山岳爆走隊ツーリングブログ

埼玉・群馬界隈のシングルトラックを楽しむMTB仲間、山岳爆走隊の活動ブログです。固有名詞は仮称です。

山岳爆走隊Googleコミュニティー  2018 0224/25 単発ツーリング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2018/02/20(火) 23:10:02|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

懲りずに望星雪道ツーリング 2本目

駐車場で昼食を取って、午後の部に入ります。このエリアでピックアップ可能なのはここだけなので、1本目と同じ駐車場へピックアップします。下るところは林道です。途中からアイスバーンになっていて、アイスライディングを楽しみました。(泣 特別なテクニックが必要です。いつもは使わない腕を使ってばかりいるので、肩が疲れました。
走行距離 8.7km  累積標高 +155m -829m
親父指標 体力:3  技術:3  快適:2  景色:2  総合満足度:3
林道走り始め、足を広げてバランスを取って下って行きます。


ガチガチに凍っています。親父が一番遅いです。


荻ちゃんが一番早い。おっと、気を抜くと滑ってしまいます。


轍道に入ります。思ったより溝が深く、かつそこに石が落ちて走りにくいのなんのって。走るのが辛いです。しばらくはこの轍道はいいかな。(笑


閉鎖林道を上って快適シングルに向かいます。


最後の斜面、ゴール方面を望みます。


下り終えて展望台で記念撮影です。 お疲れ様でした。 レポートにハッシーさん画像も利用させていただきました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/20(火) 22:54:32|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

懲りずに望星雪道ツーリング 1本目

18日先々週走った雪道コースを再度メンバーを変えて走ります。そろそろ雪が融けているだろうと判断しています。シングルトラックはそこそこ雪はないのですが、林道はまだまだ雪が残っています。
走行距離 11.2km  累積標高 +332m -995m
親父指標 体力:3  技術:3  快適:3  景色:4  総合満足度:4
北斜面を下ったところの峠です。まだまだ雪が残っています。


ピックアップした駐車場には誰もいません。車から降りると寒さが身に沁みます。ここで記念撮影です。


望星に向かってロードを上って行きます。道路は凍結しています。気を付けて走ります。


望星に到着しました。展望が開けスカイツリーも見えます。写真的にはこちら秩父方面がイイですね。


北斜面を下ります。前回は積雪でほとんど走れませんでしたが、今回は積雪は少ないでが、圧雪した雪が凍っています。下っている最中に前方が凍っていることが分かり、転倒前にストップしました。


ハッシーさん、凍結路に救われ見事に転倒です。


この先峠まで快適に走れました。峠からは前回積雪で走れなかった旧道へ向かいます。結構走れました。林道に出るとこんな感じ、凍結路でした。


標高が下がり、雪のない裏おまいり道を走ります。


古刹に到着!


蝋梅が満開で、いい香りがします。


街の裏街道を走ってゴールの駐車場へ向かいます。 レポートにはハッシーさんの画像も使わせていただきました。


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/19(月) 23:46:09|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

極上の九十九を下る おまいり道ソロ

17日先週下ったタイトコーナー連続のおまいり道、難関コーナーも何とか下りられるレベルであるので面白い。ただ、このコースはタイトコーナーが好きじゃないと楽しめないコースなので、ソロで行きます。今日は納得いくまで、結局3回走りました。
走行距離 1.8km  累積標高 ±185m
親父指標 体力:3  技術:5  快適:3  景色:2  総合満足度:5 ドンピシャ親父好み(一般は?) 
ここからコースが始まります。


車で雪道を上り、神社前の駐車場にデポします。曇り空の下、風があり、走る気分が萎えます。(笑


展望地まで上って一休み。広い公園の中、トレランさんが1人、昼食を取っているだけでした。


展望台から先、STに入ります。STに入ってすぐにタイトコーナーの石祠が見えてきます。タイトコーナーに入って行きます。
石祠から中間部までは緩い傾斜でテールホップの練習がてら下って行きます。中間部の小広場に入る手前のコーナーが一番難度の高い。前回フランスさんが転げ落ちたコーナーだ。一回目のチャレンジ、木の株に後輪が乗り上げ前のめりの前転しそうに、何とか立て直しました。危なかったー! 改めてコース取りを検証しました。


小広場からの九十九、前回より一回でクリアできたコーナーが少ない。緊張感が足りないな。もう一回やり直し。前回はリスクが大きいとして唯一チャレンジしなかっら岩場のドロップオフ、うまく下れました。九十九の終点の林道に出て、再度石祠まで上って再びチャレンジします。


一旦デポ地に戻って昼食を取り、今度は別コースの谷道からお寺跡に上り、再びタイトコーナー3本目に向かいます。
走行距離 5.4km  累積標高 ±344m
親父指標 体力:3  技術:5  快適:3  景色:3  総合満足度:5  ドンピシャ親父好み(一般は?) 
WTから初めてのコースに入って行きます。


ミツマタの群生がありました。


谷道から尾根に向かって急こう配の坂を上って行きます。


お寺跡が見えてきました。前回はこのお寺跡からこちらの道を眺めていました。


お寺跡からまた新コースの上部への道に入ります。すぐに分岐となりました。全く案内標識がありません。 ここから岩壁の展望台によってぼっくり尾根道に入ります。


バックり尾根後半のストレート道です。 石祠までもう少しです。


3回目のタイトコーナーコースに入ります。一気に下ります。最難関も予定したコース取りができ危なげなくクリア、あとは大事にコーナーをクリアして、ノーミスで走り抜けました。・・・まぐれです!!


林道を下りデポ地に戻り、気になった集落の神社方面に向かいます。途中、道端にあった石灯籠の雰囲気がイイです。


立派な神社でした。


デポ地に戻る途中でお地蔵様を見つけました。 風が向かい風になり、寒く、進まなくて疲れました。このエリアはこれで終了です。


時間があるので、次は寄り道エリアの年金山に上ります。
公園の駐車場にデポして年金山で超マイナーなハイキングコースから上ります。
走行距離 4.8km  累積標高 ±336m
親父指標 体力:2  技術:3  快適:3  景色:4  総合満足度:3
16:00駐車場には誰もいません。ここからすぐの所にハイキングコースの入口になります。


笹薮の道を抜けると人が歩いた気配のない道です。夕方ですのでちょっと不気味です。


今年になって一度もクリアできなかったキャンバートラバースを、今日はパスできました。


16:40山頂に到着しました。もちろん誰もいません。風が冷たいです。 おっとモーターサイクルの音がします。おいおい、ここはないだろう。帰りの南コースにも轍がありました。またショットカットして上って崩した岩を戻して置きました。勘弁してくれよ!
神社コースに下ってデポ地に戻りました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/18(日) 22:54:50|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0

急告:山岳爆走隊Googleコミュニティー  2018 0218 時のかわW

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2018/02/17(土) 07:48:14|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

里山探索の成果を確かめるツーリング 3/4本目

今日のハイライトを走ったため、あとは気になったショートコースを走ることに。3本目は以前走ったのだが忘れてしまったため、思い出すために走ってみました。結果はイマイチだったんです。
走行距離 2.5km  累積標高 +25m -195m
親父指標 体力:1  技術:1  快適:2  景色:2  総合満足度:2  ここはもう行かなくていいです。
下り終えた遊歩道の中の川渡りです。


このエリアでの中継地点とピックアップ地点の見晴台。数年前から顔なじみになった地元の坊主と話します。 おいおい腹1枚で寒くないかい? 寒くないよ!


いつもは上るコースを下ってます。


集落の中を走って行きます。その後は旧道へ入って行きます。


旧道を下ります。以前は趣のあるSTの記憶がありましたが、今回は1.5Tになっていて、路面の補修がまずいのか雨水に削られて荒れに荒れている。


下り終えて遊歩道に入ります。こちらはイイ道です。


遊歩道が終わるとゴールまでは舗装路走りです。道端にお地蔵さまが祀られていました。


いつものデザート快適コース、ねこパークDHコースです。
走行距離 2.5km  累積標高 +35m -218m
親父指標 体力:1  技術:3  快適:4  景色:2  総合満足度:4 


時間がないので一気に下ります。中間地点で記念撮影です。


快調に走ってゴールです。今日はよく走りました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/12(月) 21:49:33|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

里山探索の成果を確かめるツーリング 2本目チェレンジ遍

初めてのデポ地で昼食を取ります。日差しが出て快適でした。2本目は神社にピックアップして、今日のハイライトおまいり道のスイッチバックを初めて下ります。探索時は歩いて様子見した道です。優しそうに見えるコーナーもいざ走ってみると、結構厳しいことが分かりチャレンジがいがありました。親父、このコースに嵌りました!
走行距離 3.0km  累積標高 +157m -347m
親父指標 体力:2  技術:5  快適:4  景色:2  総合満足度:5 短いながらも友峰さん好みの難度の高いスイッチバックが魅力。
難度の高いコーナーを下り終えた先、楽勝と見えたコーナーも実際厳しかった。  


駐車場へピックアップしてすぐに担ぎ上げです。


いつみても立派な彫刻です。


裏山を上り、新コースの連絡コースに入ります。この連絡コースは探索していないのですが、勘でいけそうと思った道です。


お寺跡に到着、ここから途中までぼっくり尾根道と並行して走る道を下り、石祠のピークにでます。ここからおまいり道へ分岐。
これから下る道を眺めています。最初は前菜コース。


コースは前菜から一気に最高難度のコーナーになります。親父はMTBを投げ出す覚悟でチャレンジした結果、上手くコントロールできて運よく曲がれました。フランスさんも負けじとチャレンジ、見事轟沈。撮影している親父のところに転がってきました。カメラ片手に背中をつかんで地面とのキッスを免れました。


中盤のタイトコーナーの連続です。しょぼいテールホップと粘り腰ターンでクリアしていきます。


正直、初回でクリアで来たのは50%程度でリトライして攻略しました。見た目よりコーナーの路面が複雑でバランスを取るのが難しいんです。


ショートカットしないでコーナーをまわるのが結構大変です。テールホップでもリアが当たっちゃうし、師匠の友峰さんだったらうまく流して曲がるんだろうなと、フランスさんと話す。


フランスさん、ここからテールホップしてターン! 華麗ではないけれど楽しく回れればいいのです。 友峰さん始め、静岡で知り合った方々のスーパーテクニックは自分たちでは無理だと思っているので、自分たちのスタイルで安全に回れればいいと思っています。


全長200mほどのスイッチバックを下り終え、どっと疲れました。この後はWTを下ってデポ地です。


ゴールの駐車場所まであと少し。毎度のことですが、凍結した舗装路を走ったフランスさん、転倒です。まあお約束なので驚きませんけどね。
ここでソロのMTBerさんに会いました。いいMTBに乗っています。あまり走られていないようです。少し話して車の戻りました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/12(月) 08:59:59|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

里山探索の成果を確かめるツーリング

二日目に探索した道を実際下ってみてどうか確認してみます。少年が走っていたコースを自走で、ピックアップでタイトコーナーおまいり道と集落からのDH、最後にデザート快適道の4本です。
走行距離 6.7km  累積標高 ±467m
親父指標 体力:2  技術:2  快適:4  景色:4  総合満足度:3  優しすぎて退屈かな
ここは初めての見晴台です。他の見晴台と違って関東平野が近いって感じです。


初めてのデポ地です。上ろうとするといきなり凍結路です。


神社のお参り階段を担ぎ上げます。


上ったのはぼっくり尾根道です。下りコースとしては初級レベルの走り易い道です。


名勝の絶壁です。横の階段を上れば絶壁の上の展望台です。


展望台からの景色です。2本の木がなければもっといいのですが。


一旦、山頂近くの休憩地まで上り、お寺跡に下ります。ここはマイナーな場所ですが、展望も利いて穴場です。ここからDHをスタートします。


スタートから快適なDHコースを下ります。少年たちもここを下ったのでしょう。コースの後半はWTのダートコースを下ってゴールのデポ地に到着です。


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/12(月) 02:53:44|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

急告:山岳爆走隊Googleコミュニティー  2018 0212 おこし探索ツーリング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2018/02/11(日) 18:04:36|
  2. ツーリング

プチ雪道STと里山探索

積雪でピックアップが制限される中、走れるところを探しながら3コースに行って見ました。第一番目はメジャーなコースはどこまで走れるのか探ってみました。ピックアップ林道は途中から道に雪が残っており、しかもガチガチに凍結していました。30分ほど凍結した林道を歩いて上り、見晴台から下って行きます。下りは上部に雪は残っていましたが、走りには問題ありませんでした。(写真)
走行距離 7.0km  累積標高 +342m -608m
親父指標 体力:2  技術:3  快適:3  景色:3  総合満足度:3 


途中で車を断念し、林道を歩いて上って行きます。轍の部分は凍結して滑ります。30分ほど上ります。目指すは見晴台。


見晴らし台に到着。日当たりはイイのですが、まだ雪が残っています。遠くはガスっていてスカイツリーは見えませんでした。


見晴台からSTに入って行きます。上部は適度に積雪があり、細かな段差はカバーできるので快適でした。ただ、雪の下の木の根は滑りやすいので、要注意です。


途中でフランス車から「バキッ!」という大きな音がしました。振り返るとサドルが落ちていました。ヤグラを固定するボルトが破断していました。


フランスさんは今日、サドルなしで走る羽目に! 師匠の友峰さんと同じです。 ゴールの駐車場で昼食を取ります。


二本目は大木からの里山横断コースです。雪はほとんどありません。この場所からスタートします。
走行距離 2.7km  累積標高 +136m -270m
親父指標 体力:2  技術:2  快適:3  景色:2  総合満足度:3 


山頂まで上って行きます。超マイナーなコースのため枝・倒木があり、上りにくいです。


山頂まで上れば快適な下りとなります。一気に下ります。調子に乗り過ぎました。


梅林まで下ってきました。梅のは野を見つけました。


梅の花が咲き始めていました。ミツバチもいます。 梅まつりも近いでしょうか。ゴールは近い。


3コース目です。観音様からハイカー駐車場までの快適下りを走ります。スタートはこの展望台。
走行距離 4.2km  累積標高 +293m -453m
親父指標 体力:2  技術:3  快適:3  景色:2  総合満足度:3 


階段を上り神社に到着。小さな集落の神社ですが、鐘楼もあって立派な神社です。


裏山を担ぎ上げて、下ります。


快適に下ります。途中、寄り道をしてフランスさんとスイッチバック対決をします。前回は親父が完敗しました。今回は共に7勝2敗(含インチキショートカット)で引き分けでした。


おっとっとー、プチ転倒です。お互いテールホップターンまだまだだね。 スイッチバックを下り切ったところで探索を開始です。


神社への参拝道を上って行きます。歩きで見つけたこの道、なかなかのタイトコーナーの連続で面白そうです。


折角なので神社にお参りします。ここの裏側の道を上って奥の院へ。そこで地元の青年MTBer二人と会いました。17歳と15歳、もちろん自走でここへ来たそうです。しばらく雑談して別れました。


自転車を置いたところに戻り、別のコースに入ってみます。尾根に上っていますが、下りコースとして良さそうです。


いつもの尾根道へ合流しました。ここなのかと納得しました。いつもさーっと下ってしまうので、分岐が分かりませんでした。この先はいつもの快適コースを下ってゴールの駐車場に着きます。 次回は探索したコースを下ってみましょう。


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/11(日) 11:52:13|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

急告:山岳爆走隊Googleコミュニティー  2018 0210 おこし適当ツーリング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2018/02/09(金) 21:24:29|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

ときのかわ 積雪の望星を下る 付録コース

午前の望星からのDHでは思った以上に多い雪で、上部は走れなかったので、昼食後は標高の低いブナ山ショートカットコースを走ることに。いつもは長い上りの林道走りがありますが、1本目で雪があることが分かり、そこをパスしてDHのみ楽しみました。DHコースは全く雪がなく快適でしたが、正直ちょっとは雪がほしかったです。
走行距離 2.2km  累積標高 +32m -264m
親父指標 体力:1  技術:2  快適:4  景色:3  総合満足度:3 本来のコースのショートカットなのでしょうがありません。
写真は最後のロングスイッチバックに至る展望地です。


ピックップ路とスタート地点には雪がありました。樹々を通して見える山々には、白い雪煙が見えます。これからスタートです。


いざコースに入ると雪は全くなく、路面はウエットな状態でちょっと期待外れでした。一気に下って行きます。


ぬれ落ち葉が滑りそうでしたが、危ない場面はありませんでした。


ブナ山山頂です。山頂の標識となる標柱は朽ちかけていました。


ブナ山山頂からの道は南斜面になり、ドライな状態でした。今日初めてのドライです。そこからロングスイッチバックに入りました。


DHコースを走り終え、最後の記念撮影です。今日はこれで終了です。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/06(火) 20:32:34|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

ときのかわ 積雪の望星を下る

雪道と言ったらこちら望星の北斜面の林間コース。新雪ライディングを期待してときのかわに来ました。今週2度目の雪が降ったのでピックアップの林道の積雪が不安でしたが、なんとか上部の駐車場までピックアップできました。楽しみにしていた雪道ライディングは思ったより雪が深く、MTBが進まないのです。残念!!
走行距離 11.5km  累積標高 +302m -948m
親父指標 体力:3  技術:4  快適:2  景色:4  総合満足度:3
写真は望星から下った峠の状態です。ここからいつも走るSTは雪が深くて行けませんでした。(泣


ピックアップした滑空場の駐車場には誰もいません。ピックアップ車が帰りにスタックしないよう、余裕をもって駐車します。標高810m、ヒヤッとします。いつもの広場で記念撮影をします。バックは雪が残った山々が見えます。


望星へ雪道の林道を走って行きます。トルクにむらがあるとスリップするので、ペダリングに気を使います。まだ凍結していないのが救いです。


望星の頂上から見た秩父市街です。雲海が壁のように覆っています。初めてみました。山頂の売店は開いていませんでした。


林間ST方面へ接続WTを走ろうとしましたが、積雪が30cm程度ありMTBが進みません。こんなはずじゃあなかった~。


急斜面も雪が多すぎでコントロールできません。先行するフランスさんも轟沈です。


旧ハイキング道に入るといい感じに走れます。BESTな状態より若干雪の量が多いのですが、後輪に荷重を移動するといい感じで走れます。十分楽しめました。 峠に到着です。この先の超マイナーSTは、この写真のように雪が多くて走れません。断念です!


仕方なく峠からは林道を下ります。


休憩舎にはWTBが走った後が残っていました。先客は林道をずっと下って来たようです。STの途中から我々は分岐します。この道は急斜面のある難度の高い道ですが、積雪により下り易くなっていると期待しましたが、かえって滑り厳しくなっていました。


苦労しながら林道にたどり着きました。


うらおまいり道に入ります。積雪が少なくなり、走り易くなってきました。


時の山の下り、最難所の急坂クランクは滑りながら下って行きます。なんとか下って走り抜けます。


古刹の裏に出ました。いい天気です。


古刹のおまいり道を下って行き、新名所である蝋梅園に入ります。時期的にはまだ早く、蕾が多いです。


旧おまいり道は雪が少なくなってきました。ここは藪だった所が積雪で走り易くなっていました。


街中に入ってきました。旧道の面影があります。ゴールはもうすぐです。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/04(日) 22:06:47|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

山岳爆走隊Googleコミュニティー  2018 0204 ときのかわ雪山ツーリング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2018/02/03(土) 16:47:57|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

大雪の後の里山を走る 後半

前半の昼食に続いての後半です。午後も里山2山を登ります。走行データと指標は前半に含めています。参照してください。
午後のハイライトはこの画像の草原から幻の峠、その先のDHコースです。下りコースは超マイナーで、この日は野生動物の足跡しかない雪道を下ってきました。


昼食後はこの小江戸の面影がある路地走りをします。無数にある路地があり、途中で行き止まりがあったり、ポタリング気分で走ります。方向的には城址方面に向かっています。


民家の間隔が広くなり路地が無くなると裏通りを走ります。お大臣の屋敷があったり、発見のある裏通りです。裏通りの終点はこの畦道になります。


城跡に上ります。ずっと階段を担ぎ上げます。雪が積もっていなくてよかったです。心拍系を付けていたらレッドゾーンだったでしょう。狭くて途中で休めません。年寄りには体に悪いです。(笑


城址はパスして尾根道に入ります。以前はこの尾根道もマイナーな道でしたが、たまにハイカーさんに会うようになりました。この草原から展望台に向かいます。樹が伸びて視界も狭くなってきました。初めて来たときは幼木でしたが、月日の経つのは早いです。


草原から再び尾根道に入ります。この急登は短いですが、傾斜が半端ではありません。ロープもありますが、ザレていて滑りやすいです。


幻の峠に到着です。どなたか石祠の前に小石を置いています。ここは隣村との生活道と尾根道が交差する峠のはずですが、現在は生活道はほとんど歩かれていません。


峠から里へ下って行きます。雪道には人の入った形跡はありません。斜度、積雪量、雪質ともいい条件で、下るのが楽しみです。ただ心配なのは人が入らない分、倒木がどうなっているかです。


心配された倒木も前回よりはマシになっており、十分下りが楽しめました。雪が細かな凸凹を和らげてくれるので、FRの親父の年金車には天国のような走りができます。久々のハッシーさんも満足してます。


里に戻って来ました。高台の神社で見かけたはとぽっぽの像です。親父の近くの神社にもハトの絵がありました。


しばらくぶりに史跡に行って見ました。立派ですね。再確認です。


参道の裏道のSTを下ります。この景色が良いですね。


街中に入ってきました。酒蔵の煙突です。併設の店舗に入りたかったのですが時間が無くなりました。


往きは路地、帰りは川沿いの遊歩道を走ります。


いつも帰りによる肉屋さんに寄ります。去年3月に移転して初めて寄ります。洒落た店になっていました。メンチカツとコーンコロッケを買って食べました。揚げたてで美味しかったです。


4つ目の山に登ります。この道は北斜面で積雪が多いです。


これから下ります。陽が傾いてきました。


山から下り終えてデポ地に向かいます。その前にショートカットの丘へ向かいます。


ショートカット道を抜けてデポ地まではもうすぐ。今年の花のシーズンは観光客で賑わうかもしれない道を走ってゴールとなります。
まる一日十分楽しみました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/03(土) 10:08:27|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

大雪の後の里山を走る 前半

今週この地方としては大雪が降ったため、いつもの山には行けないため、里山の自走ツーリングを計画しました。雪が降ると走るいつものコースです。このコースは里山を4山、上り下りをします。今回のレポートは前半の2山分です。
走行距離 33km  累積標高 ±1034m
親父指標 体力:3  技術:2  快適:3  景色:4  総合満足度:4
このエリアは雪が降ってから1週間近くたちますが、北斜面はこのように雪が積もったままです。実際雪のある山道を走ってみるとまだガチガチに凍っていないため走り易かったです。


河原にデポしてスタートします。例年冷たい風が吹いて凍えそうでしたが、今回は風がなく快適なスタートでした。快適だと調子に乗るのがフランスさん、ウイリーの真似をして、まだスタートしてから100mなのに転倒です。


渓谷に向かって集落の中を走って行きます。1年前に比べ、新しい施設ができていたのには驚きました。渓谷の入口の冠水橋を渡ります。前回は工事中で渡れませんでした。


遊歩道を自転車から下りて歩いて行きます。ここはこの渓谷の最深部で、川が蛇行して流れが緩やかなため、広く凍結しています。


凍結している部分をよく見てみると、さざ波が立った状態で凍ったように波のような形をしています。


遊び過ぎました。渓谷の最深部から戻って遊歩道を歩いて行きます。遊歩道の最後、岩壁の上には地位はな祠がありました。


第一の山をいつもとは違った階段のある入口から入ります。マイナーなSTですが、笹はある程度刈られていました。最後の直登は雪で滑りやすく厳しかったです。


山道はまだまだ雪が積もっています。下りも雪が積もっていましたが、グリップはするし浮石段差を雪がカバーしてくれ、気持ちよく下ることができました。


山道を下った麓の風景、親父お気に入りの石灯籠と畦道の風景です。


氷が張った川に野鳥が下りて、エサを探している珍しい光景です。ちょこちょこ歩き回るので、撮影するのが大変でした。


第二の山に登って行きます。ここには遊歩道があるので、そこを上って行きます。ここも雪が残っています。


遊歩道を半分来たところで小休止です。ここに蝋梅が咲いていました。満開ですね。


雪山をバックに、見晴らしの良い所で記念撮影です。


山頂までは急坂を2カ所登ります。急坂を迂回する道は雪が圧雪されて滑りやすくなっていました。


山頂に到着です。ここから昼食予定の街が見えます。


こちらの下りも雪道ならではの快適なDHを楽しんで、街中に下ります。途中で雪が一面雪が残っている畦道を走ります。


小京都と呼ばれる街を走ります。


山岳爆走隊御用達の食堂で昼食を取ります。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/01/29(月) 22:22:18|
  2. ツーリング
  3. | コメント:2

山岳爆走隊Googleコミュニティー  2018 0128 あらしやま自走ツーリング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2018/01/26(金) 20:56:27|
  2. 山岳爆走隊Googleコミュニティー

降雪前のナック5峠Wヘッダー 古木コース編

昼食を展望台で景色を見ながら取ります。
これから同じナック5の峠から古木コースへ向かいます。写真はこのコースの代表的な難路、ためらい坂。下る前に必ずチェックします。どんどんドロップオフがきつくなり、難度が上がって行きます。前半の難路エリアを迂回するコースもありますが、爆走隊はこれが楽しみで果敢にチャレンジします。
走行距離 9.8km  累積標高 +295m -981m
親父指標 体力:3  技術:4  快適:3  景色:3  総合満足度:4


JET坂のピークに上ります。


今回は若干のウエット状態でグリップしてバッチリコントロールできています。イノッチもにっこり!


これからの難路にフランスさんが気合入れの雄たけび。


激狭トラバースを下ります。


度胸一発、奥の尾根道を下ります。


奥の尾根道の後半、木の根道です。 おぉ、決まってますねフランスさん。


親父鬼門のためらい坂。3回目のやり直しでクリアしました。後半は自転車が進む方向に行ってしまいました。


次はフランスさんがチャレンジ。一発でクリア、ストレートに下って行きます。


今回は城郭跡へ行きます。途中に見晴らし台があります。ここで小休止して記念撮影します。


城郭跡へは担ぎとなります。やっぱオリンピックの年毎に1回のぼればいいかな。


ここから快適道です。竹林が整備されていました。


最後の上りです。


下って来た山を望みます。


小休止です。


境石DHコースを下ります。前回ここで親父は顔着したところです。ゴールはもう少し。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/01/25(木) 23:16:52|
  2. ツーリング
  3. | コメント:0

降雪前のナック5峠Wヘッダー 見晴台コース編

先週のツーリングでピックアップ林道に積雪がなく峠までのピックアップが可能であったため、今週はナック5峠のWヘッダーを企画しました。今回は先日雨が降ったため路面はしっとり濡れた状態でグリップは最高。走り易かったです。
一本目は見晴台から尾根コースを下ります。ここは前半のSTの終点です。名産のゆずをデコレーションしました。(笑
走行距離 7.0km  累積標高 +148m -796m
親父指標 体力:3  技術:3  快適:3  景色:3  総合満足度:4


ピックアップした駐車場からスタートです。スタート直後の道には氷柱がありました。


小ピークに上って行きます。初っ端から辛いです。


峠からSTへ入ります。1本目は体慣らしにジェット坂は迂回して走ります。その先のガレ道がもっとひどくなっていました。手強いです!


見晴台に到着。ここで記念撮影。スカイツリーが見えました。


見晴らし台の駐車場に止まっていた車、ドライバーさんにうかがったところ昭和47年製コロナだそうです。


見晴台から再びSTに入ります。イノッチも快調に走っています。


大饅頭峠に向かう道、逆光が素晴らしいです。


大饅頭峠からの下り、ゴールの集落に向かいます。ここはキャンバー+落ち葉地獄になっています。トラップがないことを祈ります。ゴールはもうすぐそこです。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/01/23(火) 22:50:00|
  2. ツーリング
  3. | コメント:2

0120 午後に行く奥武蔵と北武蔵プチ自走コース

あまりにもプチすぎてツーリングにできないコースを走ります。ソロなので自分好みのコースが走れます。
今日は2エリアを1コースづつ走ります。
まずは奥武蔵の里山、このコースはロングコースのゴールに至る工程ですが、疲れた後半の上りにあまり評判が良くなかったようでした。親父的には好きなんだけどなー。 なので親父の点数としては高いです。
走行距離 5.5km  累積標高 ±279m
親父指標 体力:1  技術:2  快適:3  景色:3  総合満足度:4  ・・・ショートコースとしてはですがね。
ここはSTに入る前の名所です。手前の倉とバックの巨木がいい味を出しています。


農村広場にデポして名所を目指してロード走りします。走り始めてすぐに七福神のお寺があります。


道脇の上部の岩の上に石仏を見つけました。馬頭尊と思って近づいてみたら、お不動様でした。かなり風化が激しかったのですが、なんとか確認できました。


道は沢に近づいてきます。谷が深い沢です。そこには高さ10m以上もある砂防ダムが築かれていました。 通常ならば侵入防止の柵があると思いますが、この砂防ダムにはありませんでした。下を覗いてみました。


今度は岩壁の下に地蔵尊群です。イイですね。


この地域の名産であるゆずがまだ残っています。木が育ちすぎて上部のゆずは取れないです。


これからSTに入ります。倒木はなくなっています。いつもは疲れ切って上る道も、今回は余裕です。


上り終わると、STはきれいに倒木が片付けられていました。もう快調に下って行きます。この山の道は枝道が多数あって、ツーリングの時はメンバーが迷わないように、しょっちゅう待っていなければならなかった。ソロなら一気に下ることができて最高です。


下り切って梅林に到着です。


梅林に花が一輪咲いていました。 もう少しでゴールです。


2本目は北武蔵の里山です。この山にある数多くあるハイキングコースの中で、ハイカーさんに会うことことのない超マイナーコースを走ります。
走行距離 2.7km  累積標高 ±137m
親父指標 体力:1  技術:2  快適:4  景色:3  総合満足度:4   ・・・これもショートコースとしてはです。
15:30公園駐車場からスタートします。


上りは超マイナーのお寺コースです。参道入り口の石仏です。


無住のお寺です。外観はシンプルですが、中のご本尊は立派です。


お寺の裏にハイキングコースの入口があります。笹が茂ってほとんど歩かれていないようです。


朽ちかけた階段を上り、見晴らしコースの分岐にでます。ここから快適DHです。


一気に下ってSTが終了します。見晴らしコースなのに景色を見ないまま終点です。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/01/22(月) 22:49:36|
  2. マウンテンバイク
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

まとめ