているようです。期待できそうです。


すぐに路面は枯葉と小枝、それと猪の掘り起こした穴が無数にあり、歩きにくいです。走り下ることは出来そうです。


道の脇にこんな太いツルが生えていました。これが落ちたら大けがになります。


過去の倒木の印象が残っていた場所です。かなり減っているようです。


上部になると旧道も走り易くなり、急な坂を上ると林道に出ます。


林道から巡視路に入り、鉄塔へ向かいます。巡視路のはずですが、ほとんど道が分かりません。鉄塔が見えてますので、強引に進みます。ここで休憩です。


鉄塔からすぐ上の尾根道に入ります。ここは先週走った尾根道です。この尾根道は親父好みです。まずは岩場道を下ります。


お気に入り尾根道の赤城山展望台です。ですが、赤城山は見えません。


林道に出て下りのST入口へ向かいます。1週間前には倒木等が全くなかった林道に、今回10カ所以上のこんな倒木があり、通行止めになっていました。ほとんどの倒木が松でした。


STに入りました。こんないいSTなんですが、現在はほとんど利用されていません。もったいないです。


STの先にはこの滑空場跡があります。


旧道はこの滑空場跡の先にあります。 旧道はほとんど廃道状態で、前の道筋を知らないと下れない状態です。


後半は倒木だらけでほとんど走ることができず残念!倒木がなければ掘割の道で最高なのに。


集落に入り、史跡を訪問します。そこで地元のおじさんと、旧道のはなしや史跡の言い伝えを聞きました。お堂の横を歩いている方です。恐ろしい話、この石輪を回したら二人死んだので、地元ではこの石輪は回さない。観光できた人はありたがって石輪を回す・・・とか。 お話を聞くことによって、走っているエリアの理解が深まって楽しいです。


ゴールの駐車場に帰る道。桜の花が咲いていました。小春日和の一日でした。


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/03/25(日) 07:03:21|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

てれたま山4本ツーリング 午後の部

公共施設の休憩舎で昼食を取り、午後の部の2コースのスタートです。大人数でハイカーさんとの接触を避けるために、最後の4コース目がメインになってしまいました。初めての方には最後に負担をかけてしまって申し訳なかったです。
午後は山の反対側を下るため、ピックアップ車を尾根を越えて移動させます。これが時間が掛るんですよね。
3本目は展望地から峠に下り林道を下るコースです。ちょっと長い林道上りと走り易いSTと林道下りが特徴のコースです。
走行距離 5.1km  累積標高 +145m  -451m
親父指標 体力:2  技術:2  快適:4  景色:4  総合満足度:3
見晴らしの良い展望地で記念撮影です。 バックにパラグライダーが見えます。


ちょっと長い林道上りです。林道とSTのショートカットを走ります。適当に歩きます。 展望地からは下りのみと言ってメンバーを励まします。


林道から北方面を眺めます。


展望地から眼下に目をやるとパラグライダーが飛んでいます。上空にも数張(と数えるのか不明)飛んでいます。


展望地から先は下りのみ。快適なST下りはもちろん画像なしです。 その後の林道走りも快適そのもの。ここから遅い親父車では申し訳ないのでおぎちゃんに代わってもらい下って行きます。


最後尾で走る親父は、途中で離されてしまいます。 途中でNjimaさんが道を塞いでおりました。幸い怪我はなかったようですが、痛そうです。 フロントが滑ったようです。
下り終えると3本目が終了です。


疲れが出たところでメインディッシュの4本目となります。 数か所難所ギャラリーエリアがあります。
走行距離 6.0km  累積標高 +227m  -573m
親父指標 体力:3  技術:4  快適:3  景色:3  総合満足度:4
午前と同じ場所にピックアップして、反対の尾根に上ります。


短い尾根を上り、すぐにV字直滑降です。いつもの様にいい画?が撮れるよう待ち構えています。 早速期待していた画像が撮れました。(笑  OKサイン?を出しています。さすが監督!


3本目に続いてお見事です。


派手なパフォーマンスです。


転倒にめげず、最後まで下り切ったIdaさんです。 お見事!


次のセクションガレ道下りです。厳しい旧コースの中央走りと新迂回コースがあります。先週親父がソロで中央を下った時は、ウエット状態で足つきが何回かとプチ転倒もありましたが、今回の路面状態はよかったのでイメージ通り下れました。
爆走隊メンバー以外は初見なので、この荒れたガレ場攻略は厳しいでしょう。 コースをチェックしています。


走るコースが決まったようで、一気に下って行きます。


後半部、岩をまくところです。ここも難しいです。


岩をまいて下って行くOtkさんです。


ガレ道が終わると大岩下りです。 岩の縁を走るのは勇気がいるんです。初見で走るとは、立派です!


次はおぎちゃん、ストレートのラインでパス。テクとオーバースペック車で次元が違うので参考になりません。


相変わらずスマートに下っていますフランスさん。


次は悪魔の喉笛。スタートは広い道幅ですが、最後は30cmほどしかクリアできるところがない、しかも止まれない斜度。厳しいところです。 ここが一番狭い終点付近。


終点部から上を望みます。初見では厳しいですね。


峠に下り終えて、登り始めます。担ぎセクションです。 時間があれば逆走の急坂下りもやりたいところですが、今回は時間がないのでパスです。


登り終えて小休止です。 疲れ切ってしまったかな。上りはあと少し。


掘割を上ります。山頂はもう少し。


山頂からの眺め。見やすいように伐採したようです。ここは風が吹くんですよね。風が冷たいです。


ST最後の下り、最後の転倒ですね。 力つきましたか。


あともう少し、お疲れ様です。








STを走り終え、ロード走りで駐車場へ帰ります。陽が傾いています。よく走りました。 このエリア、あと3コースありますが、この次にしましょう。 参加の皆様お疲れ様でした。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/03/24(土) 10:22:53|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

山岳爆走隊Googleコミュニティー  2018 0325 よこっぴきツーリング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2018/03/24(土) 08:09:29|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

てれたま山4本ツーリング 午前の部

18日、以前から情報交換をしたり、一緒にツーリングをしているmtrブログの△本さんグループから、親父のテリトリーであるてれたま山ツーリング参加の打診があり、久々9名という大人数でツーリングを行いました。コースはいつものてれたま山の4コースを、ピックアップして走ります。 配車計画は集合してから練るという、かなり頭を使いました。破たんしなくてよかった。ホッ! かつて毎週大人数の配車計画を練っていたことを思い出しました。
午前2コース、1本目は山頂から北尾根を下るコースです。
走行距離 3.6km  累積標高 +123m  -428m
親父指標 体力:2  技術:3  快適:3  景色:2  総合満足度:3 
1コース目と2コース目のゴールにピックアップ車を駐車させ、山頂直下の駐車場へピックアップします。山頂に登って行きます。久々の大人数で一列に登る姿が絵になります。 一人自己満足!


山頂から北尾根を下り始めます。ちょっと浮石がありますが、走りには影響はありません。


先週に続いて参加のNsakaさんです。今日は親父の次を走っています。前回より走りが軽いように見えます。


アップダウンの尾根道もこの広場で終わり、ここからスラロームの始まりです。


落ち葉たっぷりスラロームを下ります。 参加のメンバーです。












極狭下りで転倒です。早速レポーター出動! 10秒ルールが待っています。(笑


△監督いい動画撮れましたか。


STを下り終えてゴールの池へ。満開の梅の花の下を走って行きます。 


2本目は北面旧道コースです。ここは後半の落ち葉地獄道が特徴です。
走行距離 5.6km  累積標高 +148m  -491m
親父指標 体力:2  技術:3  快適:3  景色:2  総合満足度:3  
1本目と同じく山頂へ登ります。


山頂から林道に沿った尾根道を走ります。すぐに岩場の難所が出現します。 まず親父が下ります。


続いてNsakaさんが下ります。今日は調子がイイ感じです。


人が見てると要らぬパフォーマンスをするフランスさん、おっとMTBを投げ出した。これもパフォーマンスか! 転倒しなくてよかった。ホッ! 


尾根道を下り、展望地に到着です。 ここからの景色です。


後半の落ち葉地獄道に入りました。落ち葉の下に浮石、枝があるのでチョット走りにくいです。


ここの攻略はなるべくバームを利用します。慣れれば結構楽しめます。KB田さん、快調に走ってます。


STを下り終え、ゴールの駐車場へ向かいます。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/03/22(木) 22:54:44|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

山岳爆走隊Googleコミュニティー  2018 0318 てれたまツーリング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2018/03/14(水) 07:30:17|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

とうちち4本ツーリング 午後の部 2~4コース

午後の部3コースの始め2本目です。1本目と同じところにピックアップして、林道を若干のぼって下ります。浮石のいやらしいコーナーがありますが、全体的には快適なDHコースです。
走行距離 5.3km  累積標高 +38m  -499m
親父指標 体力:2  技術:3  快適:3  景色:2  総合満足度:4 
ここは3本目のコース一番の難易度が高いところです。


一本目と同じ林道を上って行きます。親父はもう歩きます。


STに入ります。 おおっ、八王子クンが親父の次の二番目だ! 突かれない様、気合を入れなければ。 おっと、木に滑って転倒したところを激写。


一回目の林道に出ます。


N坂さんも快調に走ってきました。 


林道を横断してまたSTに入ります。ガレがひどくなりますが、これがまた楽しいです。


3本目、ピックアップした峠からのショートコースです。谷道になりますので急傾斜のガレガレ道です。
走行距離 1.8km  累積標高 +15m  -292m
親父指標 体力:2  技術:3  快適:3  景色:2  総合満足度:3  短すぎるのが難点 
STに入る直前にモーターサイクルが上ってきました。この道を上るなんて、と思っていたら外国人ライダー3名でした。ばつが悪そうにしていました。日本人の感覚では走らないでしょう。
短いのでガレガレ道を一気に下ります。林道に出る前の一番厳しいとことです。


さすがに初見でも下っちゃいますね。さすが!!


4本目は今迄と違う山域になり、一般的に一番走り易いコースです。
走行距離 3.7km  累積標高 +28m  -486m
親父指標 体力:2  技術:2  快適:4  景色:3  総合満足度:4 
ここは親父車で先頭を取るのは役不足なので、フランスさんと交代して、親父は最後尾を走ります。林道まで一気に走ります。さすがに前を行くS根さんの走りを見るつもりでしたが、すぐに姿が見えなくなりました。(笑
ここは林道に出るところ。


林道に出てからは集落の中を抜ける旧道。写真は昔の旧道です。 この先の川を渡ればゴールは直ぐそこです。


ドライバーピックアップで戻ってきた峠です。


17時をまわりました。今回はここまでとします。


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/03/11(日) 17:50:46|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

とうちち4本ツーリング 午前の部

今回はレース系メンバーとmtrの△本さんグループと異色の取り合わせのツーリングです。場所は久々のとうちち。積雪で来られなかったんです。いつもの4コースですが、1本目のコースは初めて走るメンバーが多いことを考慮すると、最初の周回コースは余分だったと反省です。
走行距離 11.3km  累積標高 +514m  -976m
親父指標 体力:3  技術:4  快適:3  景色:3  総合満足度:4  上りが多かったので辛かったかもしれないです。(汗
周回路の半分、見晴台で記念撮影です。天気予報では小春日和になるようですが、雲って肌寒いです。


ピックアップした峠から(元)廃林道に入ります。半年前はバイク跡のST状態であった林道も、今回その林道に入ったら4輪が走られるように補修されていました。 ぐるっとトラバースしていきます。先頭グループです。S根さんは次のエンデューロに向けてペダルを漕ぎ続けます。


後続の△本さんとN坂さん、なかなか良く撮れました。


ちょこちょこ谷を横切ります。こんな滝が見えたりします。林道中間部、そろそろ親父は歩き始めます。


しばらくぶりに会った社会人になった八王子クン、高校生の時と同じように上りはヘタレでした。(笑


ロードの聖地の峠に出てからロード上りになります。途中の見晴台で記念撮影をして望星に向かいます。


望星からSTのDHに入ります。 途中の林道横切りで、まさかの八王子クンの転倒です。


再びピックアップの峠に到着です。 走り慣れた爆走隊メンバーならいいが、初めてのメンバーには精神的に厳しかったようです。コース選定のミス、親父反省です。次は花がさ山に上ります。 担ぎ上げです。


担ぎ上げの末に山頂に到着。ここからは親父的に快適な難路のSTです。 途中からはホントに走り易い道です。なので画像はほとんどありません。 △本さんが下ってきました。


N坂さんも快調に走ってます。


S根さんは余裕です。


最後に旧道の九十九の下りです。さすがフランスさん、バッチリ決まってますね。


N坂さん切れ込んだ谷道を走ってます。


おっとS根さんコースアウトか。


ここでケツを振るのか八王子クン!


ゴールに近い民家の脇にて。梅が満開でした。これで午前の部、1本終了です。 正直担ぎが利いたようです。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/03/11(日) 08:09:43|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

まとめ